ファーストパーソン・シューティング(FPS)とは、プレイヤーの視点で進行し、できるだけ多くの敵を撃ち殺し、ハイスコア獲得を目指すゲーム。ゲーム中の流血、銃撃などのヴァイオレンス・シーンは、良識派を気取る偽善者たちに眉をひそめさせ続けてきた。その代表格で歴史的大ヒットしたのが『DOOM』シリーズ。開発したのはid Softwareのジョン・ロメロ。FPSゲームの先駆的存在である『WOLFENSTEIN』シリーズを経て、『DOOM』に辿りついた経緯、そしてNINE INCH NAILSが音楽を担当し、ポスト『DOOM』を担ったフル3Dオンラインゲームの元祖『QUAKE』について、彼は語る。

原題:Meet John Romero, One of the Godfathers of the First-Person Shooter(2015)