発電所や工場での石炭の大量消費、道路や建設現場からの粉塵、農村の家畜飼養や藁の焼却、人口の急激な増加、そしてそれに伴う自動車の急速な普及などなど…。これらが原因とされる中国・北京の大気汚染問題。根本的な解決策こそ見えていないが、遠く離れたオランダからひとつのアイデアが提示された。「未来の景観を想像した新しい公園」。果たして問題解決の糸口となるのか。

原題:China’s Ionic Smog-Sucking Vacuum (2014)