photo by REUTERS/Michael Kooren

2016年のイギリスEU離脱、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の誕生など、「ポピュリストの勝利」の衝撃冷めやらぬなか、小国オランダ政界の動向に世界が注目している。3月15日に実施される同国の総選挙は、今年、ヨーロッパ各国で繰り広げられる選挙戦の初戦でもある。扇情主義者の言葉を借りると、この選挙の結果は、欧州民主主義の運命を左右するほどではないが、EUの運命を左右するだけの可能性があるそうだ。

現在、オランダ政界は激動期を迎えている。大政党の解体、社会民主主義者の内部崩壊が、グリーン・レフトの躍進につながり、同勢力がオランダ最大の左派政党になる可能性も否めない。しかし、左派の躍進云々よりも、ヘルト・ウィルダース(Geert Wilders)党首が率いる自由党(PVV)、現首相マルク・ルッテ(Mark Rutte)が率いる保守派の自由民主国民党(VVD)、果たしてどちらが〈第一党〉になるのか、世界中のメディアが関心を寄せている。

米国メディアに〈オランダのトランプ〉としばしば称されるウィルダース党首だが、欧州メディアは、〈オーストリア自由党〉(ÖVP)のハインツ=クリスティアン・シュトラーヒェ(Heinz-Christian Strache)、〈フランス国民戦線〉(FN)のマリーヌ・ル・ペン(Marine Le Pen)、〈ドイツのための選択肢〉(AfD)のフラウケ・ペトリー(Frauke Petry)らと同様に、同党首を、〈広義のポピュリスト〉に位置付ける。

しかし、事実はそんなに単純ではない。ヘルト・ウィルダース党首は、トランプ大統領やルペン党首らと同様の主張もするが、他の誰とも異なる政治思想を持つ独自の政治家だ。

まばゆいばかりの白みがかった金髪をスリック・バックにした、独特なヘアスタイルのウィルダース党首は、トランプ大統領と同じく、Twitterのヘヴィ・ユーザーである。しかし、トランプ大統領は思慮と信憑性を欠く、感情的なツイートを炸裂させるが、ウィルダース党首のツイートは、常に冷静で落ち着いている(彼を批判する者は、私も含め、ほとんど必ずブロックされてしまうが…)。ウィルダースは、ひたひとつかふたつの、練りに練ったツイートを投稿し、最大の効果をあげている。何年にもわたり、彼は、メディアが取り上げずにはいられないツイートによって、オランダの政治的討論の場を支配しているため、主流派の政治家たちは、彼の最新の〈突拍子もない〉発言に大わらわだ。キャンペーン中、テレビのインタビューに嬉々として応えていたトランプ現大統領とは逆に、ウィルダース党首は、インタビューにほとんど応じない。彼は、ツイートでメディアの注目を集め、その内容も完璧にコントロールしている。

両者のツイート・スタイルには、性格の違いだけでなく、政治経験の違いが表れている。政治的素人のトランプ大統領は、就任してなお、良き政治家になるべく技術を磨く努力に興味すら示していない。対するウィルダース党首は、政治のプロフェッショナルであり、非常に有能な代議士だ。実際、同党首は、現職議員のなかでも4番目に長い任期を誇り、現在、議員生活19年目を迎えている。彼は、オランダ議会の裏も表も知り尽くした事情通であり、議論にも長けている。彼は、政治集会でなく、政治の現場で生きているのだ。

しかし、ウィルダース党首とトランプ大統領には、共通点がある。両者ともに、自らが直接関与していなかったムーブメントにあやかっている点だ。トランプ大統領は、ティーパーティー運動(*2009年から米国で始まった保守派のポピュリスト運動)に参加していなかったが、ブライトバート・ニュース(Breitbart News)などの右派系メディア、フォックス・ニュース(Fox News)のシーン・ハンニティ(Sean Hannity)ら、同大統領の支持者たちが運動に参加していたのだ。それと同じく、2000年代初頭、ウィルダース党首が保守的な自由民主国民党の新米議員だった頃、右派ポピュリストのピム・フォルタイン(Pim Fortuyn)が自ら結党してオランダ政界に嵐を巻き起こすと、選挙に流動性が生まれ、政治討論の論調や議題が刷新された。フォルタインは、トランプ大統領と同様、劇的な政治姿勢を打ち出し、〈常識的な政治〉には関心を示さない、ウィルダース党首とは、根本的に異なる政治家だった。しかし、フォルタイン時代から続く〈移民〉〈欧州統合〉〈イスラム〉という3つの大きな社会文化問題にたいするオランダ世論の関心の高さが、自由党の躍進に繋がっている。

イデオロギー的、組織的に、おそらくウィルダースは、国民戦線のル・ペン党首より、トランプ大統領に近いだろう。自由党はワンマン政党で、ウィルダース党首は、唯一の正式党員であり、その名のとおり、誰にも気兼ねせずに活動している。彼に意を唱える党員は除名され、忠誠心の厚い少数の側近に相談するだけで、同党首は、すべてをひとりで決定する。例えば、自由党の下院議員は、自党の最新選挙マニフェストを公表数時間前に知らされ、なす術もなかったそうだ。マニュフェストは、〈イスラムフォビア〉〈反EU感情〉〈福祉排外主義〉が1ページに収められていた。それとは対照的に、ル・ペン党首率いる国民戦線は、フランス国内(外)に党員数万人を擁し、数十年続く伝統的フランス極右イデオロギーに則した選挙綱領を掲げている。

しかし、ウィルダース党首とルペン党首には共通点も多い。両者ともに、支配者層を内側からではなく外側から攻撃する。また、ウィルダース党首は献身的な政治家であり、いわゆる西側諸国は〈グローバル・イスラム〉と生死を懸けて闘っている、と心底信じている。これは、トランプの首席戦略官スティーブン・バノン(Steve Bannon)の基本理念と同様だ。ここ13年、24時間体制でオランダのシークレット・サービスに護衛されているウィルダース党首にとって〈闘い〉は決定的であり、同党首が政治を続ける理由でもあり、他に選択肢はないのだ。

ウィルダース党首のイデオロギーの核心は、ル・ペン党首より穏健だ。しかし、トランプ大統領と首席戦略官の〈アメリカ・ファースト〉主義にも近しい。同党首は、トランプ大統領支持をツイートし、部分的にトランピズム(例:「敗者」)を取り入れるなど、好意を隠さないものの、自らの将来は欧州のポピュリズム政党とともにある、と認識している。なぜなら、トランプ大統領が政治の舞台に登場する以前から活動を続けてきたポピュリズム政党の活動は、トランプ大統領が任期を終えても続く予定だからだ。