al-nusra-front-dugma-the-button-paul-refsdal-body-image-1470071102-size_1000

爆発物を積んだヌスラ戦線のトラックに乗るアブ・カスワラ

2016年8月、自爆を志願する男たちを追ったドキュメンタリー映画『Dugma: The Button』の配信が開始された。監督はノルウェーのジャーナリストであるポール・レフスダル(Paul Refsdal)。この作品では、シリアで活動する国際テロ組織アルカイダ系の反政府武装組織、ヌスラ戦線の戦闘員たちを追っている。この男たちは、「殉教者リスト」と呼ばれる名簿に自分の名前を登録しており、爆薬を積んだトラックと共に自爆する作戦の順番を待っている。前線に着いたら、あとはボタンを押して天国へ向かうだけだ。

このドキュメンタリーでは、ポール・レフスダルのカメラを通して、「永遠の生命」という甘美な言葉に酔う男たちの頭のなかを、ダイレクトに観察できる。中心人物は、ジョークとフライドチキンが好きなサウジアラビア出身のアブ・カスワラ(Abu Qaswara)、恋をして家族を持ちたいと望むイギリス出身のジハーディスト、アブ・バジール・アルブルタニ(Abu Basir al-Britani)だ。

2016年7月29日、ヌスラ戦線の指導者アブ・ムハンマド(Abu Mohammed)は、「ヌスラ戦線はアルカイダとの関係を絶ち、組織名も『レバント征服戦線、もしくは、アルシャム解放戦線』に改める」と発表した。国連や西側諸国からテロ組織に指定され、国連主導のシリア和平協議への参加は拒まれた。さらにアメリカとロシアが、ISとヌスラ戦線に対する軍事協力を検討しているとの情報を得て、アルカイダからの離脱し、名を改めたようだが、アサド政権を倒し、シリアを手中に収める、という彼らの最終的な目的は変わっていない。戦いは続くのだ。

ノルウェーに住んでいるレフスダルに殉教者、兵士の人間性、拉致、そしてアルカイダの真実について話を訊いた。

『Dugma: The Button』予告

 この作品では、殉教志願者たちの「人間性」を描写しようとしたのでしょうか?

最初に現場入りしたときは、自爆犯をテーマにしようとはしていませんでした。ヌスラ戦線の下級戦闘員たちの姿を映したかっただけなんです。可能な限り密着し、彼らの心理を把握できれば、と考えていました。だから今の質問についての答えは、ある点ではイエスですね。でも、もっと自由な気持ちで向かったんです。例えば、自分の目の前で、彼らが誰かを処刑したなら、私はカメラを向けるのに、何のためらいも抱かなかったでしょう。『セサミストリート』みたいな作品にしたかったわけではないので。

組織には、どうやって接近したんですか?

 就活みたいでしたよ、本当に。履歴書などの資料を組織に提出しましたから。また、2010年に、タリバンに関するドキュメンタリー『Behind the Taliban Mask』を発表したのですが、そのなかでは、タリバンの人間性を中心に撮りました。ですので、それについてもプレゼンテーションしましたね。あとは、2011年にアメリカ軍がウサマ・ビンラディン(Osama Bin Laden)を殺害した後、彼の隠れ家から大量の手紙が発見されたんですが、そのなかにアルカイダ広報担当者からの手紙があり、彼が推薦するジャーナリストの名簿があったんです。そこには私の名前もあったので、それも今回のコンタクトにも役立ちました。

ドキュメンタリーの内容について、ヌスラ側から圧力はありましたか?

全くありませんでした。好きなようにしろ、と。客観的な作品を望んでいたみたいです。例えば、私たちがいた場所の近くを有志連合が空爆したときに、ある男が怒りながら叫んでいました。「住宅地を空爆してるぞ!」と。すると別の男が来て、「本当のことをいいなさい」と、言葉の訂正を促したんです。実はそこには軍の基地もあったんです。訂正を求めた男はヌスラ戦線の指揮官でした。ヌスラのプロパガンダができるチャンスだったのに、全くしようとしなかった。正直でありたかったんでしょう。

al-nusra-front-dugma-the-button-paul-refsdal-body-image-1470071703-size_1000

アブ・カスワラ

なぜ、アブ・カスワラという人物をメインにしたのですか? 彼にどんな魅力があったのでしょう?

ステレオタイプの自爆犯像とは真逆の人間だったんです。自爆犯といえば、自分の生まれた町以外は知らず、狭量な若者だ、と想像していました。でも、彼は全然違いました。サウジアラビア出身で、年齢も32歳。とても寛大ないいヤツだったんです。

本作で一番心を揺さぶられたのは、アブ・カスワラが、「トラックに乗って自爆攻撃に向かっているとき、私は父親と電話しているだろう」と語るシーンです。

理解を超えた事実でしょうが、彼の父親が少なからず自爆を強制していたんです。サウジアラビア人にとっては、それが普通だとも聞きました。殉教者は、天国の一番高いところへ入れるのです。それに親族も70人連れて行けます。親族たちの死後を救済する役目に、息子が任命されるのです。この映画のなかでは、はっきり言及されてはいませんが、父親が息子の自爆の瞬間に電話をしていたい、という事実によって暗に示されているのではないでしょうか。「いつ死ぬ予定だい?」というメッセージを父親は送ってくるんですから。アブ・カスワラ自身が本当に望んでいるのか、それはわかりませんでした。

しかし、物事は計画通りに進みませんでした。現在アブ・カスワラは、どうしているんでしょう?

 昨日、彼からメッセージの返信がありました。私は、「無事でいてくれ」と送ったんですが、「世界中に鶏肉がある限り僕は無事だ」とね。彼はフライドチキンが大好きなんです。

al-nusra-front-dugma-the-button-paul-refsdal-body-image-1470071581-size_1000

アブ・バジール・アルブリタニ

イギリス出身のアブ・バジール・アルブルタニについてはどうですか? 彼は、殉教者リストから名を外す決断をしましたが、兄弟からの尊敬を失ったりはしなかったのでしょうか?

アブ・バジールにとっては大変だったでしょう。彼は私に、「自分の至高の夢は、殉死行為を貫徹すること」と断言していましたから。でも実際は、そんなに問題にならなかったのでは。人の考えが変わるのは普通です。それに、組織にとっても、作戦のなかの些細な部分ですからね。自爆犯を前線に送り、トラックを爆発させ、さらに穴をつくる。主力兵たちがその穴を利用して攻撃する。そういう流れの作戦だったのですが、最初の自爆犯が翻意しても、ちゃんとバックアップを用意していますし、リストには大勢の名前が残っていますから。アブ・バジールは汚名を被らなかったでしょう。

『Behind the Taliban Mask』で撮影したタリバンと、今回のヌスラ戦線、比べてみてどうでしたか?

完全にヌスラの方が楽でした。言葉の問題だけじゃなく、文化理解という意味でも。裕福なペルシャ湾岸諸国出身で、学位を持っている人もいるので、コミュニケーションは取りやすかったですね。アフガニスタンの大勢は、危険な状況を把握していなかったし、読み書きもできませんでした。故郷の谷から離れた経験のない男たちばかりでした。全然違います。

しかもタリバンは、撮影中のあなたを拉致しましたよね。

そんなことがあたり前に起こる場所なんです。指揮官は再婚を考えていたようで、お金が必要だったんです。だからジャーナリストを捕虜にして、身代金を取ろうとした。バカげています。

1週間も捕らえられていたようですが、どこに監禁されていたんですか?

 老人と彼の息子たちが住む家です。夜には、そこを出て用を足すのも許されていました。しかし、もし人質が逃げてしまったら、その家族が罰せられる、と通訳者に聞きました。信じてもらえないでしょうけど、他のイスラム過激派組織に私が奪われるのを恐れていたので、タリバンは私に弾丸が装填されたカラシニコフを持たせていました。彼らはノルウェー領事館に交渉の電話をしたんですけど、交換台に繋いでもらえませんでした。それにプリペイド式携帯電話だったので、利用できる金額も残っていなかった。結局、私の携帯でノルウェー領事館に電話をかけたんです。私は、領事館の警備員とノルウェー語で話し、ここの場所やここにいる人数など、すべて説明できました。まるで『空飛ぶモンティ・パイソン(Monty Python’s Flying Circus)』のエピソードみたいですよね。