年齢詐称と言えば、最近ではやっぱ演歌歌手の冠二郎さんですよね。65歳がホントは70歳だったと。二郎さん曰く「デビュー当時そっちの方が有利だったのでサバ読んでしまいました。まさかこれほど売れるとは思っていなかった。ずっと心が痛かった。本当にごめんなさい」いえいえ、そんなに反省しないでください。60だろうが70だろうが、二郎さんの歌声に日本中が癒されているのですよ。逆におじいちゃん、おばあちゃんたちにも勇気を与えるのではないかしら。新曲「酒ものがたり」、大いに期待していますよ!

で、この方。もはや年齢詐称フェスティバルです。メジャー・リーグ、そしてプロ野球千葉ロッテ・マリーンズでも大活躍した大スター、フリオ・フランコ。

①公称1961年生まれ

②訂正され1958年生まれ

③本人口走っちゃって1955年生まれの疑惑が

④更に1951年生まれという噂が流れ

未だに年齢不詳。

ドミニカ出身の野球選手にはよくあることですが、ここまでのスター選手だとやっぱ珍しい。2007年までメジャーだったのですから、1955年生まれなら52歳、1951年生まれなら56歳までバリバリだったことになります。もしホントだったらスゲー嬉しいなァ。応援しちゃうなァ。こりゃ、あぶさんにも岩田鉄五郎にも追いつきますね。ヤッタネ!水島新司先生!!

そんなフリオ・フランコですが、この映像インタビュー後にBCリーグ石川ミリオンスターズと契約!それも監督兼選手として入団したのです!北陸新幹線に負けず劣らず、世界中がミリオンスターズに注目!その開幕は4月11日。指揮を取りながらバットも振る!二郎さんの年齢まで頑張れ!!

フリオ・フランコ:
ドミニカ共和国出身。1982年にフィラデルフィア・フィリーズからメジャー・デビュー。インディアンズ、レンジャーズ、ホワイトソックスを経て、95年と98年には千葉ロッテ・マリーンズに在籍。ベストナイン、ゴールデングラブにも選ばれ、外国選手としては珍しく主将も務めた。その後メジャーリーグに戻り07年まで在籍。翌年メキシカン・リーグのキンタナロー・タイガーズで引退するも、2014年にアメリカ独立リーグ・フォートワース・キャッツとコーチ兼選手として契約し現役復帰。今年より北陸地方を中心とする独立リーグ、BCリーグの石川ミリオンスターズに監督兼選手として入団した。
身長185cm 体重95kg 右投右打 内野手 MLB通算成績(実働23年)打率.298 打点1194 本塁打173