ウガンダ共和国のバトゥワ(トゥワ)系先住民は何世代にもわたり生活を営んできた森林を追われ、同国南西端に位置するキソロ周辺に点在するスラムでの生活を余儀なくされている。絶滅危惧種のシルバーバック・マウンテンゴリラを保護するため、彼らの居住地がウガンダ政府により、ブウィンディ原生国立公園、マガヒンガ・ゴリラ国立公園に指定されたためだ。

ゴリラ見物観光者の殺到でキソロは賑わうものの、スラムのバトゥワは極貧に喘ぎ、迷信に端を発するレイプ、ドラッグ中毒といった様々な問題に巻き込まれている。現状から脱するべく、ここ30年もの間、バトゥワは森林に戻るための闘争を続けてきた。

近年、バトゥワ団体『UOBDU(United Organization for Batwa Development in Uganda)』は、国立公園が違法である、と訴え、自らの権利を主張しているが、未だ問題は解決されていない。

バトゥワ人たちは極貧のなか、いかなる生活を強いられ、いかなる闘争を森林に帰るために続けているのか、ウガンダからレポート。

原題:THE LOST TRIBE OF UGANDA (2015)