既にロボットは存在している。事故、災害の場での人命救護活動を目的に、ロボット開発に取り組むアメリカの大学、企業。しかしそこにアメリカ軍が多額の資金を投じている。これまでにアメリカが兵器にならないものを軍事的に開発したことがあったか…答えは「NO」。果たしてマシンガンを抱えるロボットは生まれてしまうのか? ドローンの二の舞になってしまうのか? そしてロボットの「心」は? 開発賛成派、反対派を訪ねてまわる、アメリカの最先端ロボット事情ををレポート。

原題:INHUMAN KIND (2015)