スティーヴ・ハンセン(マイナー・スレット)はかく語りき DCパンク〜ハードコアへの変遷 そして俺の居場所_top

This and all photos via DoubleCross XX

どのバンドにも目立たないメンバーっていますよね。特集ページで、ヴォーカルとかギターとかは二ページ・インタビューとかされてんのに、半ページ、もしくは1/4に収められちゃうヤツ。打ち上げでは知らない地元グループの席に入れられて、本人もファンたちもどうしていいのか分かんないヤツ。それが偉大なバンドなら尚更です。目立たないのが目立っちゃう。伝説的ハードコア・バンドMINOR THREATにもそんなキャラクターがいたの知ってます?…あら、ご存知ないと。そうです、そんな立ち位置の人なんです。

スティーヴ・ハンセンがMINOR THREATにベーシストとして加入したのは1982年の夏。1年という短い期間でしたが、歴史的名盤『Out of Step』のレコーディングに参加、そして絶頂期にツアーもしたんだから、正真正銘MINOR THREATのメンバーでしょ。なのに「MINOR THREATともう一人の男」と称され続けているのは可哀想スギル!なぜハンセンは、この偉大な歴史から外されてしまうのでしょうか。性格悪かったのか?ルックスも今イチだったのか?…という訳で、貴重な貴重なインタビュー。 かなりぶっちゃけてくれてます。面白い!!

どういう経緯でワシントンDCのシーンに入ったのですか?パンクからですか?それともハードコア?

ちょうどDCがパンクからハードコアへと移行しているときだったね。TEEN IDLESが解散し、MINOR THREATとS.O.Aがスタートした頃。俺はその中でSLICKEE BOYSを手伝っていたんだ。当時のDCではまぁまぁ有名なニュー・ウェーブ~ガレージ・バンドだったよ。リードシンガーは従兄弟のマーク・ヌーンさ。

ヴァージニア州の郊外から出て、この手の音楽にハマっていたんだけど、マークがいつもDCダウンタウン・シーンのクールな生の情報をくれたんだ。当時のDCでは俺ぐらいの若い連中が、クラブでパンク・ロックをいつもやっていたからね。当時のシーンが持っていたその異様な雰囲気に熱狂していたよ。SLICKEE BOYSのローディーとして雇われてから、BAD BRAINSとTEEN IDLESを初めて見た。急激に成長するこのシーンの完全な虜になってしまった。自分の町からたった12マイルの場所で起こっていることが、まるで地球の真裏で起こっているように思えたよ。

1980年の夏から、俺はちょくちょくライブに行き始め、秋には完全に虜になった。俺はパンクスになったんだ。ちょうどその時期にTEEN IDLESが解散し、DCシーンはハードコアになっていったんだけど、俺たちはすぐに適応出来た。同じぐらいの歳の連中はみんなそうだった。だって俺たちは77年のブリティッシュ・パンクに刺激された世代じゃないんだから。それこそ俺たちのアイデンティティーだったんだ。

あなたはイアン・マッケイの最初のバンドTEEN IDLESが、1980年に西海岸ツアーに行って、CIRCLE JERKSとDEAD KENNEDYSに影響を受けたこと、また彼らがスラム・ダンスやステージ・ダイヴ、そして西海岸のバイブレーションをDCに紹介したのも知っていると思います。このことがハードコアへと導いたのでしょうか?

絶対にそうだ。疑問の余地は無いね。彼らは西海岸のハンティントン・ビーチから、バンダナをブーツに巻くことやスラム・ダンスを持って帰って来た。間違いないね。更にイアン・マッケイとヘンリー・ロリンズは、独自の考えをフィルターとして新しいものを生み出して行った。全てはそこからだよ。

それらがDCに持ち込まれると、シーンはカルチャー以上のものになったと私は思います。ハードコア自体が独自の美学として変化した時期ですね。

その通り。もう一つの理由として、1980年の夏頃かな、郊外からたくさんの新しいキッズたちがシーンに加わり始めたんだ。それと同時にTEEN IDLESは自分たち自身でレコードを出すことを考えていた。それは本当にデカいことだった。みんな「ワオ!レコード出すんだって?」って興奮してた。本当にすごいことだったんだ。だって俺たちがシーンを作っているという気持ちにさせたんだから。自身のレコード・レーベルを持ち、可視化し、アイデンティティーを持ち、融合させた。すべて80年の秋から81年にかけて起こったことだよ。

スティーヴ・ハンセン(マイナー・スレット)はかく語りき DCパンク〜ハードコアへの変遷 そして俺の居場所_01

TEEN IDLESが解散してMINOR THREATになったとき、このバンドが特別な存在になるのは分かっていましたか?

もちろん。最初のステージからそれはハッキリしていた。S.O.A とMINOR THREATは同時に現れた。S.O.Aもみんな好きだったけれど、MINOR THREATは明らかに特別だった。違う何かがあったんだ。ヘンリーは常に偉大なフロントマンだったけど、イアンもまた人々を大きく魅了した。彼はリーダーとしてハードコアを引っ張っていったんだ。

ストレート・エッジがDCに現れたとき、シーンの古くからのバンドは、その動向をどのように見ていましたか? 例えばBLACK MARKET BABYとかは?

BLACK MARKET BABYはいつも愛されていたよ。だって素晴らしい曲を書いていたし、誰も注目していなかったDCパンク・シーンで活動する重要なバンドだったんだから。でも彼らは彼らさ。それ以外は関係ない。彼らはストレート・エッジのことをくだらないって思っていた。俺たちのことを愚かな奴らだと思ってた。でもね、彼らは23歳で、俺たちは16歳だったんだよ。しようがないよね。俺は今、BLACK MARKET BABYのマイク・ドルフィとボイド・ファレルと一緒にバンドをやっているんだけど、あけすけにそう言っていたよ。今ではそうでもなかったって気がついたそうだけど。

なるほど。年齢差は確実にシーンの中にあったんですね。僕にとっての最初の本である『Why Be Something That You’re Not: Detroit Hardcore 1979-1985』を作っていたときに、中西部のシーンには大きな年齢的なギャップがあったことを知ったんです。FIXのようなバンドは少し歳をとっていて、考え方もよりロックンロール的だった。NECROSのようなバンドは、DCに似ていて、同世代の世界で何かを確立しようと思っている若い連中で。

うん。FIXはすごいバンドだった。BLACK MARKET BABYの中西部バージョンのようだった。あの時代は街ごとにその街を象徴するバンドがあったね。

70年代の終わりは、町の変人たちがやっているようなバンドがたくさんいましたね。レコード・コレクターでもなく、カリフォルニアやイギリスのシーンを熱心に追いかける訳でもなく、更にファンジンを読んでいるようなオタクでもなく。ただただ物凄く速く演奏する奇人たち。FIX、BLACK MARKET BABY、そしてニュージャージーのTHE WORSTとか。みんなすごく魅力的なバンドでした。

当時の彼らはこれから旅立っていく若い連中に刺激を与えていたと思う。若い連中はハードコアの本質を知らなかったけれど。みんなすごくいい曲を書き、すごいミュージシャンたちだった。BLACK MARKET BABYは時代が必要としていたんだ。

スティーヴ・ハンセン(マイナー・スレット)はかく語りき DCパンク〜ハードコアへの変遷 そして俺の居場所_02

さて、MINOR THREATに参加したきっかけを教えてください。

ブライアン・ベーカーとは子供の頃からの友達だった。俺の父親はDCでアイウィットネス・ニュース(米国三大ネットワークの看板ニュース番組)のアナウンサーで、ブライアンの親父はプロデューサーだったんだ。でも彼は数年でミシガン州のグロスポイントに引っ越してしまったから、お互いに連絡を取らなくなってしまったんだけど、それから数年後、DCのパンクのライヴで彼とばったり会った。MINOR THREATがスタートした頃だ。大勢の人がブライアンにビビってたよ。あいつの傲慢な態度にね(笑)。だけど俺は9歳から知っていたし、意に介さなかったね。ブライアンと話していると友達はみんな「おい、ブライアンと話してるぜ」という感じだったんだ。

1982年の8月のある午後、たまたまジョージタウンにいて、GOVERNMENT ISSUEのボーカリスト、ジョン・スタブに会いに、彼の働いているレコードショップに行ったんだ。行く途中でブライアンがFAITHのマイク・ハンプトンと店の前で立ち話をしていた。ギターのことを話している最中に、俺が入っていったんだ。ブライアンが「オマエ、演奏出来る?」と訊くので、「出来るよ」と答えた。それからブライアンは「ベースは?」と聞いてきたから「一番得意だよ」と答えた。

そしたら今度はブライアンがイアンと何か話しているのが見えた。その後ブライアンがやってきて、「俺の家で、セッションしないか?」ってね。それで彼の家に行き、「MINOR THREATの曲は全部知っているよ」と伝えたら、彼もその気になって、その後二人で何曲か演奏したんだ。次の日ディスコード・ハウスに行って、全メンバーと一緒に演奏した。だけど彼らは僕をバンドのメンバーにするとは言わなかった。それで「なぜ俺を誘ったんだ?そしてバンドに入るためには何が必要なんだ?」って訊いたんだ。そしたらライル(・プレスラー)をMINOR THREATから追い出して、ブライアンをギターにチェンジ、俺をベースにするっていうアイデアを聞かされたんだ。まぁ、結局5人でやることになったんだけどね。もしライルをバンドから追い出していたら、おそらく路頭に迷っていたからね。それで1982年の8月のその日から約1年間MINOR THREATにいたんだ。