駅のホームに、なんとも初々しくて爽やかなカップル。彼女が「えい!」「やー!」とかってパンチ、キックを、そして「やめろよー、もうー」なんて彼氏。可愛いふたりだなぁと思ってたんですが、その彼女がとんでもないボインちゃんだったので、なんかとってもショックでした。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

加藤風花(かとう ふうか)さん 24歳:フリーター

本日はよろしくお願い致します!

よろしくお願い致します。

加藤さん、趣というか雰囲気がありますね。

ありがとうございます。

眉毛もご立派だし。

ありがとうございます。でも友達ができにくいです。

え、そうなんですか? 眉毛のでせいで?

そういうことではありません(笑)。人からは友達多いよ、といわれるんですが、心と心の距離が遠いので、自分ではあまりいないっていう感覚です。

心と心の距離ってなんですか?

友達と呼んでいいのか? みたいな感じです。知り合いが膨大にいたのが原因だと思います。ですから今は自分のなかで整理して、人付き合いをしています。

昔から友達はできにくかったんですか…あ、初っ端からこんな話で大丈夫ですか(笑)?

大丈夫です。大学時代、大学にはほとんど友達がいなかったです。置かれている状況とか、学校とか、全部嫌だったですね。

大学は楽しくなかったと。

はい。大学はめっちゃ楽しくなかったです。

どちらの大学に通ってたんですか?

多摩美術大学です。ええ、4年間ほとんど楽しくありませんでした。

楽しくなかった感がとてもよく出ていますね(笑)。今はどうですか?

今は、ごく周りの人間とだけ遊んでいます。すごく楽しいです。

じゃあ、現在お付き合いされている方はいらっしゃいます? 

おりません。これまできちんとした恋愛も全然ありません。

ではきちんとしていない恋愛はしていたんですか? オイタしてたんですか?

そういうことではありません(笑)。ちゃんと恋愛をしていないという意味です。

お付き合いされたことは?

ありますけど、高校のとき、エレベーターに乗ってたら、うしろの人に盗撮されたことがあるんです。そいつが現行犯で捕まりまして、私も警察署に行ったんですけど、確認のためにそいつが撮っていた動画を見たんですね。それが強烈すぎて、それで男の人がちょっとダメになったという。

スカートの下からパンツを撮られていたんですか?

タイツは履いてました。タイツなのに撮るか? って。パンツは見えないのに。それが自分では結構気持ち悪くて、マジかーってなりまして。

それで男の人がダメになったと。

そうですね。男の人にそういう対象で見られるのがマジ無理だなって思いました。もちろん友達は大丈夫なんですけど。

なるほどー。じゃあ、将来は、結婚もしたくないですか?

結婚はしたいと思っています。ひとりで死ぬのが嫌だから結婚したいですね。

ああ、酒向さんと同じお答えですね。孤独死は避けたいと?

だったら友達でいいじゃんとか、いろいろ考えますけど。実際に結婚がしたいのか? 恋愛がしたいのか? 友達に恋愛したいっていうと、恋愛している人たちが楽しそうだから、自分もしたいと思ってるだけでしょ? っていわれたり。

恋愛をしてる人たちは楽しそうに見えるんですね?

そうですね。楽しそうだなあって思うんですけどね。でも別に要らないんですよね。いや、そう思っちゃうところがダメなんですよね。

すげえ、今、3回転しましたね(笑)。

欲しいんです。そういうのが、楽しい、面白いって思える気持ちとか。

そういう気持ちが欲しい?

でも。友達でもいいじゃんって思う。

大回転ですね(笑)。

今は、「結婚したい=ディズニーランドに行きたい」くらいの軽い気持ちであります。でも30歳くらいになったらわかりませんけど。

でもお話し聞いてたら、素敵なお友達いっぱいいそうじゃないですか? 大学じゃなくて、どこで見つけたんですか?

クラブです。

はい。どんなクラブですか?

音楽。

でしょうね(笑)。その中身を聞きたいのですか。

ブレイクコアです。

ブレイクコア!

そんなにびっくりしますか?

すいません、予想外の答えだったので(笑)。ブレイクコアのクラブなんてあるんですか?

ないんですけど、中野のHeavy Sickとか、新宿BE-WAVEでブレイクコアのイベントがあるんですよ。アーメンブレイクが好きなヤツが集まっています。

ATARI TEENAGE RIOTとかじゃないんですね。今はどんな人たちがいるんですか?

アーメンブレイクに〈アンパンマンマーチ〉とかを乗せたりする人とか。たくさんいますよ。

忙しそうなアンパンマンですね。じゃあブレイクコアが友達をつくったと。

まぁ、ブレイクコアだけじゃないですが、確かにそうですね。ライブに行って、いろんな人に会いました。でも今はいっぺんにたくさんの人に会うのにも疲れてしまって…。あんまり行かなくなりましたねぇ。

あらー、元気ないんですか?

そんなことはありませんが。

いただいたメールによると、最近お仕事を辞められたそうで。

はい。今はアルバイトです。

それまで何のお仕事をしてたんですか?

アンディ・ウォーホルとかパティ・スミスを撮っている上田義彦っていう大学の教授がやっているギャラリーで働いてました。

(カメラマン:宮本さん)超巨匠の写真家ですよ。

はい。多摩美時代に、その超巨匠の授業を2年間受けられたので、まぁ、大学は辞めなくて良かったと思っています。その人が気に入ってくださったのでギャラリーに入れたんですけど。

おおー、すごい。どうして超巨匠に気に入られたんですか?

自分からいうのも恥ずかしいんですけど、卒業制作で撮った写真が最優秀賞を取ったんです。その作品と、話が面白いみたいなところだと思っています。

加藤さん、確かに面白いですね。淡々とエモコアが出ていますもの。でもどうしてギャラリーを辞めたんですか?

頭のおかしい人しかいなくて。人間関係がヤバすぎて。自分の存在が恥ずかしくなるという気持ち悪い事になってしまって。

自分の存在が恥ずかしくなるとは?

例えば、自分とは違う種類の人間がたくさんいる場所にいると「こいつら頭おかしいな」って普通は思うじゃないですか。でも私ひとりだけで居続けたとしたら、勢力的にあっちが強いので、段々自分がおかしくなってくるんですよ。そこで「こいつらの方が正しいんじゃないか?」っていう日々を過ごしていたら、どっちが正しいのかわからなくなって、自分がおかしいんだなと思い始めてしまって。

具体的にどんな頭のおかしい人がいたんですか?

ババアですね(笑)。

ババアですか。

私と同じ時期に入ったんですけど、その人はとにかく神経質で自分のやり方を皆に押し付けてくるんです。もともとはずっと事務の仕事をしていたらしく、「おかしいでしょ」って思っても、その人が最強なので、こっちがおかしいってことになってしまうんです。その人のおかげで学べた事も勿論ありましたけど、結局そのババアが嫌で辞めました。

ババアと離れてホッとしましたか?

泣くかと思うくらい嬉しかったです(笑)。友達に電話して「辞めたー!!」って。その日の夜はお酒を飲んで幸せでした。

加藤さんも大学では写真を勉強されていたんですか?

いえ、グラフィックデザイン学科です。元々写真がやりたかったんですけど、大手の予備校って、大きい学校に入れたがるので「多摩美に入れば何でもできるよ!」っていわれて、写真がやりたいのに多摩美のグラフィックデザイン学科に入ったんです。予備校時代も「辞めようかな?」っていつも思っていました。結局、予備校も大学も辞めなくて良かったですけど(笑)。

横浜市に住んでらっしゃるんですよね。ご出身も横浜ですか?

はい。横浜の旭区です。めちゃくちゃローカルな横浜です。

横浜のなかでは田舎なんですか?

ちょっと栄えてる田舎といいましょうか。

イケている横浜、イケていない横浜がいまいちわからないんですけど、鶴見区はイケてない方ですよね?

イケてない方です。

港北区とかはどうなんですか?

IKEAしかないです。

中区はイケてますよね?

人が多いです。

そう考えると旭区はどういう位置付けですか?

よく遠いねっていわれます。

今もそこに住んでるんですか?

最近引っ越しましたが、同じ旭区に住んでいます。

ちょっと栄えてる田舎とおっしゃいましたが、どれくらい栄えてるんでしょうか?

日本で1番売れているドンキがあります。下が普通のスーパーマーケットになっていて、買い物をするおばさんがいっぱいいるので、日本で1番売れてるんです。

じゃあ加藤さんご家族もドンキを使ってらっしゃる?

はい。家の横にあったので(笑)。ドンキの横のビルに住んでました。

ビルってどういうことですか?

おばあちゃんがビルを持ってたんです。おばあちゃんは40歳くらいで5件くらい家を建てて、自分はお金いらないからって子供達に分配して。

すげえ! 朝ドラの主役になりそうなおばあちゃんですね! じゃあ加藤さんちも「あんたたちのビルはこれよ」って渡されたんですか?

はい。でもそのビルから追い出されて引っ越しました。

何かあったんですか? 聞いちゃいけないことですか?

いや、私のお母さんのお兄ちゃんの物になっただけです。ゴタゴタではないです。

加藤さんが生まれた頃は、ドンキじゃなかったですよね?

はい。そのときは長崎屋でした。

ああ、溝の口の長崎屋もドンキになりました。

ドン・キホーテができたら治安が悪くなるじゃんって思いましたね。

治安は悪くなりました?

いえ、もともと悪かったので(笑)。ドンキよりも家の斜め前に出来たキャバクラがヤバかった。

キャバクラもあるんですか(笑)?

あるんです。そこの店から出てくるおじさんの吐く声と、お姉ちゃんたちの声が聞こえます。

(笑)。やっぱり家のなかまで、ドンキの曲は聞こえてきましたか?

さすがにそれは聞こえませんでしたが、ドンキの避難訓練とかは丸聞こえでした。

ドンキの店長さんと近所付き合いなどありましたか? 「ビルのお嬢ちゃん、お帰りなさい!」とか。

ないです。

ご兄弟はいらっしゃいますか?

妹がいます。

お父さん、お母さんと4人家族?

はい。

ご両親はどんなお仕事をされているんですか?

お母さんはずっと働いてなくて、お父さんはソニーで何かをやってます。

大企業じゃないですか!

いや、でも平社員です。

何でそう思うんですか?

全然、仕事好きじゃないんですよ。音楽とバイクと車が好きで。

格好いいお父さんじゃないですか。どんな音楽を聴いてたんですか?

……ボブ・マーリーとかレッド・ツェッペリンとか。

何で小声になるんですか(笑)。ブレイクコアのときは普通だったのに。やっぱ車で家族旅行に行くときはボブ・マーリーが流れてるんですか?

流れていました。

まぁ、子供にしたら迷惑な話でもありますね(笑)。

昨日も家で流れてました。