グランジ・ムーヴメントを牽引したSOUNDGARDENや、RAGE AGAINST THE MACHINEのトム・モレロ(Tom Morello)、ティム・コマーフォード(Tim Commerford)、ブラッド・ウィルク(Brad Wilk)と結成したAUDIOSLAVEでもリードシンガーを務めたクリス・コーネル(Chris Cornell)が、5月17日の夜、SOUNDGARDENのツアー先であるデトロイトで亡くなった。享年52歳だった。

代理人のブライアン・バンベリー(Brian Bumbery)は、「突然の予期せぬ死」と発表。亡くなる数時間前には、通常通りライブを行っており、全20曲を披露したという。ライブ前には、自身の公式Twitterにデトロイト公演についての投稿もしていた。

デトロイトでのライブ前、クリス・コーネル、最後のツイート

死因についてはまだ明らかになっていない。

〈5月20日更新〉
死因については自殺であると発表。遺族は、自殺願望を引き起こす服用量以上の抗不安剤〈アティヴァン(Ativan)〉を、クリス・コーネルが飲んだかもしれないと声明を出している。彼は、長年にわたりうつ病と薬物乱用に苦しんでいたが、10年前ほどから薬物の使用をやめており、処方箋のアティヴァンを服用していたと述べている。

「もし自殺だったとしても、彼は自分のした行動がわからなかったと思います。薬物やその他の物質が影響を及ぼしたのではないかと信じています」

最後のライブとなったデトロイト公演の前に、クリスと家族は、戦没将兵追悼記念日の休日の計画について話していたという。

§

最初は高音ヴォーカルが苦手だった。長髪に口ヒゲというのもよくわからなかった。まだグランジなんて言葉もなく、SONIC YOUTHからMUDHONEY、DINOSAUR JR、BIG BLACK、BUTTHOLE SURFERSなんかが一緒くたに〈ジャンク〉なんていわれていたあの頃、あまりにもSOUNDGARDENの音はハードロック過ぎた。というか、まったくわからなかった。「この音のどこにパンクのルーツがあるんだろう? なんでSSTから出てるんだろう?」と。

しかし、メジャーデビューアルバムなのに、居心地の悪い『ラウダー・ザン・ラヴ』を聴いてぶったまげた。暗い。深い。重い。どグルーヴ。気がつけば、すっかりSOUNDGARDENの虜になり、気がつけば私も長髪&ヒゲになっていた。『バッドモーターフィンガー』、『スーパーアンノウン』を経て、初来日公演はクラブチッタ川崎。当時、MUDHONEY、PEARL JAMの前身バンドであるGREEN RIVERの元ドラマーが、東京の大学に留学していたため、交流のあった私は、ライブ後、彼と共にSOUNDGARDENの楽屋を訪れた。目の前に現れたクリス・コーネルは、本当にセクシーだった。なぜか抱きしめられた。基本的にミーハーではないのだが、しっかりと「Outshined」の12インチにサインを貰った。たくさんレコードをユニオンさんに売ってしまったが、ジュリアナ・ハットフィールドのサイン入りレコードと共に、今も大事に持っている。

正直AUDIOSLAVEには、それほどピンとこなかったが、ソロワークにはどハマりした。これまでのセクシーが倍増。ダンディーって言葉は彼のためにあると思った。勝手にニック・ケイヴみたいな存在になっていくものだとばかり思っていた。彼が短髪にしたから、私も切った。

復活してからのSOUNDGARDENの作品もたまらなかった。出だしの「Been Away Too Long」で放たれたクリス・コーネルは、やっぱりSOUNDGARDENのクリス・コーネルだった。夏フェスは苦手だけど、SOUNDGARDENが出るなら頑張ったかもしれない。

「2017年はサウンドガーデンに100%専念」とクリス・コーネルは語っていた。とにかく残念だ。彼の新しい声が聞こえなくなるのは本当に残念だ。みんなは今どう思っているのだろう。MUDHONEYのメンバーは。TADのメンバーは。SKINYARDのメンバーは。LOVE BATTERYのメンバーは。SEAWEEDのメンバーは。COFFEN BREAKのメンバーは。PEARL JAMのメンバーは。デイヴ・グロールは。クリス・ノヴォセリックは。SCREAMING TREESのメンバーは。MELVINSのメンバーは。そして元GREEN RIVERの元留学生は。みんな、私と同じ気持ちであろう。本当に今夜はびっくりした。悲しい夜になった。

心からご冥福をお祈り申し上げます。