桃色のお姉さんたちにサービス中の音楽について訊いてみた (1)

エバることではありませんが、何回か行った風俗店でBGMなんか気にしたことありませんね。もう心はそこなじゃい。それどころではない。同時に女の子がどんな下着付けてたかも覚えてませんね。そこじゃない。それどころじゃない。でもピンサロではなんかチキトンチキトン系とかMAXとかエイベックスな感じだった気がするです。大音量で。そんなわけでアメリカではどうなんでしょうか?調査して来ました。

§

ネバダの州都から6マイル。ファストフード・チェーンやガソリンスタンドが立ち並ぶハイウェイのすぐそばに、アメリカで最も有名な売春宿がすぐそこにあることをスマホが教えている。「ムーンライト・バニー・ランチ」。こんな場所にひっそりと建っているのは想像しづらかった。「制限速度69」とか「ギフトショップ:ノー・セックス」といった看板がポツリポツリと見える。

宿の中に入ると、テレビのリアリティ・シリーズで見た後に予測できそうな、おおむねシュールな雰囲気が漂っていた。ランジェリーを来た女性がいる部屋が回転し、ストリッパーのポールがあり、「これから誰かとセックスするのは確実」という感じのパーティに遭遇した感じ。この宿の帝王Dennis Hofは、暖炉の前で女の子とお茶会のようなビジネスミーティング中だった。煌びやかな食器とフィンガーケーキ付き。

そして営業中、ムーンライト・バニー・ランチはかなりセクシーな女子寮といった趣になる。女の子たちはベッドルームでまったりしたり、映画を観たり、テレビゲームをやったり、ネットで暇つぶしをしている。そんな休憩時間に何人かの女の子とおしゃべりして、音楽の好みや変な客のリクエスト、トラップミュージックを聞きながらのセックスについて聞くことができた。

桃色のお姉さんたちにサービス中の音楽について訊いてみた (2)

どんな音楽が好きなんですか?

Willow:私はR&Bとヒップホップ。

Aubree Rae:何でも好きよ。ヒップホップ、レゲエ、トラップ、ダブステップが多いかな。

お客さんとはそれ以外の音楽?

AR:音楽で私の部屋の雰囲気が決まるの。お客さんのタイプによって色々な曲を用意しているわ。あるお客さんには落ち着いたガーリィでセクシーなラナ・デル・レイを。あとはシャーデーとかね…。そうそうザ・ウィークエンドをかけるとかなりイイ感じになるわね。「ハメを外したいからトラップをかけてくれないか」って言ってくる人もいて、そんな時は「これでファックするの?」って感じだけど。

W:料金交渉が成立した後に最初に聞くのが「どんな音楽聴きたいの?」って質問。「何でも好きだよ」って言ってきたら、クラシックロックをかけるの。邪魔をすることがないからね。いいBGMになるわ。沈黙を破ってくれるし「何が歌われているか」考えなくていいでしょ。ヒップホップのラジオにしちゃうと、たまに「やだ、チョー恥ずかしい!」って曲があるから。

変な音楽のリクエストはあります?

AR:一度ウィズ・カリファに合わせてファックしたいって人がいて。「本気?ウィズで?」って感じだったわ。

そうですね。ハッパだったらピッタリだけど…。

AR:彼はマリファナはやってなかったから、それでハイになってるのが尚更おかしくて! でもそれぞれ好みがあるからしようがないわ。

W:自分の選曲をスマホに入れて持ってきたり、紙に書いてきたりする人もいるわ。最初から最後までパーティのプランを立ててくるのよ。スローなダンスナンバーから始まって「あら~服を脱ぐときはこの曲で、事が始まったらこの曲なのね~!」って。東海岸から来て大量のCDとブームボックスを持ち込んだ人もいたわよ。本当よ! それを飛行機で運んで来たんだから!!

音無しのリクエストはあります?

 W:あったわ。照明をつけっぱなしにしてヤリたいタイプね。やりづらいわ。

桃色のお姉さんたちにサービス中の音楽について訊いてみた (3)

どんな音楽が好きですか?

 Amy Page:いまだにハイスクール時代と同じものよ。レディオヘッドコールドプレイアーニー・ディフランコナイン・インチ・ネイルズミューズとか。心の準備をするときや元気が欲しいときはテイラー・スウィフトがハマるの。

仕事の中での音楽の役割はなんでしょう?

最中は絶対かけるわね。お客さんが私の声だけを聞きたい時は別だけど。一定のリズムで入っていけるし、最高の状態に行くのを助けてくれるの。

お客さんと過ごす時の鉄板リストはありますか?

プライベートで聴く曲は仕事でかける曲とは全然違うの。ラナ・デル・レイとかロードとか、落ち着くけど誘惑するような音楽ね。サウンドトラックもたくさんかけるわよ。しばらくは『ウォーム・ボディーズ』(Warm Bodies, 2013)のサントラにハマってたし『ハンガー・ゲーム』(The Hunger Games, 2012)や『アメリカン・ハッスル』(American Hustle, 2013)もいいわね。

何をかけるかは、お客さんの選ぶコース次第ってことですか?

そうね。恋人みたいなセックスならスローな曲。ポルノみたいなことがしたいならアップテンポで。音楽で雰囲気が完全に変わってしまうから。Pandoraのクールなところは、何が起きているかすべてお見通しで、その場面にピッタリの曲をかけてくれるのよ。音楽が状況を追いかけてきてくれる感じね。すごいわ!

桃色のお姉さんたちにサービス中の音楽について訊いてみた (4)

ハマっている音楽はなんですか?

Abby May:家にいる時はいつもカントリーよ。でもR&Bもたくさん聴くわよ。ブルーノ・マーズアデルエイミー・ワインハウスアーニー・ディフランコが好き。

Randy Ryder:私もおんなじ。家ではカントリー。カンザスシティーの出身だから小さい頃から聴いてるのよ。

ここで聴く音楽とは違うと。

RR:客商売だからね。引いちゃうような音楽はかけたくないわね。

AM:最中はもっぱらPandoraでクラシックロックをかけてるわ。私のお客さんは本当に好きみたい。

リクエストは受け付けます?

AM:そうね、すごくこだわる人もいる。常連でいつもフィオナ・アップルをリクエストしてくる人がいるし。いつも2時間のコースを指定してきてフィオナ・アップルが終わるたびに私が起きて、CDをリピートさせなきゃならないの。なんでか知らないけど、それが無いと調子が出ないみたい。

RRドアーズをリクエストしてきたお客さんがいたわ!

AM:一度、あらゆるテーマ音楽をかけまくったことがあったわ。「バットマン」とか「スーパーマン」とか「スーパー・マリオ・ブラザーズ」とかよ。それで支払いの時に「なんでこんなに高いんだ?」って言われたから、「バカげた音楽を探すのに一時間もかかったのよ!」って答えてやったわ(笑)

追加料金がかかったってことですか?

AM:そうよ。だってiTunesで買ってプレイリストに入れなきゃならないから。それに「この曲はどう?」。「駄目だ、ロックマン・シリーズはいらない。マリオにしてくれ」。という具合だったんだからー。

RR:あら、「ロックマン」はクールなのに。以前かけたことがあるわ。

AM:私はとにかくサービス中は音楽をかけたいの。たとえABCの歌でも気にしないわ。何か音があればいいのよ。

RR:音楽が無いとほんとに気まずくなるわよね。

じゃあ音無しをリクエストしてきたらどうします?

RR:もしいたら、サービスをやめて私の声だけ聞かせてあげるわ。

客は困るでしょうね(笑)。年を取ったお客さんには?

AM:ジャズ好きが多いわね。

RR:私、ジャズでは乗れないわ。

AM:私は気にならないわ。私がジャズをかけるからってだけの理由で来てくれる人がいるの。でも音楽の良さがあまり分からないのよ。曲はだいたい同じくらいの長さだし。でも凄く便利なのよ、ジャズって。それまで何曲かけたかを数えて「あら、あと2曲で終わりだわ!」って分かるの。

RR:そんなジャズの使い方があったのね。そう言えば、以前女の子全員のプレイリストを作っていた客がいたわ。何曲か終わったら「OK、残り時間はこれくらいだね。じゃぁ掃除と帰り支度をしよう」って感じの人だった。

AM:音楽にそんなに集中していない時もあるけど、何曲目かはいつでもすぐに分かるわ。もうタイマーみたいなものよ。

§

【金曜夜11時はVICE! AbemaTV Documentaryチャンネルにて放送!】
5月26日(金) 23:00〜 「THE LOVE産業」
今週のテーマは「エロティシズム」。デジタル時代の愛とセックス事情を探るため、世界中のアダルト産業を取材。詳細・視聴予約はコチラからどうぞ!