Chicago(シカゴ)+Iraq(イラク)=Chiraq(シャイラク)

オールドスクールでは、Chi-Town(シャイ・タウン)と呼ばれていたシカゴの呼称も、現在ではこのスラングが一般的になっている。その所以はシカゴの治安の悪さ。2011年と2012年にシカゴで殺害された年間死亡者数が、イラクやアフガニスタンに派兵された米兵の同年の死亡者数を上まったことから名付けられたもの。特に貧困層が多く住むシカゴ南部における治安の悪化と犯罪率の高さは大きな問題となっており、スパイク・リーの新作映画、その名もズバリ『Chi-Raq』でも、厳しいシカゴの現実が描かれている。(日本公開は未定)

そんな状況に呼応するように生まれたのが、「Drill Music(ドリル・ミュージック)」。暴力や殺人をテーマにしたこのギャングスタ・ヒップホップ・スタイルは、10代からのティーン・エイジャー・ラッパーを中心に盛り上がっており、アトランタの「トラップ・ミュージック」同様、世界各国のシーンにも大きな影響を与えている。

いかにしてドリル・ミュージックは支持を集めたのか?暴力、殺人、ギャング抗争との関係は?そして犯罪都市シカゴの未来は?『noisey ATLANTA』でもお馴染みの突撃メガネレポーター、トーマス・モートンがシーンに迫る。

第7回は、現在のシーンに対して批判的な声を紹介しつつ、二人のプロデューサー、ヤング・チョップとパリス・ビューラーにも話しを聞く。

原題:noisey CHIRAQ – PART 7

chiraq-7-01

chiraq-7-02

chiraq-7-04

chiraq-7-06