2002年、ナイジェリア北部、ボルノ州マイドゥグリで結成された、過激派武装組織ボコ・ハラム。結成以来、彼らが繰り広げる武装闘争、残虐行為は年々激化し、ナイジェリアだけでなく、ベナン、カメルーン、ニジェール、チャドの周辺国家にも影響が及んでいる。2015年には、ダーイシュ(IS, ISIL)へ忠誠を表明により組織強化を図るなど、未だその勢力は衰えを見せていない。

ボコ・ハラムは何を目指して武力闘争を激化させるのか、組織が掲げる大義名分は正義なのか。ナイジェリアを舞台に繰り広げられる惨劇の真相を知るべく、ボコ・ハラムの武力行為を経験した一般市民、前線で彼らに対峙するナイジェリア軍を徹底取材。シリーズ全3回。

原題:The War Against Boko Haram (2015)