2015年、エルサルバドル共和国での殺人発生件数は6,657人。人口10万人あたりの殺人発生率は104.2人で世界1位。2014年に比べ、殺人発生件数は67%増加し、2016年の正月三賀日だけでも72件の殺人が発生した。

ギャング・グループ「M-13」と「バリオ18」の抗争激化、ギャングと警察の衝突亢進。三つ巴の騒乱は未だ続き、エルサルバドル国民は戦戦兢兢と日々を過ごしている。

2012年、「M-13」と「『バリオ18』内のふた派閥(レボリューショナリオス、スレーニョス)」の手打ちにより、殺人発生件数も低下し、近い将来平和が訪れるだろう、と皆が期待した。当然のごとく、その後、手打ちはいつの間にか反故になる。再混乱を恐れたエルサルバドル当局は、収監されているギャング団幹部と市井の中堅ギャングたちを分断すべく、幹部たちを最高警備レベルの刑務所へ移動させた。しかし、その目論見は外れ、指揮系統を絶たれたギャングたちは無軌道な暴虐の徒と化してしまった。

バリオ18は、あまりの傍若無人さから、2015年8月、エルサルバドル最高裁によりテロ組織に指定された。M-13は国際的なドラッグビジネスで勢力を拡大し続けている。エルサルバドル共和国は、今後どうなるのか。ギャング、一般市民、元左翼ゲリラ、暴力に巻き込まれたエルサルバドル国民の心情、現状を探るレポート、シリーズ全5回。

原題:GANGS OF EL SALVADOR – PART 1 OF 5 (2015)