ドイツで擡頭する、西洋のイスラム化に抗う政治団体、ペギーダ(PEGIDA: Patriorische Europäer gegen die Islamisierung des Abendlandes)。2014年10月、ザクセン州ドレスデンで始まったPEGIDAによるデモは、回を追うごとに参加者を増やし、2015年1月には25,000人を数えた。欧州偏愛者たちは、何を目的に運動を続けるのか。ムスリムたちは同化のために信条を修正出来るのか、もしくはする必要があるのか。ドイツが直面する問題の萌芽をレポート。

原題:HATE IN EUROPE: GERMANY’S ANTI-ISLAMIC PROTESTS (2015)