いい感じだった中学に続いて、高校時代に参りましょう。やはり受験は大変でしたか?

いえ、韓国に高校受験はないんです。外国語とか、科学などを専門に学ぶ〈特別目的高校〉に入学するためには、それなりの試験があるんですけど、一般的な普通高校は、中学校と同じように、住んでいる地域で振り分けられるんです。

知らなかった! では、私たちがニュースで観る韓国の受験戦争というのは…

あれは全部大学受験です。

じゃあ、韓国の小学生や中学生が塾で猛烈に勉強しているシーンは…

はい、大学のためなんです。ですから、受験は1回しかないんです。

そうだったのかー。

小・中・高で12年間勉強しますけど、それは大学に入るためだけの勉強なんです。だから理不尽なんですよ。そういった世論からの声もたくさんあります。

キムさんは、日本の大学を選びました。どうしてですか?

小学校5年のとき、父が北海道大学の客員教授になったので、1年間だけ北海道に住んでいたことがあるんです。それを機に日本語の勉強を続けていたので、留学への意識が高くなっていたんですね。最初は、韓国の大学にある日本語学科も考えたのですが、やはり韓国の受験制度に対して、疑問を持っていました。この受験のための勉強は、今後の私にとって意味のないことでは? 時間の無駄では? そう思ったので、日本への留学を決めたんです。

中学生活は、いい感じだったとおっしゃいましたが、高校生活はどうでしたか?

ここでまたイジメが始まりました。

ああ。〈日本で生まれた〉からですか?

はい。その他にも色々なことが重なりました。耐えられなかったですし、日本への留学のための勉強もきちんとしたかったので、2年のときに転校したんです。

でも、住んでいる地域で振り分けられるんですよね? 

はい。ですから引越もしたんですよ。

そうなんですね。新しい高校はどうでしたか?

とても自由な校風だったのでよかったです。いい感じでした(笑)。

でも日本への留学を目指しているなら、高校の勉強だけではなく、日本の大学への受験勉強もしなくてはなりませんよね?

そうですね。でも高校2年くらいまでは、共通する部分もあるんです。ですから、それまではちゃんと授業を聞いていましたが、高3になってからは、授業中も留学用の勉強ばかりしていましたね。

どうして東京外国語大学を選んだのですか?

父からの薦めです。というのも、父の母校でもあるんです。

ああ、そうなんですね。ちなみに入学試験は、来日しないと受けられないのですか? 

はい、その通りです。まず書類選考があるんですけど、それに受かったら、入試を受けられるんです。

入試の問題は何語なんですか?

もちろん日本語ですよ。

ええ! これから勉強するのに?

留学を準備している段階で、ある程度は日本語の読み書きができなくてはダメなんです。私より上手い人なんて、たくさんいましたよ。

そして合格! おめでとうございます!!

はい。結局は受かったからよかったんですけど、合格発表のときは、私の名前、無かったんです。

んん? どういうことですか?

インターネットで発表されたんですけど、名前が無かったんです。ですから、落ちたと思っていたわけです。「もう、軍隊入ろうかなぁ」なんて(笑)。

はい(笑)。

そしたら入学式の1週間前くらいに、いきなり大学から電話がありまして、追加合格だと。

おおー。

どうやら定員割れになったようで、ギリギリで合格したんです。

おめでとうございます! でも入学式の1週間前ですよね? もろもろ準備はできたんですか? ビザも取らなきゃいけませんよね?

留学ビザは、間に合わなかったので、最初は観光ビザで入国して、あとで取りました。住まいもなかったので、父の知り合いにお願いして、東村山の寮になんとか。合格したのは嬉しかったですけど、「ふざけんな、急過ぎる! 時間くれ!!」なんて(笑)。

本当にお疲れさまでした(笑)。あたらためて日本での生活が始まりましたが、大学はどうでしたか? なにか新しいことを始めました?

髪を伸ばし始めました。

アハハ! さすがメタルヘッズ! でも今は短いですよね? もう飽きた?

いえ、兵役があったので切りました。

ああ、そうか。女の子関係は、どうでした? さすがにもう興味がないなんて無いでしょ。

まぁ、おつきあいもありました。よく彼女ができたと思います(笑)。でも近い話なので、ここではごめんなさいです。すいません。

了解です(笑)。サークルとかは入りました?

はい、ブラジル音楽を演奏するサークルです。

ブラジルのメタル・シーンも激アツですものね! セパルトゥラ!! 

はい(笑)。

それでは兵役のお話もお願いします。期間は2年間でしたっけ?

私は陸軍だったので、1年と9ヶ月です。

どこに所属するかは、自分で選べるのですか?

希望先があれば選べますが、それが無ければ陸軍になります。

30歳までに入隊しないといけないんですよね? 

はい。でも大学生は、だいたいみんな1年とか2年で入隊するんですよ。

でも、キムさんは大学3年が終わってからですよね?

はい。大学のサークルがあったので。

ん? サークル?

本当は私も大学2年が終了してから入隊しようと考えていたんですけど、3年でサークルの幹部になることになったんです。兵役後だとできなさそうでしたし、幹部を経験しておきたかったので、3年を終えてから入隊したんです。

サークルも大事ですものね。では、入隊後の流れを教えてください。

陸軍の場合は、まず軍人としての基礎教育と訓練を1ヶ月ほど受けます。その後、ランダムでそれぞれの部隊に配属されます。その時点でスマホと煙草は没収されます。

お酒は?

元々お酒は飲んじゃいけません。

キムさんは、どちらに配属されたのですか?

かなり北のほうの部隊に配属されました。〈自走砲〉という、戦車に近い射撃車両の部隊でした。

1日のスケジュールを教えてください。

朝6時半に起床します。まず、そこで点呼を取ります。遅れると、バチ怒られます(笑)。

バチですか(笑)。

はい(笑)。そこからグランドを6周くらい走って、朝食。そのあとは1日中、訓練のための訓練をして、就寝は22時です。

訓練のための訓練?

はい。大きな実習訓練の日が設けられていまして、その訓練日に向けて、日々準備をしているんです。

キムさんは、どんな実習訓練をされたんですか?

実習訓練では、あらゆる状況への課題を与えられます。〈あそこに標的がある場合、どのように進めるべきか?〉みたいな感じですね。まず自走砲を操縦します。どのルートで移動し、どんな火薬を使って、どこから砲撃するべきか? そんな感じで、すべての要素を考え、組み合わせながら、即興で進めていくんです。

でも訓練には、それなりの体力が必要になりますよね? 非力な人もいると思うのですが、そういった人もついていけるものなのですか?

そこは自分でなんとかしなくてはなりません。まぁ、暇だったので私は筋トレしていましたけど、なにもやらない人もたくさんいます。本当に様々ですよ。明らかにやる気のない人たちもいますし。

お休みの日はあるのですか?

週末と祝日は休みになります。1年を4期にわけているのですが、各期ごとに、外出1回、外泊1回と定められているんです。ですから、休みとはいっても、いつでも外出、外泊できるわけではありません。

キムさんは、どちらにお出かけをしていました?

外泊は実家に。外出のときは、ひとりで映画とかでしたね。

でも男だけの生活ですよね。ムラムラして、おひとりで処理するにもAVとかもありませんよね?

それ以前に、そういった行為を表に出してはダメなんです。

んん?

そもそも軍紀に違反するものだから、規則的にアウトなんです。オナニーもダメですし、エロ本を持ち込んでもダメ。見つかったら懲罰を受けます。とはいっても、隠れてね。

はい(笑)。じゃあ余暇もまったくなかったと。

煙草くらいですね。部隊に配属になってからは、煙草が吸えるようになるんです。もうスパスパでした(笑)。

でも確か、お給料も出るんですよね?

出ますけど、私の頃は月1万円ですよ。今はもうちょっと上がったらしいんですけど、それでも少ない。もう本当にブラック。

ブラック(笑)。

国家の義務として呼んでいるんだったら、せめて国家で定めている最低賃金は守るべきだと。これは国家としておかしい。入った頃は、ずっとそう思っていました。当時は、パンクとかアナキズム思想に染まっていましたので(笑)。

はい(笑)。

まあ、結局はそのお金でタトゥーを入れたんですけど(笑)。

アハハ!! 最強のパンクスですね! さて、そんな1年と9ヶ月の兵役生活。いかがでしたか? やはりキツかったですか?

私はもう、解脱していたというか。ニルバーナです(笑)。まぁ、なんとか耐えられました。ただ入隊したことで、やはりいろんなことを学びました。価値観が明らかになったというか。

先ほどもおっしゃっていましたよね。韓国は、軍隊の影響が強いと。

その考えも、入隊しなければわかりませんでしたから、経験としては悪くありませんでした。1年9ヶ月のなかで、自分の考えを整理することができましたし、これまで自分が所属していたあらゆる場に対しても、客観的に見えるようになりましたから。

やはり兵役が終わったときは、ホッとしました?

はい。やはり幼い頃からずっと意識はしていましたから、開放感みたいなものはありました。もし入隊していなかったら、逆に韓国の軍隊社会の考えにずっと縛られていたかもしれません。

さて、キムさんは、日本生まれの韓国人ですが、日本の若者に対しては、どう考えてらっしゃいますか? 韓国ではパク・クネ元大統領に対し、大勢の若者がデモに参加しましたが、このような状況は、日本では強く見られません。

そうですね。あのデモのとき、私は軍隊にいたので参加できませんでしたが、私も参加したいと強く考えていました。ただ、あのときは軍からも「休暇だとしても、あのデモには参加するな」といわれていたんです。それは理解できますよね。軍のトップである大統領と政府に対するデモなのですから。あの大きなデモは2016年の11月でしたが、当時、私は訓練で1ヶ月間、野外でテント暮らしをしていたんです。幹部は携帯を持っており、デモの状況を把握していたので、こんなことをいってました。「俺の国終わったな」「大統領変わったら、俺たちどうなるんだろう」って。軍人の立場だから、しようがないのですが、軍人も国民です。それなのに、デモに参加できない、意見もいえない、自己主張もできない、そんな立場に大きな違和感を感じたんですね。やっぱり軍人にはなりたくない。

はい。

日本人の若者も、各々が色々と考えているとは思います。でもそれをどう行動したらいいのかわからないだけなのではないでしょうか。それに日本人は、あまり騒ぐのが好きじゃないっていうのも聞いていますし…。うーん、正直ちょっとよくわからないです。文化の違いなのでしょうか。

文化の違いでいえば、日本に住んでいて、困っていることなどありますか?

父親からいわれていることがあります。「日本には、建前と本音という文化がある。日本人がこういったとしても、それをすべて受け入れてはいけない」って。

はい。

でも私は、その建前と本音をどう見分ければいいのかもわからないし、たとえ、それが文化だとしても、私はその文化が好きではありません。私が喋っていることは、100%本音です。私は外国人として日本社会に溶け込もうと本音で接しているのに、相手が建前だとするならば、これまでの日本に対する考え方や、努力が台無しになってしまいます。誰も信じられなくなってしまいます。

ええ。

私は、日本では完全に外国人です。でも韓国からの印象も悪い。立ち位置は、どこにすればいいのか。最近はずっとそこを悩んでおります。まぁ、自分に自信が持てるようになるのが1番ですし、まずは、自分の生活のなかで不当に感じたものに対しては、バンバンと中指を立てていきたいですね。

そんな状況でも、キムさんは日本での就職を考えてらっしゃるんですよね?

はい。やはり日本は長いですし、日本語もできますので。でも、それが活かせるなら、違う環境もちょっとは考えています。私、外国って日本しか知らないんですよ。他の外国に行ったことがない(笑)。

ああ、そうなんですか! じゃあブラジル、どうですか! 幹部になったんだし!

ちょっと遠いなぁ(笑)。ブラジルは音楽が好きなだけですから。

ちなみに、また長髪にするんですか?

その予定です。今、海藻類めっちゃ食ってます。

ああ、釜バターうどんにわかめトッピングですね!

あと、DHCのサプリメントも昨日届きました! 亜鉛とマルチビタミンのヤツです。昨日から飲んでますよ!

※「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。自薦、他薦、構いません。お名前、ご年齢、性別、お住まい、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。