『MOST VALID REASON』vol. 2、ゲスト・アーティストは、第一回のNAS同様、StarFes.’14での怪演も記憶に新しいERYKAH BADU。

デビュー以来、オリジナリティ溢れるアーティスト活動で常に世間を騒がせ続ける彼女にVICE Japanが『MOST VALID REASON』出演をオファー。デビュー・アルバム『BADUIZM』リリースの一週間後に、わたしの真価はライヴだわ、といわんばかりに『LIVE』を世に送り出し、新人離れした音楽力を誇示したErykah Badu。そんな彼女のキャリアに敬意を払い、前回とは全く違うアプローチで、StarFes.’14のステージを撮影。といえば聞こえは良いが、内実は、VICE Japanのオファーに対し、この企画に時間を割く余裕は無い、との返答。それでも食い下がり、何とかステージ撮影にまで漕ぎ着けるも、ライブ開始から10分間だけ撮影可、という条件付き。10分間で何を…、と困惑したものの、弱小VICE Japanが彼女を撮影出来る機会など二度とないので、失敗を覚悟で挑戦した第二回。半ばヤケクソで、ステージ上の至るところにMVRを設置し、果てはステージ両袖にMVRを載せるためだけの巨大クレーンまで用意。その結果は皆様のご判断に委ねます。

見る人が見れば、アホか、といわれても仕方ない手法で撮られた映像には、Erykah Baduがバンドをコントロールする技、オーディエンスと一体になる様、アーティストとしての雰囲気、といった彼女の才能と魅力が普段はお目にかからないアングルで収められています。是非お楽しみください。
MVRをクレーンに搭載するのは、レベルの高い(低い?)冗談だが、何台置いても邪魔にならない、小型かつ高性能というMVR特性が発揮された今回の撮影。今後もMVRの可能性、アーティストの魅力に迫る『MOST VALID REASON』、第三弾はVOLCANO CHOIR。以後お見逃しなく。

 

 

Erykah Badu

SONY MVR
SONY MVR youtube

MOST VALID REASON – Trailer
MOST VALID REASON vol. 1 – NAS “The Word Is Yours”

 

MOST VALID REASON vol. 2 – Behind the Scene