パリのシャルリー・エブド襲撃事件に続き、2015年2月14日、デンマークのコペンハーゲンで、過激イスラム狂信者が銃撃事件を引き起こした。自由を謳い、創造性の高さを誇るデンマークで、いったい何が起こっているのか。ヨーロッパに蔓延するイスラムフォビアは、欧州人と移民との共存への径を断ち塞いでしまっているのではないのか。事件直後のコペンハーゲンからのレポート。

原題:HATE IN EUROPE: COPENHAGEN KILLINGS (2015)