日本語字幕のオン/オフは[字幕]アイコンから

今年4月に初のソロアルバム『Everyday Robots』を発表したデーモン・アルバーンは7月の日本滞在中、日本科学未来館で限られたファンを招きミニライブを敢行。VICEではそのレポートをお伝えした。今回はライブの様子と終了後のインタビューを収めた独占映像を公開する。

デーモン・アルバーンは1曲目の「Everyday Robots」の演奏を終えた後、「実は、特別ゲストがいるんだ」とファンに語りかけた。目線の先にいたのは、成人女性の見た目をした遠隔操作型ロボット「オトナロイド®」(※1)音楽に合わせて揺れたり、まばたきをしたりと、本物の人間のようだ。

日本科学未来館で様々なロボットと出会ったデーモン・アルバーンは、アルバムのテーマでもある人間とテクノロジーの関係について、インタビューで次のように話している。
「テクノロジーからインスピレーションを受けることも多いけど、怖いと感じることもある。」

本映像で彼の歌声を背景にロボットを見ていると、メランコリックな気分になる。アルバーンがテクノロジーに対して感じている小さな恐怖と寂しさが伝染するかもしれない。

【関連記事】最速レポート!アンドロイドがデーモン・アルバーンのライブを鑑賞?

Text by Kana Inamura