Who Are You?:小城昭根さん(24歳)無職_top

All photos by Susie

最近自転車通勤を始めたので、人とすれ違うよりも、人から追い抜かされる感じが多いです。今日はグランジ・ファッションの女の娘に抜かされました。ずっと彼女の背中を見ながら走りました。速いんですよ、グランジちゃん。スゲエ顔みたい、スゲエ。でも信号に引っ掛かったのでスーッと行かれちゃいました。あーあ、アレは絶対可愛かった。グランジ・ファッションの新垣結衣、見たいでしょー。明日また会えるかな。もっと鍛えようっと。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

 ※

小城昭根(こじょう あきね)さん(24歳):無職

Who Are You?:小城昭根さん(24歳)無職_01

(上の写真を見て…)変わったマンガの読み方されますね。いつも二冊重ねて読むんですか?

いえ、先ほど電車の中で編み出した技です。二巻から三巻を続けて読みたかったんで。

でも三巻になったら、二巻は持たなくてもイイんじゃないですか?

あ、そうですね。それは気がつきませんでした。

お住まいはどちらですか?

多摩センターです。パルテノンがあるところです。パルテノン自体は良く知りません。

ずっと多摩センターなのですか?

いえ、八王子の京王堀之内が地元です。今は中学校からの友だちと一緒に多摩センターに住んでいます。

では八王子生まれの八王子育ちと…。

いえ、生まれは僕、フィリピンなんです。

あ、それで日本人離れしたお顔立ちなんですね。お父さん、お母さん、どちらかがフィリピンの方だと。

えっと、えー、僕、お父さんが三人いるんです。

ハイ。

順序立てて話してもいいですか?

ハイ。ぜひ、お願いします。

日本人の父親とフィリピン人の母親がおりまして。

ハイ。

僕が長男で、下に二人おります。フィリピンに住んでいたんですが、両親が離婚しまして、で、父親は弟を連れて大阪へ。僕と妹は小学校二年の頃に母親に連れられて東京に来ました。両親は親権問題で裁判をしていたんですが、小五の頃に母親が勝って、弟も一緒に東京で住み始めました。で、やっと落ち着いた感じになったんです。
しかし中学になったある日、僕はGRENN DAYとかが好きになってまして、母親に「僕、ギターやりたいよ」って言ったんです。そしたらお母さんが急に深刻な顔になって「夜、話があるから部屋に来なさい」と。

ええ。

楽器やるのってそんなに悪いことなのかなぁ…なんて思っていたんです。そしたら「実はあなたのお父さんは日本人じゃないの」と言われまして。「じゃあ誰なの?」と聞いたら、「フレディー・アギラよ」と。「いや誰?」と思うじゃないですか。そしたらフィリピンでは神だとか崇められているギタリストだと。僕が「ギターをやりたい」と言った瞬間に、母は「もうコレは隠しきれない!DNA強過ぎる!」と思って告白したそうです。それでフレディー・アギラのこと調べたらスゴイ人だと分かって。顔も調べたら、僕でした。

…これ、笑ってもイイ話ですか?

もちろんです!

(画像検索して…)ああ、似てますね!あれ?「息子」って曲があるじゃないですか!もしかしてコレは…

残念ながら僕とは関係ありません。でも私も「もしかしたら」があったので聴きましたが。

そして母の告白から二年後にアギラに会いに行ったんです。認知してもらおうと。もしかしたらお金も貰えるかもしれないですし。で、彼は僕のことを見た瞬間に「あ、オレのだ」と。

ヤッター!

会う前フレディ側からは「DNA鑑定をして欲しい」と言われていたんですが、似てるレベルが凄過ぎるので「もういいや」って、認知してもらいました。でもお金云々はそれほどありませんでした。その後お母さんは再婚したので、父が三人いるんです。

なるほどー。ではハーフではなくて、純然たるフィリピンの方なんですね。小二で日本に来たころのことは覚えていますか?

着いた日にカップヌードルとおでんを食べて。衝撃的なうまさを覚えています。

Who Are You?:小城昭根さん(24歳)無職_02

日本語は喋れたんですか?

いえ、全く。八月の末くらいに来たんです。で、来週からは学校だと。それで母親が「言葉が分からなければ、あなたの気持ちも相手に伝えることが出来ない」と。それで「マンガ読め!」「テレビ見ろ!」って突貫で日本語を叩き込まれたんです。

イジメとかありませんでしたか?

スタートからありました。まだ外国人に対して寛容な感じでもなかったので。泣いて帰ったら母親に怒られました。「泣かす側になりなさい!」って。「厳し過ぎるなぁ」なんて思いながらも、めちゃくちゃ本気で日本語覚えました。それで一週間で言葉をゲットして、いじめる側になれました。

強いですねー。そして中学では先ほど言われた通りにGREEN DAYを。結局ギターは買ってもらえたんですか?「お父さんみたいになっちゃダメ!」なんて。

それは無かったです。最初は普通にアコースティック・ギターを買ってくれました。で、頑張りによって、ランクを上げるとか言って。

その頑張りはお母さんが審査するんですか?

そうなんですけど、母親は楽器が全く分からないんです。たまに夕食のときに「もうF弾けるんだけどなぁ~」とかってアピールするんですけど、伝わりませんよね。あと「コピーするから聞いてよ」とか言って。

何をお母さんに聞かせるんですか?

NIRVANAとかWEEZERの「Say it ain’t so」とか。

ははは(笑)!エモいですね!

はい。あと「英語の歌詞教えてー」って母親に訊くフリしながら、オレはこんなに音楽に真剣なんだぞー!…と、またアピールです。そしたらフラっと「お茶の水行くよー」とか言われて。「え?い…いいんですかー!!」って。

良かったですね。バンドはやってたんですか?

はい、中学からやってました。3ピース・バンドです。

バンド名聞いていいですか?コレって結構恥ずかしくありません?

はい、いえ、大丈夫です。「BLUE SPRING」です。先に言います。「青・春」です。

…大胆過ぎて、どこに気持ちを持っていったら良いのか分かりません。さて、NIRVANAのコピーもされていたとのことですが、小城さんの世代でもやはり引っ掛かるんですね。カートはもう死んでましたよね。どこが魅力なんですか?

やはり音が一番です。あとはヴィジュアル、そして若くして世を去ってしまったこと…「何だ、コレ!」って衝撃を受けました。

Who Are You?:小城昭根さん(24歳)無職_03