VICE Guide to Alternative Music:キ印レーベル AMPHETAMINE REPTILE RECORDS (1)

SUB POPとAMPHETAMINE REPTILE。阪神と巨人、もしくは「東のX」「西のCOLOR」ってな感じでしたね、当時は。SUB POPのTシャツ着てるヤツがいれば、「オレはAMPHETAMINE!」って競ってみたり、「NIRVANA?いやいやCOWSでしょ!」って強がってみたり。でも実際はライバル関係って訳でもなく、お互いバンドが行き交ってシーンを盛り上げておりました。どっちかと言うとSUB POPは優等生タイプ。それに対してAMPHETAMINEは完全に席後ろグループ。授業中にカップ麺食って、そのオイニーで迷惑をかけるヤツらですね。キ印だらけのジャンク・レーベルなのです。

AMPHETAMINE REPTILE RECORDS(AmRep)の拠点はミネソタ州ミネアポリス。パンク・ムーヴメンに感化されたトム・ヘイゼルマイヤーによって1986年に設立されたのですが、当時彼はアメリカ海軍に所属しており、シアトル周辺に配属されていたため、スタートはミネアポリスではありませんでした。彼はHALO OF FLIESというバンドもやっており、既に有名だったDISCHORDやTOUCH&GOなど様々なレーベルに音源を送ってはみたものの見事に断られ続け、「じゃあ自分で!」とレーベルを開始。そんな訳で記念すべき一発目のリリースはHALO OF FLIESのデビュー・シングル「Rubber Room」となります。ちなみに、自分のバンドの作品をリリースする為に、レーベルを始めるこの手のパターンは当時めちゃくちゃ多かったです。そして「俺たちもの出してよー」のこれまた良くあるパターンで、知り合いのリリースも開始。MUDHONEYの前身バンドであるTHE THROWN UPSやU-MEN(トムも一時期参加)といったシアトル・バンドを輩出。こうしてミネアポリスとシアトルのネットワークは自然に形成されたのでした。そんな状況を顕著に表していたのが1988年から始まった7インチのシングル・シリーズ「DOPE-GUNS-N-FUCKING IN THE STREETS」。そのVol.1には、U-MEN、THE THROWN-UPS、HALO OF FLIES、そしてMUDHONEYが参加しており、正にグランジ・ムーヴメント前夜の状況がココに。ちなみにこの「DOPE-GUNS-N-FUCKING IN THE STREETS」はVol.12まで続き、AmRepの代名詞的シリーズにまで成長。MELVINS、HELMET、SURGERY、COWS、TAD、JESUS LIZARD、UNSANE、SUPERCHUNK、JAWBOX、TODAY IS THE DAY、ROCKET FROM THE CRYPT、そしてBOREDOMSなどが、レーベルの垣根を越えて参加。全て限定7インチというコレクターにとってはたまらんフォーマットも相俟って、世界各国で争奪戦が繰り広げられたのでした。

VICE Guide to Alternative Music:キ印レーベル AMPHETAMINE REPTILE RECORDS (2)

そして89年にホームタウンのミネアポリスに戻ったトムは、積極的にレーベル活動を進めて行きます。COWS、SURGERY、BOSS HOG、TARなどのアルバム・リリースも開始。更に90年代に入るとオルタナ~グランジ・ブームの到来により、AmRepも一気に大注目株レーベルへと成長。そんでもってダメ推しドーン!でHELMETが登場。ゴールド・ディスクにも輝いて、AmRepはウハウハ状態になったのでした。

しかし、ココからがSUB POP やMATADORなんかと違うところ。オルタナ・ブームの影響により、メジャーからの引き抜きが相次いでいた時代。もちろん魔の手はAmRepにも及んだのですが、商売ベタなのか、冷めていたのか、トムは主要バンドであったHELMET、SURGERY、BOSS HOG辺りを「どうぞ~」ってお見送り。他にもTARはTOUCH&GOへ、GOD BULLIESはALTERNATIVE TENTACLESへと移籍してしまいます。「そして変態(COWS)しかいなくなった」状態のAmRepでしたが、トムはそれを嘲笑うかのように新鋭バンドのシングル・シリーズ「Research and Development(調査して開発)」をスタート。HAMMERHEAD、THE CROWS、CHOKEBOREなどをDevelopmentし、アルバム・リリースに繋げて行きました。そしてスターも誕生!スティーヴ・オースティン率いるTODAY IS THE DAYがデビュー!更にはメジャーを離脱したジャンク帝王UNSANEもやって来てアルバムをリリース!そんでもってダメ押しでMELVINS祭りもスタート!SNIVLEM名義でインチキ・アルバムを出したり、1996年1月から12月にかけては、限定シングルを毎月出したりと、AmRepは「NOISE ROCK」レーベルのチャンピオンとして何度も防衛を果たして来たのです。しかし1997年辺りからリリース数が少なくなり、同時に作品の再プレスを停止。誰もがそれを閉店のお知らせと捉え、AmRepの終焉を感じたのでした。

ところがどっこい、こっからがスゴかった!トムは完全にAmRepを自分のデッカい玩具にして走り出します。2000年には記念すべきシングル・リリース100番目にまたもやMELVINSを登場させるのですが、これが限定200枚!その後も300とか250とか500とか多くても1000枚限定でシングルをリリース。それもディストリビューターを通さないで自身でさばいて行きます。

VICE Guide to Alternative Music:キ印レーベル AMPHETAMINE REPTILE RECORDS (3)

from http://amphetaminereptile.com/

VICE Guide to Alternative Music:キ印レーベル AMPHETAMINE REPTILE RECORDS (4)

from http://amphetaminereptile.com/

また彼は、元々CoopやKOZIK、Derek Hessなどのイラストレーターと交流があり、自身もAmRep作品のジャケの多くを手掛けておりました。そして現在もPrintmaker(版画家)~デザイナ―の“Haze XXL”として活動しており、作品の展示やフィギュア制作、ジッポ・ライターのプロデュースまで行なっております。その手腕はもちろんAmRepの作品にまで及んでおり、ハンドメイド・ジャケットはもちろんのこと、限定100セットで木製ボックス・レコードとか、ボックスCDとか、シルクスクリーンポスターとか、書籍とかを作りまくり。完全にお楽しみの世界へ突入してるんですね。そしてそれらのリリースがほとんどMELVINS(笑)。現在もシーンのトップに君臨しているMELVINSですが、悪ふざけ部門はAmRepに任せている感じですね。

あと忘れてならないのがHALO OF FLIESの復活。H・O・Fと名乗って、こちらも限定盤をバンバンリリース。でもこれも悪ふざけに近いかな、「セミ再結成」とか訳分からないノリ。で、音の方もHALO OF FLIESを軽く越えた最高のジャンクやってます。

そんなノリにHELMET、UNSANE、COWS、REDD KROSS、GRANT HART(ex HÜSKER DÜ)、BOSS HOGなど大御所たちが再集結。MELVINS同様、AmRepで限定盤出したりして楽しんじゃってるのでした。

要するにトム・ヘイゼルマイヤーは、AmRepをスタートした時点に戻った訳です。シコシコとフライヤー作ったり、ジャケット描いたり、バンドと交流したり。今が楽しくてしようがない!だからAmRepのバックカタログの再発にも全く興味がないそうなのです。そんな彼の軌跡は、「THE COLOR OF NOISE」というドキュメンタリー映画にもなってしまいました。

先に述べた通り、版画家~デザイナーとしての活動はもちろん、現在はレストランまで経営しちゃってるトム。ちょっと小太りになったジャンクの王様は、インクとハンバーガーとMELVINSに包まれ、毎日を幸せに過ごしているのでしたッ!!

※次のページでは主要作品をご紹介!!