日本語字幕のオン/オフは[字幕]アイコンから

私たちはすでにほぼ完璧な監視社会に住んでいる。あらゆる会話は後追い出来るし、個人情報はだだ漏れだ。危険を察知したがる政府とデータの経済的価値を知る企業によって、プライバシーなんて消失した。巨大検索エンジンを運営する企業やソーシャルネットワークサイトを運営する企業は、そこからどれだけの利益を得ていることだろう。

その流れに反しIPアドレスを匿名化して利用できるネットワークも出現している、いわゆる闇サイトだ。そこでは銃や禁書の販売、偽の社会保険証やパスポートといったIDの発行、あるいは殺人依頼まで様々な取引が行われる。今年3月に取引所のマウントゴックスが経営破綻をして話題となった、ビットコインで取引するケースが多いようだ。

VICEのトム・リトルウッドは、ネットで銃を販売する男にインタビューを敢行。他にも闇サイトの危険性を指摘するクリプトスペシャリスト、カールステン・ノール、検閲の強いイランで活動を行うエッシャーン・ノリジにも話を聞き、闇サイトの危険性とその可能性に迫った。