テニスコーツの植野隆司が、ミュージシャンを根掘り葉掘りするインタビュー・シリーズ『OFF STRINGS』。

第二回のゲストは、ミュージシャンであり、文筆家であり、画家でもあるスーパー・ウルトラ・アーティスト、山本精一。ボアダムス、想い出波止場、羅針盤、ROVO、ya-to-i、MOST、難波ベアーズ店長、そしてソロワークなどでフル回転しながら、『ギンガ』、『ゆん』、『イマユラ』といった「絶対トイレから出られなくなる本」を連発する超スペシャルなお方である。

今回は、まさにエフェクター教室の様相に。迷彩柄のリュックサックから、出るわ出るわのメカボックスくんたち。山本精一が放つマジカルサウンドの響きと、前回よりちょっと脂分多めヘアーな気がする植野の絶妙な合いの手。ナイスガイふたりのおしゃべり泥棒タイムは尽きることなく続いた。

植野隆司:さやとのデュオ、テニスコーツのギタリスト。国内・外でリリース/ライヴ活動を行なっており、ジャド・フェアー(Jad Fair)やTHE PASTELS、TAPE、ゴティエ(Gotye)といった海外勢から、大友良英、二階堂和美、柳家小春など、幅広いアーティストと共演・共作している。テニスコーツ以外にも、ソロや数多くのユニットで活動しており、彼の奏でる音楽が聴こえない日は、ほぼ皆無だと言っていい。