スポーツトラブル:江川卓 空白の1日〈前編〉はこちらから.

〈空白の1日〉を利用して、巨人への入団を決心した江川卓。周囲は綿密に準備を進めていたため、本人が了承した後は早かった。

1978年11月21日
午前9時前 虎ノ門・全共連ビルの船田事務所で、江川、統一契約書にサイン。同席者は、船田自民党副総裁、正力亨巨人オーナー、山本栄則巨人軍顧問弁護士。

午前9時32分 全共連ビル〈オークルーム〉にて江川巨人入団記者会見。船田氏、正力オーナー、長谷川実雄巨人球団代表が同席。

会見で「江川入団」が発表されると、会場は大きくざわついた。いち早く本社に報告しようと、数人の記者は慌てて会場を飛び出した。正力オーナーが、契約に至るまでの経緯を説明し、続けてこう述べた。

「11月21日現在で契約するのに支障はないと判断した。これは巨人の発案で、ずっとこの日を待っていた。金子(鋭)コミッショナー、鈴木(龍二)セ・リーグ会長とは事前に相談していないが、届け出ればすぐ受理されるものと確信している」

更に後見人の船田氏も続いた。

「この1年、身分を預かっていたものとして喜びにたえない。プロ野球選手として、1日も早く立派に成長して欲しい」

そして江川も経緯を説明。この話を聞かされたのは今朝だったとしながら、

「ルールに従い浪人し、ルールに従い入団したのだから、正しい道を歩んだものと思う。子供の頃から夢に見ていた巨人に入れて嬉しい。全力で頑張ります」

江川にとっても、巨人にとっても、希望に満ち溢れる入団会見のはずであったが、やはり物事は本人たちの思惑通りには進まなかった。

午後12時 ホテル・グランパレスで開かれたプロ野球実行委員会に各球団代表が出席。長谷川巨人代表が事情を説明するも、理解は得られず。

「巨人は血迷っている。こんなことではプロ野球は全滅してしまう」(渓間阪急代表)

「スポーツ選手が政治家のヒモ付きになるとはけしからん」(三原日本ハム代表)

午後6時30分 鈴木セ・リーグ会長、工藤信一良パ・リーグ会長、井原宏コミッショナー事務局長、そして長谷川巨人球団代表が共同記者会見。

巨人を除く11球団が、この契約に反対し、これを受けて鈴木セ・リーグ会長は、巨人による江川の契約申請を却下した。確かに〈空白の1日〉は、協約上に存在するものの、野球協約の基本精神には反する、と判断された。この結果、〈巨人の江川〉だったのは8時間半足らずで、江川は当初の予定通り、翌日のドラフト会議の指名候補選手にとどまることになった。

この記者会見で長谷川巨人球団代表は、とにかく苛立っていた。おもむろにタバコを吸い、他者の発言を遮った。そして以下のように述べている。

「私たちは彼の基本的人権を守るために、野球協約上、違反ではないと確信した上で、この措置を取った。却下という措置は納得できないので、異議申し立てをするとともに、江川君の地位保全の仮処分、さらには明日のドラフト会議で指名球団が出たら、その球団に対しても仮処分を申請する方針だ」

更に会見後も報道陣に対し、現ドラフト制の問題点として、職業選択の自由が約束されていない、プロ野球の魅力も欠けている、と持論を述べながら、明日のドラフト会議では江川を指名しない、と宣言したものの、「全面戦争だ」と立ち去ったという。そして正力オーナー、長谷川球団代表、船田氏の秘書であった蓮見進らの会談後、巨人は次の作戦に打って出る。

午後8時20分 正力オーナー、長谷川球団代表が巨人球団事務所で会見。
・連盟会長の申請却下の裁定を不服とし、明日のドラフト会議を重大な決意をもって欠席する。
・江川の契約却下の異議申し立てをする。相手は、鈴木セ・リーグ会長と金子コミッショナー、そして明日のドラフトで江川を指名した球団。原告は江川及び巨人軍。

正式に異議申し立てをするとともに、〈重大な決意〉をもって、翌日のドラフトへの不参加を表明。そして、この〈重大な決意〉について正力オーナーは、「その内容についてはいえない。しかし、みなさんが想像していることと同じだ」と発言。実は、この会見の前に長谷川球団代表は、「(プロ野球機構から)脱退するかもしれない」と報道陣に漏らしていた。巨人は、巨人主導による〈新リーグ〉発足を匂わせたのだ。結局、「巨人がいなければプロ野球界は成り立たない」という圧倒的な人気ゆえの奢りは、「江川との契約を認めなければ、巨人はセ・リーグを脱退し、賛同する他の球団と新リーグをつくる」とプロ野球界に対する脅しにまで発展した。また、この日の夕刊及び翌日の朝刊では、各紙がこぞって巨人のやり方に反発するなか、巨人の親会社である読売新聞は、「江川君、夢がかなった」と報道。同グループの報知新聞も「江川・うれしい夢実現」と報道した。他球団のみならず、世論からの怒りの声も多く、全野球ファン、そしてチビッコたちの憧れであった巨人への失望感は、とてつもないものであった。

「お母さん、巨人のやり方はズルイよ、と息子にいわれて困っています」

「巨人軍は除名されたらいい。ファンの人気におんぶしていい気になっているが、巨人がいなくても11球団で十分運営できる」

「正力さんと長谷川さんの電話番号を教えてください。思いっきり怒鳴りたいです」

「呆れ果てた。スポーツ精神のフェアプレーに全く反する行為だ。しかも船田代議士が仲介しているのも割り切れない」

「長嶋さんも王さんも好きですが、そのチームがこんなことをやるなどとは残念」
(1978年11月22日毎日新聞朝刊の投書欄より)

ちなみに長嶋監督の名が出たが、彼にもこの件は知らされていなかったようだ。長嶋はドラフト当日に向けて、クジ引きのデータを集めたり、心理学の本を読むなど秘策を練っていたという。結局長嶋は、クジどころか、ドラフト会議にすら出席できなかった。

午後10時30分 蓮実秘書が帰宅 「江川君は、巨人と契約したのです。これからはプロ野球機構内部で処理する案件であり、私どもが関知するものではありません」

長い〈空白の一日〉が終わった。

§

1978年11月22日、ホテル・グランドパレスでは、予定通りドラフト会議が開催された。しかし、前日の発言通り、巨人は参加しなかった。南海、阪神、ロッテ、近鉄の4球団が江川を1位指名をし、クジ引きの結果、阪神が交渉権を得た。これに対し正力オーナーは、

「プロ野球協約では、コミッショナー、セ・パ両リーグ会長、各球団役員1名によってドラフト会議は構成されている。そのいずれかが欠けている場合は、効力が発生しない。全球団の出席を不可欠の条件としているので、出席を拒否している球団(巨人)があるにもかかわらず、ドラフト会議を強行すれば、それは無効となる」

と発言し、金子コミッショナーに提訴する。更に翌23日には、江川の地位保全を求める仮処分を東京地裁に申請。そして、うまく物事が進まなければ、新リーグを発足すると改めて公言。巨人に〈おんぶにだっこ〉状態だった他球団からも、「さすがにそれは困る」との気運が高まり、ヤクルト、大洋、ロッテ、そして元々セ・リーグに参加したがっていた堤義明氏の西武が、巨人に同調している、との噂も流れ始めた。江川問題は、日本プロ野球界の崩壊に繋がる恐れがあったのだ。そしてその頃江川は、栃木県小山市の実家に戻っていたが、報道陣が張り込みをしていたため、まったく外に出られない毎日を過ごしていた。

そして、その後は金子コミッショナーを中心として進められていく。

11月25日 金子コミッショナー、鈴木セ・リーグ会長、工藤パ・リーグ会長により、巨人の提訴を却下すると発表。 

12月13日 金子コミッショナー、鈴木セ・リーグ会長が、長谷川球団代表を事情聴取。

12月21日 金子コミッショナーにより、巨人に対する以下裁定を発表。
・巨人と江川の契約は却下する。
・11月22日のドラフト会議は有効とする。

ここまでなら、金子コミッショナーの「グッジョブ!」を称えるべきであったが、その翌日、これまた世間をあったと驚かす衝撃の発表があった。

12月22日 金子コミッショナー強権発動。巨人と阪神による江川のトレードを認めると発表。

巨人は江川との契約を諦め、阪神が入団交渉を進めるべきであるとしながら、江川が阪神と契約した場合、その後巨人に移籍することを〈強い要望〉として提示したのだ。野球協約では、新人選手の公式戦開幕前の移籍は禁止されていたが、金子コミッショナーはそれを承知で事を進めた。しかも、12月13日の事情聴取の時点で決定していたという。金子コミッショナーは、巨人の新リーグ構想を恐れており、更にこの問題によって、来シーズンの日程編成も進められていない状況を不安視していた。今後のプロ野球運営に大きな支障が出ると考えていたのだ。また、のちに蓮見秘書が暴露したところによると、巨人側からも「江川が巨人に入団出来ればすべて解決する。法廷での争いは撤回する」との連絡があったという。この金子コミッショナーの〈強い要望〉に対して、阪神側は強く反発し、小津正次郎阪神球団社長も「江川をトレードには出さない」と繰り返し発言していたというが、同時に「あまりに問題がこじれるなら、場合によっては手放してもいい」とも発言していたらしい。新リーグ構想に反対していた阪神だが、巨人がセ・リーグから脱退してしまうと、自身の運営にも大きな支障をきたすのをわかっていた。更に、阪神の親会社である阪神電鉄の上層部からも、「巨人を敵にまわすな」との声があがっていた。結局、日本のプロ野球は、こんな事態になっても巨人を中心にして回るしかなかったのだ。そして巨人も動いた。

12月27日 巨人、江川との契約を撤回。

ようやく、阪神と江川の入団交渉が可能になった。しかし、阪神も江川も、それが〈入団のための交渉〉だとは考えていなかったはずだ。年が明けた1979年1月7、阪神は江川と初交渉。11日の2度目の交渉で阪神側は「巨人とのトレードは前提にしていない」と発言するも、関係者たちは、着々と外堀を埋めていった。

1月20日 江川の父・二美夫氏と小津阪神球団社長が会談。

1月24日 鈴木セ・リーグ会長立会いのもと、小津阪神球団社長による江川側との交渉。江川側は巨人との〈金銭トレード〉を求める。

1月26日 小津阪神球団社長と江川側に再交渉。

1月31日 小津阪神球団社長と鈴木セ・リーグ会長が会談。
同日午後4時20分 阪神、江川との正式契約を発表。

江川側は、江川本人の強い希望もあり、巨人との金銭トレードを望んでいた。さすがに江川自身も、誰かを犠牲にしてまで巨人に入りたいとは考えていなかった。しかし阪神は交換選手を求めていた。そして阪神が希望したのは、投手・小林繁であった。小林は1976年、1977年と連続して18勝、1978年こそ13勝に終わったが、それでも3年連続二桁勝利を飾った、紛れもない巨人のエースであった。当初巨人は、同じくエース格であった新浦壽夫、もしくは西本聖を交換選手の候補として阪神に提示していたが、阪神は、「巨人があれだけ欲しがっている江川とのトレードなのだから、こちらも新浦、西本以上の選手が欲しい」と小林を要求した。もちろん小林は何も知らされていなかった。同日の午前中に小林は、翌2月1日から始まる宮崎キャンプのため、羽田空港に向かっていた。しかし羽田空港では、球団関係者が小林を待ち構えており、ホテル・ニューオータニに連れて行かれた小林は、そこで初めて長谷川巨人球団代表からトレードを伝えられた。

「君が了承してくれないと、巨人はセ・リーグを脱退しなければならない」

2月1日
午前0時16分 巨人球団事務所において、長谷川巨人球団代表と小津阪神球団社長が会見。小林・江川のトレードを正式発表。

江川が阪神と正式契約したのが午後4時であったため、その契約以前から小林のトレードが、裏で確約されていたのは明らかだった。しかし小林は、文句のひとつもいわずトレードに同意。「喜んで阪神へ行きます。僕は野球が好きですから」「同情はされたくありません」との言葉を残している。

江川と小林のトレードが成立したため、ようやく江川問題は終結を迎えたと思われたが、トレードを前提とした新人選手の契約は野球協約で禁じられていたため、他球団は「事前交渉をしていたハズだ」「裏取引ではないか」「間違いなく違反である」と巨人、阪神、金子コミッショナーを非難した。結局2月8日のプロ野球緊急実行委員会において、金子コミッショナーはトレードへの〈強い要望〉発言を撤回。江川と小林については、以下のようにまとめられた。

・小林は江川との交換ではなく、あくまで江川とは関係のない阪神への無償トレードとする。(阪神から江川への契約金は、巨人が全額支払うことで相殺となった)
・江川のトレードは、野球協約通り開幕以後とする。(巨人のキャンプにも参加できない)
・この件は特例であり、慣例および前例とはしない。

また巨人は、今回の問題について全面的に謝罪。公式戦の開幕から5月31日までの約2ヶ月間、江川の出場を自粛する、と発表した。結局、手続き上では「江川⇄小林」という交換トレードにはならなかったものの、江川の巨人移籍と小林の阪神移籍は、遂に成立した。キャンプに参加できない江川は、自主練習をしながら来るべき日を待つことになった。

1979年4月7日 江川、巨人へ移籍。

1978年11月21日、〈空白の1日〉から137日。ここに読売巨人軍の江川が誕生した。そして江川は6月1日に初登板するも、この試合は5失点で敗戦投手に。結局1978年の通算成績は9勝10敗に終わる。一方阪神に移籍した小林は、巨人戦8連勝を含む22勝、防御率2.89を記録し、2年ぶりに沢村賞、ベストナインを獲得した。

§

その後、江川は9年間巨人に在籍。長年痛めていた右肩の故障もあり、1987年に引退する。決して長くはない現役生活であった。

江川卓:プロ野球(巨人)通算成績
135勝72敗 投球回数1857回1/3 奪三振1366 防御率3.02
最多勝:2回
最優秀防御率:1回
最多奪三振:3回
最高勝率:2回
最優秀選手:1回
最優秀投手:2回
ベストナイン:2回
日本シリーズ優秀選手賞:1回
オールスターゲームMVP:1回

間違いなく立派な成績であるが、巨人が大騒動を巻き起こしてまで獲得した選手の成績に見合っていたかどうかは、正直わからない。江川在籍期間の巨人の戦績も、リーグ優勝3回、うち日本一はたった1回。更に、王を始めトップ選手も引退し、江川を中心に考えられていた〈新・常勝軍団〉も完成には至らなかった。数字や成績だけで判断すれば、〈江川にそんな価値があったのか?〉という疑問が生じて当たり前なのに、それもなかった。キャリアを重ねるごとに、江川の〈悪役〉イメージも少しずつ消えていった。なぜなら、投げる江川が、やはり〈怪物〉だったからだ。今でも〈史上最強説〉が浮上するほど、江川が素晴らしい投手だったのに間違いはないのだ。

この〈空白の一日〉事件を経て、プロ野球界は大きく変わった。選手が球団を選びやすくなるように、ドラフトに逆指名制度が導入され(2007年に廃止)、選手会側の要望を受けてFA制度も導入された。米国メジャーリーグ入りに伴う新たなルールも生まれた。もちろん、問題点はまだまだ山積みだが、江川騒動がきっかけとなって、現在のプロ野球があるのは、紛れもない事実なのだ。

引退後の江川は、日本テレビの野球解説者に就任。更に、タレント性に恵まれていたようで、『スポーツうるぐす』『THE・サンデー』『Going!Sports&News』など、テレビでも大活躍中だ。相変わらず読売グループにどっぷりであるが、当時の〈悪役〉イメージは完全に消え去った。上田晋也と絡んでいる江川も、ワインのうんちくをたれている江川を観ても、私自身、何も思わなくなった。嫌いでもない。ただやはり、〈桑田・清原問題〉や〈野間口の裏金問題〉で、正力亨オーナーの後を引き継いだ渡邉恒雄(現・読売新聞グループ本社主筆)がチョロチョロ現れるたびに、あの時代の江川、あの時代の巨人を思い出してしまう。大好きだった巨人は、あの騒動を経て何か変わったのだろうか。いや、残念ながらそんなに変わってない。変わったのは、巨人一辺倒だった野球界だ。巨人以外の11球団が魅力的になっただけだ。そんな他球団を面白くしているのは、元巨人の生え抜きトップ選手たち。スーパースター王貞治も巨人を離れ、福岡ダイエーホークスの監督になった。中畑清もDNAベイスターズの監督になった。西武ライオンズの黄金時代を築いた森祇晶も巨人のV9戦士だ。更にいうならば、松井秀喜も巨人を離れてニューヨーク・ヤンキースに移籍。日本におけるメジャーリーグ人気の原動力になったのは間違いない。

そんな状況のなか、江川は、巨人の監督候補として、これまで何度も名前があがっているが、未だ実現には至っていない。昨シーズンからは、年下の高橋由伸が指揮を取っており、更にその後は松井秀喜、というのが既定路線だけに、江川は巨人軍の監督ラインから外れた、とも考えられる。しかし、これまでの経緯を踏まえると、江川が巨人軍、そして読売グループを離れるとは思えない。普通に考えたら、巨人から離れられない歴史を江川は歩んできたのだ。いくら野球が好きでも現場に復帰できない。他チームで活動できない。結局、あの〈空白の1日〉以来、誰よりも巨人に縛られ続けているのは江川卓なのだ。