朝鮮大学校(※1)は、民族教育を施すための機関として在日朝鮮人が1956年に設立し、朝鮮学校の「最高学府」とされている。日本国内では、2009年に誕生した民主党政権の「高校授業料の無償化」(※2)政策で、朝鮮学校が助成対象外とされたことから、その存在に注目が集まった。また近年、朝鮮学校前や街頭でヘイトスピーチ(※3)が行われるなど、在日朝鮮人・韓国人に対する極端な嫌悪表現が問題となっている。

VICEは大学校内に潜入し、法律学を学ぶオ・ヒャンソン氏などにインタビューを行った。映像には、朝鮮人としての誇りを持ち生きる彼女たちが、日本の他の大学生と同じように学び、友だちと笑い合う姿が映し出される。

Text by Kana Inamura

参照サイト

【サイゾー】日本人が知らない朝鮮大学校のリアル
:朝鮮学校・最高学府の真実 有名人の輩出から在特会まで本音の朝鮮大学校OB座談会(2013年10月22日掲載)

【映画】60万回のトライ

【NHK】時論公論「ヘイトスピーチとどう向き合うか」
:在日韓国・朝鮮人への民族差別をあおるヘイトスピーチについて(2014年7月9日放送)