日本に住んでいるわれわれが歴史を通して抱え、いまだ克服できていない闇、部落差別。今回は長野市で発生し、長年ある一家を苦しめている隣人部落差別事件をとりあげる。2007年に20歳で兵庫県加古川市の屠場を舞台にドキュメンタリー映画『にくのひと』を撮った満若勇咲が、この事件をテキストと動画でレポート。満若へのインタビューと合わせ、ここに公開する。

被害者Tさんの夫になりすまし近隣に配布された怪文書

§

長野県隣人部落差別事件レポート

Text by 満若勇咲

長野県に住むある家族が近隣トラブルに巻き込まれ、7年に渡って悩まされている。隣人の嫌がらせに耐え続けるなかで、事態は部落差別事件へと発展した。
〈部落〉。果たしてこの言葉を聞いてピンとくる人はどれだけいるだろうか? これまでの反差別運動や人権意識の高まりにより、20〜30年前と比べれば、目に見える直接的な差別事件は減少しており、法務局の人権侵犯事件の救済手続き件数も減少傾向にある。苛烈な部落差別があったのはもう昔のことだ、という認識が多くの人々の肌感覚だろう。
しかし、いまだに根強い結婚差別、ネットにおける悪質な書き込みの深刻化など部落差別は残念ながら現存し、そのため2016年末に国や地方公共団体の責務などを明記した部落差別解消推進法が成立している。この事件はその部落差別の一事例である。

事件の経緯
人口38万人、善光寺の門前町として有名な長野県長野市。夫と息子の3人で市内に暮らしているTさんは、向かいに住んでいる隣人K(妻との2人暮らし)によって2011年春ごろから嫌がらせを受けている。
きっかけはタクシー運転手の夫が昼食の弁当を取りに戻った際、自宅前に車を停車させたことだ。「そこは市道だぞ! 私用に使うな!」と騒ぎ写真を撮りはじめたKに困ったTさんは警察に通報。それを恨んだKは以後、つきまとい、待ち伏せ、「キチガイ!」などの罵声を浴びせるなどの嫌がらせを続けている。

KがTさんの町内に越してきたのはその前年2010年。当時から、その言動を問題視する声もあった。実は、Tさんの事件以前に別の隣人をターゲットにして、玄関ドアの破壊や暴言を吐いていた。自分が巻き込まれるのを怖れ、やがて近隣住民はKのTさんに対する迷惑行為に対して口をつぐむようになった。
そして2014年。Kは突如として、Tさんに対し連日連夜「チョーリッポ」「ヨツ」「部落民」などと部落差別発言をするようになり、近隣トラブルから部落差別事件へとエスカレートする。

ベランダからTさん宅に向かって差別発言を繰り返すK

 実はTさんの両親は被差別部落出身者だった。しかし、Tさん自身は事件が起きるまで差別らしい差別を受けたことがなく、〈部落〉を他人事のように考えていた。そして、それまでTさんのルーツを知るのは周囲では夫だけだった。

2015年には「私、○○は一般人ではありません。私達は特別な人(部)です。長年隠していました。申し訳ございません。今迄通りよろしくお願い致します」とTさんの夫の名でなりすました文書が近隣住民に配布される事件が起きた。この件にKが関わっているという確実な証拠はない。しかし、Kが差別発言を始めて以降に撒かれた文書であるので、TさんがKの関与を疑うのは自然の流れだ。
さらに行政の対応も問題だった。Tさんは市の人権同和政策課(当時)に相談に行くも、対応が遅く、結局自ら文書を回収することになった。Tさんが回収した文書は40枚以上にのぼる。また法務局と警察にも回収した文書を提出したが、何も進展はなかった。

Tさんの夫になりすました怪文書。K宅の鍵を壊した、深夜まで騒いだなど、まるでKが被害者のような内容

 2015年末、Kは路上でTさんに殴る蹴るの暴行を加え、逮捕された。Kには懲役6カ月、執行猶予3年の判決が言い渡された。保護観察付執行猶予の身になったKは、つきまといなどを禁止する特別遵守事項(事件の内容や事件に至った経緯等を踏まえ,個人の問題性に合わせて付けられるルール)が通知されたため、誰もが事件の終焉を期待していた。しかし、自宅に戻った1カ月後、Kは嫌がらせと差別発言を再開。Tさんは保護観察所にKの行為を連絡したが、なぜか執行猶予が取り消されることはなかった。Tさんは、睡眠薬が手放せないほど精神的に追い詰められながらも、いつか裁判で役に立つだろうと、Tさん自身を侮辱し続けるKの行為を記録し続けている。

近隣トラブルとしての側面
当初は近隣トラブルから始まったこの事件。もしこの時点で解決できていれば、ここまで事態は深刻化しなかったかもしれない。日本法規情報の調査によると、日本全国で5割近い人が近隣トラブルを経験しているという。極端なケースでは殺人事件にまで発展する場合もあり、近隣トラブルの解決は一般的に難しいとされている。
2016年、ストーカー規制法に基づいて、39の都道府県が迷惑防止条例を改正した。この条文では〈つきまとい〉〈いちじるしく乱暴な言動〉〈名誉を害する事項をつげ、又はその知りうる状態に置くこと〉などが盛り込まれ、罰則規定もある。Kの行為は明らかに条例違反となる事例であろう。しかし長野県ではいまだ改正されていない。
警察や行政は、Kの暴言や差別発言などの人権侵害に対して、現行法では何ら対処できない状態だ。

部落問題としての側面
長野県の行政が把握している限りでは今年度で2件、昨年度で3件の部落差別事件が県内で起きている。Tさんを支援しているNPO法人・人権センターながの代表、高橋典男さんは「部落差別の相談はいまだ多く、公表はできないんですが、報告に上がらないだけで相当数の事件が長野で起きています。まだまだ部落差別が根強いんですよ」と、あくまでも行政の報告は氷山の一角でしかないと語った。そんななかで起きた今回の事件から、部落問題の今日的な一面が垣間見える。

前述した通り、Tさんの出自を知っているのは周囲では夫しかいなかった。では、KはTさんのルーツをどこで知ったのか?
高橋さんは次のように推測する「地域の人は旧姓と出生地で大体のルーツがわかるんですよ。おそらくKもどこかでTさんの情報を聞いたんでしょう。逆に、部落の人よりその周囲の人のほうが、どこが部落なのかって知っていたりするんですよね」。

Tさんにとって〈部落出身者〉はあくまで、両親のことであり、自分とは関係ないものとして捉えていた。しかし、Tさんが生まれ育った場所は部落出身者が集まっていたという理由で、一部の人から〈部落〉としてみなされているという。この〈みなされる差別〉が現在における部落問題の特徴のひとつだ。なんらかの形で〈部落〉に関わりがあるというだけで、部落差別される可能性があるのだ。現にKは部落出身者ではないTさんの夫も〈部落民〉と罵っている。

Kの行為によって「内臓が掻きまわされるような気分」だったとTさんは語った。いまでも自身が〈部落出身者〉だと認識することについて違和感を感じているという。現在、部落の外で暮らす人々や、新たに部落にやってくる人など、その関わり方も多様になっている。〈みなされる差別〉はそのすべてを〈部落出身者〉と見なす。〈部落〉か〈部落ではない〉かという二元論に当事者の選択肢はない。しかし〈部落出身〉という表現は、Tさん自身の曖昧な出自への感覚を 捉えきれていない。そこで、本人と相談した結果〈部落をルーツにもつ〉という表現に落ち着いた。
今後〈親が部落出身者〉〈祖父が部落出身者〉など、新たな世代が生まれてくる。Tさんのように差別によってルーツと向き合う可能性はまだ十分にある。私たちはきちんと、当然のように部落をルーツとして受け止めて〈部落をルーツにもつ〉ことを一般的なものにしなければならない。

この事件の被害者Tさん。自宅にて

最新の事情
2018年2月現在、取材当時から状況は大きく変わった。昨年12月、Kが窃盗で逮捕されたのだ。現在、裁判中でKは県外の病院に入退院を繰り返している。しかし、Tさんの現状はあまり芳しくはない。昨年12月に受理された名誉毀損の刑事告訴は結局不起訴。
高橋さんは「以前、警察官に証拠(Tさんが記録した映像と音声)の公然性(不特定多数の目撃者がいる)が低いと言われたことがある。だから今回も不起訴だったのでは。ただ、あれだけ明確な映像が残っているにも関わらず公然性がないとは考えにくいのですが──」と憤りを感じている。やれることは全てやろうとTさんは検察審査会に申し立てを行なった。さらに現在、民事での損害賠償請求で提訴、裁判が始まったばかりだ。
「おそらくこのまま行けば、傷害のほうで執行猶予が取り消されるだろうが、病院に通院という形になるだろう。人権侵害に対してあまりにも法的、行政的に無力すぎる」と高橋さんは語った。
また、部落差別解消推進法はあくまで〈差別をなくす努力をする〉という理念だ。この事件はTさんだけでなく、部落問題の直面している当事者にとっても、当事者救済の手立てがないという問題を浮き彫りにしている。

いまは一時的な平穏が訪れているが、Kの行為が再開しない保証はどこにもない。Kを止める手段の確立、そして、同時にKの動機を解明しない限り、同じような事件が繰り返し発生し、先の見えない状況に陥るだろう。もしKの行為が再開したらTさんはまた耐え忍ぶ日々を送らなくてはならない。この事件はまだ解決してない。

満若勇咲氏のインタビューは次ページにて