12年前。みなさんは、どうしていましたか? もうこんなにオッサンになっちゃったら、12年も20年もそう変わらない。痛風、膝痛、歯槽膿漏が加わったくらい。でもアラサー、アラフォーとなれば、かなり状況は変化しているのではないでしょうか。「あの頃はピチピチだったなぁ」「文句ばっかいってたなぁ」「あんな大人にはなりたくない…」ってねぇ。

加藤ミリヤさんの「新約ディアロンリーガール feat. ECD」を耳にしました。12年前に発表された「ディア ロンリーガール」の再構築バージョンだそうです。この曲には、旧バージョン同様に、たくさんの女性の名前が登場します。総勢78人。〈あの子は今 幸せかな〉ってね。そして、〈時は過ぎ 乙女大人になって 戻れない「うちらの時代」は 特別に輝いてた 夢に散った〉と、ミリヤさんは歌うのです。

あれから時は過ぎたけど、やっぱりあの頃のほうがキラキラしていたのかしら。思春期のほうが尖っていたのかしら。それともECDが叫ぶように〈20年経っても変わりゃしねぇ!!〉のかな。

そこで、「新約ディアロンリーガール feat. ECD」に登場する同名の方をお招きし、仕事、恋愛、結婚などについて、そして〈あの頃〉と〈今〉を確認させていただきます。「Who Are You? 特別篇:Are You Happy Now?」スタート。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

※

小野寺咲妃(おのでら さき)さん 30歳:ダンサー

こんばんは、本日はよろしくお願い致します。

よろしくお願い致します。

早速ですけど、咲妃さんは今お幸せですか?

はい(笑)。幸せです。

おおー、即答!! 具体的にどのようにお幸せなんですか?

本当に、ここ最近になって感じたんですけど、何年か前からやってきたことが、実を結びつつあるんです。過去の頑張りは、今に繋がるんだなって。

これまで何を頑張ったのですか?

仕事です。

咲妃さんのお仕事を教えてください。

はい。ダンサーをしています。

おおー、〈Shall We Dancehall?〉チーム以来ですね! あの方々はレゲエダンサーだったのですが、咲妃さんは?

私は、ヒップホップとかジャズ系になります。

どなたかの後ろで踊ってらっしゃるんですか?

ライブでは、ケツメイシさんとか、結構回らせてもらっているのは、ソナポケさん…ソナーポケットさんです。あとは安室さんのミュージックビデオで踊らせてもらったこともあります。

わー、安室ちゃんですか! やっぱ、お顔、小さいんですか?

小さいですよー(笑)。しかも、そんなに背も高くないんですよ。ヒールを履いているから大きく見えるんですけど。

そして踊りもやっぱり上手いと?

上手いですねー。撮影も全部1発でOKって感じでした。

今もお仕事帰りなんですよね? 今日も踊りまくりましたか?

はい(笑)。でも今日はレッスンです。教える方です。インストラクターが基本の仕事で、たまにバックダンサーもやらせてもらっているんです。

頑張って手にされたお幸せを、具体的に教えていただけますか?

簡単にいいますと、何年か前に教えていたスクールが閉鎖になっちゃったんです。基本的には、キッズに教えているんですけど、そしたら「先生、自分でレッスン開いてよー」なんていわれまして。

「先生、独立してくれー!」ってことですか?

そうですね。でも本当は、やりたくなかったんですよ。子供たちにもいってるんですけど。

どうしてですか?

大変じゃないですか。

まぁ、独立は大変ですよね。

はい。自分でスタジオを借りなくてはならないし、生徒も集めなくてはならないですし。

それまでは、どういうかたちで先生をやってらっしゃったのですか?

ダンス・スクールとの契約のみでやらせてもらっていました。ですから、独立となると、「大変だから嫌だ~」って思っていたんですけど、もう意を決してやろうと。そしたら、それまでの生徒が結構そのまま付いて来てくれたんですね。その後、発表会にも呼んでもらったりして、私の作品を見た子供や親御さんから、「咲妃先生のところでやりたいんです」みたいな問い合わせも多くなり、新しい子も増えて来ています。子供達も満足してくれているようですし、まぁ、頑張った甲斐があったかなって、今は思っています。

独立大成功!!

いや、まだまだです(笑)。でも今は充実しています。

すいません、〈Shall We Dancehall?〉チームに教えてもらったんですけど、すっかり忘れちゃいました。えっと、中居くんが…なんでしたっけ? ロックダンス?

はい、正解です。ロックといったら、中居くんですね。

ヒップホップが…

ヒップホップにもいろいろなジャンルがあるんですが、アーティストでわかりやすくいうとEXILE系ですかね。

じゃあ、ジャズは?

それこそ安室ちゃんとか、E-girlsとかですかね。セクシーだったり、可愛いかったり。女の子のキレイ系ダンスですね。

今日はなんの日でした?

ヒップホップの日です。

キッズは、何人くらいいらっしゃるんですか?

うーん…150人以上はいますね。

スゲエ!! 年齢層は?

下は3歳から、専門学校生、大学生もいます。私は、基本的に学生までしか教えていません。

じゃあ、私が習いたいっていっても?

ごめんなさい、おじさんはちょっとキツイですね(笑)。

咲妃先生、厳しいですね! 子供たちにも厳しいんですか?

レベルが高い子たちには厳しいです。ズバズバいいますし。でも、ちびっ子には楽しく教えています。

1番やりにくいのって何歳くらいですか?

…えー?

やっぱり中2あたり?

いえ、中2になると結構落ち着いていますよ。生徒は女の子が多いので、超反抗とかはないですけど、まぁ、強いていうなら、小5、6、中1くらいでしょうか。挨拶の声が小さくなってきたりとか。

可愛い!!

私は、そういうのを認めないので、「おい、今挨拶したか?」ってなります。

ちょっと今、ビクッとしました。先生のお顔になりましたね。で、ダンス・スクールって、発表会があるんですよね? あれを目標にやっているんですか?

そうですね。ひとつのスタジオで、年に1回か2回やります。でも、私が教えているところは、地元のお祭りにも出るんですよ。

夏祭りですか?

産業祭りとか。

産業祭り!!!!

はい。いろんなところのダンス・チームが出演するので盛り上がるんです。地元の広い公園のなかに、ステージがあるんです。出店とかに囲まれて。

ビールと焼きそばとダンス…最高ですね!

はい、とても楽しいですよ。

小さい頃から、ダンサーになりたかったんですか?

いえいえ、まったく。

咲妃先生、ご出身はどちらですか?

埼玉です。

埼玉のどちらですか?

えっと、川越のほうです。

ほうってことは、川越ではありませんね。

川越のちょっと先です(笑)。

その、ちょっと先を教えてくださいよー。

みなさん、わからないんで。だからあんまりいわないんです。

いってくださいよ、お願いします。

鶴ヶ島っていうところです。

知ってますよ。すいません、市でしたっけ?

市です。

ごめんなさい! どこにあるんでしたっけ?

関越と圏央道が通っているところです。車に乗る方は、結構知っているのではないでしょうか?

すいません、乗りません。お買い物は、どちらでするんですか? やはり川越でしょうか?

昔はそうですね(笑)。

そういえば、木島さんは、丸広百貨店とかクレアモールで買い物したっていってました。

ああ、クレアモール(笑)。すごく長い商店街です。いろんなお店がありますよ。遊んでいましたね、中高生くらいは。

小学校のときは、なにをしていたんですか?

ずっとバトンをやっていました。

おおー、バトンというのは初めてですね。あのクルクル回すやつですよね?

はい、そうです。公民館にバトン教室があったので、そこに通っていました。

なんでバトンを始めたんですか?

小さい頃からダンスは好きだったんです。3歳くらいからバレエをやっていたんですけど、引っ越したら近くにいいバレエ教室がなかったんです。それでバトンを始めました。

あのバトン、触ったことないのですが、どんな棒なんですか?

パイプみたいで。結構細くて。ゴムみたいなのが先に付いてて。落としても大丈夫なように。

キラキラとかも付いているんですか?

キラキラは、発表会のときに付ける場合もありますけど、ガチなときは付けません。

ガチというのは、競技会みたいな?

はい、そうです。2バトンもできますよ。ジャグリングみたいに(笑)。

バトンは、どのように審査されるんですか?

フィギュアスケートに似ているかもしれませんね。規定の曲と振り付けが決まっています。落としたら、もちろんマイナスになります。

バトンの回転数も関係するのですか?

はい。初級、中級、上級みたいなのがあります。そこで審査して金賞とか銀賞とか。

音楽もありますよね? やっぱディズニーとかですか?

いえいえ(笑)。クラシックだったと思います。曲名まではわからないですけど。

ユニフォームは、どんなのを着ているのですか?

新体操みたいなキラキラレオタードですね。ヒラヒラのスカートを付けたり、あとは手が綺麗に見えるような細工をして。お母さんにつくってもらっていました(笑)。

やっぱあれですか。友達に「咲妃ちゃん回してよー」とかお願いされて。

そうですね(笑)。

掃除の時間は、ホウキを回したり。

はい、正解です(笑)。

中学校に入っても回していたんですか?

はい。バトンをやりつつ、部活はテニス部に入りました。

やっぱりラケットも回しました?

どうだったでしょう(笑)。たぶん回したはずです(笑)。

でもバトンもやって、テニスもやって、忙しくなかったですか?

忙しかったですね。部活が終わってから、バトンの練習に行っていたので。

テレビも観る暇がない? 好きな芸能人とかは?

いえ、観ていましたよ。やっぱりSPEEDとか安室ちゃんですね。

その安室ちゃんと一緒に踊るんですものねぇ。人生ってすごいなぁ。

あとモー娘。ですね。

お、久々に出ましたね(笑)。恒例なんで、誰が1番好きだったか教えてください。

加護ちゃんかな?

あー、あんなことになっちゃって、ねぇ。

私、加護ちゃん、辻ちゃんと同じ年なんです。だからASAYANで「ついに同じ年の子が入った!」って、衝撃がありましたね。

嫌いなメンバーも訊いてるんです。今まで誰が嫌われていましたっけ? 保田?

(カメラマン:宮本さん)飯田じゃないですか?

あんまり考えたことありません(笑)。

じゃあ、SPEEDでは誰が好きでしたか?

絵理子です。今井絵理子。

大変なことになっちゃって、ねぇ(笑)。

みんな、そうですね(笑)。

中学のとき、好きな子とかはいなかったんですか?

先輩が好きでしたね。

テニス部の先輩?

いや、サッカー部の先輩です。

なにかしたんですか?

バレンタインとかあげた気がする。

つくったんですか? チョコを溶かしたんですか?

いえ、つくってはないです。チロルチョコをあげた気がする(笑)。

チロル(笑)。

あんまりガチなのは恥ずかしくて、あげられませんでした。

その恋は?

何もないです。ただの憧れの先輩でしたね。

その頃は、まだバトンを回していたんですか?

はい。結局、高3までやりました。

わ、長い! 高校生になってもバトン教室に通っていたんですか?

いえ、高校にバトン部があったんですよ。探して頑張って入ったんです。

へー、珍しいですね!

県立に行ったんですけど、県立のバトン部って、だいたいチアリーディングも一緒になっているんです。チアもやりたかったので、その高校に入りました。

鶴ヶ島の高校ですか?

いえ、所沢にあるT高校です。