ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_top

All photos and text by Tomaso Clavarino

2014年、数千もの人々を惨殺し多国籍軍に追われる過激派武装集団ボコ・ハラムは、チャド、ニジェール、カメルーン、ナイジェリアに股がる水深の浅いチャド湖に点在する、数百もの小島に潜んでいる。

7千万人近くもの人々の水源であるチャド湖。近年、砂漠化の影響で植物や野生生物はそこから姿を消しつつある湖畔の中でも、地域一の貧困地区にあり、以前から食料不足やナイジェリアとの交易禁止により存続を危ぶまれる村々を、ボコ・ハラムは襲撃している。

チャド湖の島々と北ナイジェリアをボコ・ハラムに占拠されたため、約二万人近くの難民と土地を追われた人々が、チャド国内の湖畔、バガ・ソラ付近で避難場所を探している。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、ダルエスサラーム難民キャンプを設営し、彼らを受け入れているものの、生活環境は非常に厳しい。食料不足、疾病に加え、砂嵐、強風、50度にも昇る気温、といった過酷な気候状況が難民たちを苦しめている。

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、人道支援や国際社会からのサポートがまだまだ足りておらず、難民援助に必要とされる資金の三分の一も集まっていないようだ。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_01

ンゴウボワ(Ngouboua)村をパトロールする陸軍兵士。2015年2月に襲撃されて以来ゴースト・タウンのような静けさだ。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_02

ンゴウボワ(Ngouboua)村の住人。2月13日の襲撃で、三分の二もの家屋が破壊された。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_03

チャド湖畔のバガ・ソラ附近をパトロールするチャド軍兵士。首都ンジャメナの政府はこの地域の軍備を強化し、チャド国内のボコ・ハラムに備えている。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_04

チャド軍に降伏したボコ・ハラム構成員の中には、ナイジェリアで誘拐された12歳の少年たちもいた。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_05

何度もボコ・ハラムの襲撃を受けているチャド湖畔の小村、チョウコウ・テリア(Tchoukou Telia)の外れで打ち合わせする兵士たち。一月半前の襲撃では、一般人7名が命を奪われた。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_06

チョウコウ・テリア(Tchoukou Telia)でバイクにまたがる少年二人。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_07

チャド湖畔に散らばるゴミ。汚染はチャド湖が瀕する危機の一大要因だ。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_08

この地域では、牛やヒトコブラクダが主な収入源だ。ここ数ヶ月、ライフルで武装したボコ・ハラムに、大勢の羊飼いが襲われているが、彼らの主な武器は弓矢。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_09

早朝、バガ・ソラ(Baga Sola)の市場。以前は、漁師たちが魚を売っていた。現在、彼らの漁船は、ボコ・ハラムから村を守るため、湖畔に積み上げられている。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_10

村民がバガ・ソラから一時的に離れる際、家族と宴会を催すのが習わしだ。少年はただ食べることを目的に屠殺している。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_11

日没前、ダルエスサラーム難民キャンプでのサッカー。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_12

チャド湖の島々から追われた女性たちはチョウコウ・テリア(Tchoukou Telia)近くの砂漠を歩かなければならない。数千ものチャド人が、ボコ・ハラムから逃れるため、数千ものチャド人が自分の土地を追われている。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_13

バガ・ソラ(Baga Sola)から32キロほど離れた、ダルエスサラーム難民キャンプのテントに集まる、北ナイジェリアから逃れたナイジェリア人女性グループ。現在、このキャンプでは約5千人が生活しているものの、環境は過酷だ。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_14

「国境なき医師団」の援助を受けにフォーコロウム(Forkouloum)からきた人々。

ボコ・ハラムが生んだ難民たちの窮状 チャド湖畔からのフォト・レポート_15

この地域を脅かすのはボコ・ハラムだけではない。砂漠化、気候変動、過剰な灌漑の影響で、チャド湖の面積はここ40年で二十分の一にまで減ってしまった。