2015年4月25日、マグニチュード7.8の激震がネパールを襲った。余震も止まぬ首都カトマンズでは、政府の災害対応は混乱を招き、業を煮やしたネパール国民の怒りが噴き出している。カトマンズからのレポート。

今後も引き続き、ネパール情報をお届けします。