渋谷PARCOを拠点に最先端のポップ・カルチャーを配信するインターネット放送局2.5DとVice Japanのダブル主催イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>が、TSUTAYA O-EASTで開催された。

LAからパンク/ハードコア・スーパーバンドのOFF!が登場。日本からアイドルの固定観念を破壊するBiSとエレクトロ・ヒップホップ・アクトCharisma.com。NYからもチップチューン・バンド、アナマナグチがDJで参戦。会場には生粋のハードコア・ファンからアイドル・ファン、Bボーイ、インディー・キッズまで様々な観客が集った。

キャパ1300人の会場で熱演がスタート

トップ・バッターのアナマナグチは、HALOiDのVJをバックにリンジー・ロウエンド、カシミア・キャット、マクロスMACROSS 82-99などネット系ビート・ミュージックの最新アンセムを繋ぐDJを披露。一方デビュー・アルバムの発売日となったCharisma.comは、代表曲『HATE』を筆頭にブリッブリのエレクトロをベースにしたヒップホップで日常のフラストレーションをぶちまける。続いて7月に横浜アリーナ公演での解散が決まっているBiSが登場すると、観客がフロアに殺到。デスヴォイスを駆使した『IDOL is DEAD』を皮切りに攻めのセットで会場にモッシュやダイヴを生んでいく。途中、ファーストサマー・ウイカに誕生日プレゼントが渡された他、NIGO®が監督を務めた『nerve』のMVも初解禁。ラストは『レリビ』で締めると、ファンから最終シングル『FiNAL DANCE / nerve』のオリコン・ウィークリー4位に寄せてメンバー全員に花束も渡された。

1 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

アナマナグチ

2 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

Charisma.com

3 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

BiS

ヘッドライナーはOFF!

そして今回が初来日となったOFF!は、約1分台の高速パンク・チューンを次々に披露。ブラック・フラッグの初代ヴォーカリストであり、ドラッグ問題で解雇されて以降はサークル・ジャークスで活動したキース・モリスを擁するバンドのレパートリーに、2分以上の曲はほぼ存在しない。新作『Wasted Years』からデビュー作『OFF!』『First Four EPs』まで鉄のように重い楽曲を連打すると、興奮した観客がステージに上がる一幕も。MCでは「カレシハイマスカ?」「ワタシハコンドームヲカッテマス」と日本語で笑いを誘い、サークル・モッシュなども生みながら最後まで爆音で突っ走る。

4 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

5 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

OFF!

イベント名の<THE OTHER NEWEST ONE>とは、70年代後半~80年に活躍したLAパンク・バンド、ジャームスの楽曲のひとつ。そしてこの日、彼らと共に西海岸パンク/アメリカン・ハードコア=USオルタナティヴの源流を築いたキース・モリスを擁するバンドは、アイドルを筆頭にした日本のポップ・カルチャーやインターネット文化と融合。イベント名にも通じる、「もう一つの新しい今」を創り出していた。

6 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

7 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

8 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

9 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

10 異色イベント<THE OTHER NEWEST ONE vol.1>レポート。OFF!、BiSらが競演!

Viceでは、今後も様々なイベントを企画していく。

Text by Jin Sugiyama