濡れる前に濡れろ ダイヴもゲロも当たり前 BLACK LIPS来日間近_top

BLACK LIPS来日間近!音良し、ライヴ良し、キャラも良し!その圧倒的パフォーマンスをみなさんにゼッタイ観てもらいたいので、なんやらかんやら書こうかと思ったのですが、ま、コレ観て下さい。彼らの85%は分かると思うー。

ね、こんなんですー。

前回の来日は2011年の夏。ライヴ観て「ああ~いいバンドだなぁ」って思うことは多々あるのですが、BLACK LIPSのそれはチョッと桁が違いました。もうねぇバンドがいいんです。バンドの存在がハンパない。決して激ウマじゃない。完璧なパフォーマンスってワケでもない。めちゃシンプルでストレート。ゴールに向かって一直線です。でもその過程が実に楽しく美しい。かむしゃらで、ラヴリーで、グダグダで、ハッピーで、くだらなくて、熱くて、臭くて、超クール!!!!「ガレージ」とか「パンク」とか「サイケ」なんてのも彼らにとっては陳腐なワード。BLACK LIPSは完全にシーンをクリアしている。それもギャハハハ~ッ!って笑いながらね。

4人が一番BLACK LIPSのいいところを知っています。どうすればBLACK LIPSがハネるかを知っています。だからやる。

・唾を頭上に吐き、きちんと口でキャッチする。
・ゲロを吐く。(バケツを用意することもある)
・トイレットペーパーを投げる。
・モロ出しする。

以上が定番ですね。

そしてそれに応えるようにお客さんもダイヴ、モッシュ、そして水やらビールやらをかけまくる。ギャハハハ~ッ!って笑いながらね。あの空間、あの時間は本当に馬鹿馬鹿しくって尊い。本当にバンドっていいなぁ。

なんか「アホ」とか「馬鹿」とか「色モン」なんてイメージになっちゃったかもしれませんが、いえいえ、ベースにある楽曲が素晴らしいからこそ、彼らのゲロも映えるのです。己の欲求を詰め込んだサウンドは、時流やら喧噪やら全く関係無さそうなんだけど、絶対この人たち、アンテナ張ってると思う。もしくは肌で感じていると思う。じゃないとこのセンスは出て来ないでしょ。パンクにしては怒りは皆無。ガレージにしては埃まみれず。サイケにしてはもっと多彩。この案配はプロフェッショナルな嗅覚を持ってないと出て来ません。そしてなんたってみんながシンガロング出来るポップなメロディー!

そんなハイセンスに多方面からも様々なラヴレターが。特にギター/ヴォーカルのコール・アレクサンダーは、オマール・スレイマンのリミックス、DEERHUNTER作品への参加、そして最新トピックとしては、現在大ヒット中のタイラー・ザ・クリエイターの新作『Cherry Bomb』にカニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムスなどと並んで参加!オープニングナンバーで雄叫び&ギターを炸裂しております。

更にVICE読者のアイドル!アトランタ・ツインズとも交流を。白人ラッパーRIFF RAFFとの狂ったステージもドゾ!

さあ、みなさん、ダイヴのご用意は出来ましたか?アナタの音楽ライフの新たなページとなる最高のショーが始まりますよー。

BLACK LIPS
2000年に米国アトランタで結成。デビュー・アルバム『BlackLips!』(2003)、セカンド『We Did Not Know the Forest Spirit Made the Flowers Grow』(2004)をガレージ、パワーポップ、パンク系老舗レーベル「BOMP!」からリリース。そしてサード『Let It Bloom』(2005)は、ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンや、Vivian Girls等数多くのガレージ・バンドを世に送り出してきた名門レーベル「In The Red」から発表する。07年にはVICE RECORDSからライブ作『Los Valientes del Mundo Nuevo』と『Good Bad Not Evil』をリリース。米国の国民的番組コナン・オブライエン・ショーやトム・グリーンショーに出演したり、コーチェラ・フェスティバルではギターを燃やしたり、SXSWでは三日間で12回ショーを演ったり…と大暴れ。そして『200 Million Thousand』(2009)、『Arabia Mountain』(2011)を経て、2012年にはジャック・ホワイトのサード・マン・レコーズのライブ・シリーズからもライブ作をリリース。最新作は昨年リリースされた『Underneath The Rainbow』。これまでのすべてのオリジナル・アルバムはBURGER RECORDSよりカセットでもリリースされている。メンバーは2000年に米国アトランタで結成。現在のメンバーはCole Alexander (G,Vo)、Jared Swilley (Ba,Vo)、Jack Hines (G, Vo)、Joe Bradley(Dr,Vo) 。

BLACK LIPS official site

濡れる前に濡れろ ダイヴもゲロも当たり前 BLACK LIPS来日間近_01

BURGER RECORDS JAPAN Presents
BLACK LIPS IN JAPAN

SECOND ROYAL presents
6月14日(日) 京都METRO
open 18:00 start 18:30
料金:前売 ¥3,800 当日 ¥4,300 (別途1ドリンク)
出演:BLACK LIPS / キングブラザーズ / Seuss
DJ:田中宗一郎(club snoozer / ザ・サイン・マガジン・ドットコム)
問い合わせ:METRO 075-752-2787
チケット:e+、ローソン・チケット:Lコード 59176、ぴあ:Pコード 264-859

6月15日(月) 新代田FEVER
open 18:30 / start 19:00
料金:前売 ¥4,000 当日 ¥4,500
出演:BLACK LIPS / LEARNERS / THE RESTROOMS
DJ:BLUE BOYS CLUB(カジヒデキ + KINK)
問い合わせ:FEVER 03-6304-0042
チケット:e+、ローソン・チケット:Lコード 79728

BURGER RECORDS JAPAN vs KiliKiliVilla
6月16日(火) 新代田FEVER
open 18:30 / start 19:00
料金:前売 ¥4,000 当日 ¥4,500
出演:BLACK LIPS / SEVENTEEN AGAiN / CAR10
問い合わせ:FEVER 03-6304-0042
チケット:e+、ローソン・チケット:Lコード 71131