『MOST VALID REASON』vol.7!先日行なわれた「HOSTESS CLUB WEEKENDER」からCARIBOUの登場。

数学の博士号も持つというカナダ出身、現ロンドン在住のダン・スナイスによるソロ・プロジェクトCARIBOU。やっぱ計算が好きなのか、緻密に組み立ててはカタカタ計算し、その音楽性は活動歴と共にカラフルに変化。デビュー当初(MANITOBA名義)は繊細で牧歌的なエレクトロニカ~フォークトロニカでポカポカさせてましたが、以降サイケデリック・ポップ、ディープハウス、テクノ、クラウトロック…などなど様々なエッセンスをカリキュレイトし、商業的にも大成功を収めた前作『SWIM』では、遂に思いっきりダンス・ミュージックにアプローチ。デビュー当初の「お部屋でエレクトロニカ君」は、クラブのフロア、更にはビッグ・フェス(フジロックも!)へと旅立ったのでした。

そして今回紹介する“Back Home”は、2014年に発表した最新作『OUR LOVE』収録のハイライト。80年代英国ニューウェイヴ期を彷彿させる、最もエモいナンバーであると言えるでしょう。センチメンタルなメロディーが淡々と、しかししっかりと主張する涙ソング。歌いながら泣いてても誰も文句を言いませんって。

こちらの映像は4K仕様。カメラ五台を横にし、縦の構図として編集しています。ラストの流れるライティングが美しい!更に涙腺を刺激しています。

※本コンテンツでの4KはフルHDサイズで撮影された映像を縦に使用しており、縦巾の有効素数は1920ピクセル未満となってます。

MOST VALID REASON vol. 7 – Behind the Scene

 

MOST VALID REASON vol.1 – 6

 

vol. 1 – Nas
vol. 2 – Erykah Badu
vol. 3 – Volcano Choir
vol. 4 – Brutal Truth
vol. 5 – OK Go
vol. 6 – Chilly Gonzales

Produced with SONY MVR