南アメリカの共和制国家、ボリビア多民族国(以下ボリビア)。この国には約4万人のメノナイトが暮らしている。

メノナイトとは、キリスト教アナバプテストの教派で、信徒の数は、世界でおよそ150万人。非暴力・平和主義で、未だに電気、テレビ、ラジオといった電化製品、そして自動車などの近代技術を使わず、決まった髪型・服装で、質素な生活を送っている。飲酒、たばこ、音楽鑑賞も禁止、競争することも認められていないのでスポーツも厳禁だ。

ボリビアのメノナイトの99%はカナダからの移民。1920年代に子供の英語教育から離れるため、メキシコに移り、その後1960年代にメキシコの近代化が進んだことから、現在のボリビアに移住した。半数以上が保守的なメノナイトで(近代技術を自由に利用するメノナイトも存在する)、トウモロコシや大豆を育て、それらを家畜の餌にし、その家畜を市場で売って生計を立てている。公教育を拒否し、男子は7年間、女子は6年間の小学校教育のみ。女性や子どもたちは、ほとんど外出することはなく、コミュニティ内で孤絶した生活を送っている。そんなメノナイトの移住をボリビア政府が受け入れたのは、真面目な農民である彼らに自国の農業を託すためであり、実際彼らは、ボリビア人よりも働き、豊かな生活をしている。

マニトバは、ボリビアにあるメノナイトの小さな居住区である。このコロニーで、2005年から2009年にかけて、奇怪な現象が起こった。数百人の女性たちが、夜中の間に相次いでレイプされたが、被害者たちには、その晩の記憶がまったく無かったのだ。

マニトバでなにが起きたのか。そして、平和を愛するナノメイトたちは、どのような対策を講じたのか。彼らの生活を追いながら、謎に包まれた事件に迫る。

 

 

原題:GHOST RAPES OF BOLIVIA(2013)

ghost_of_bolivia_scene_05

ghost_of_bolivia_scene_04

ghost_of_bolivia_scene_01

ghost_of_bolivia_scene_03