日本語字幕のオン/オフは再生中に[字幕]アイコンをクリック!

人口爆発や異常気象などによって、将来的には人類が食糧危機に陥ることが危惧されている。その問題を解決すべく、アメリカ在住のエンジニア、ロブ・ラインハートが栄養食品Soylent(ソイレント)を開発した。これは化学的に調合した粉末状の食品で、水を溶かして飲めば人間に必要な栄養が摂取でき、調理にかける時間とお金も節約できるという。ラインハートは、普通の食事を取ることを否定はしていないが、化学食品だけで人は生きていけるはずだと説く。

そこで、MOTHERBOARDのスタッフであるブライアン・マーチャントが、Soylentのみの食事に30日間挑戦した。毎日粉末を溶かした飲料を飲む姿と、飲んだ感想が画面に流れる。果たして実験は成功するのか。

この映像からは、人が食事することの意味、食糧と政治経済との関連など、多くのことを考えさせられる。毎日の食事がどれだけ大切なことか、改めて気づかされることだろう。

Edited by Yuki Kubota