アート・バーゼル香港の話題作
高さ490メートルの高層ビルを点滅する光で包み込む

高層ビルが立ち並び、ネオンが輝く香港、金融都市としてのイメージが、近年アートでも注目を集めている。2014年5月15日~18日の4日間にわたって、アジア最大級のアートイベント<アート・バーゼル香港>が開催された。このイベントで、Alva Notoとしても知られるドイツのサウンド・ビジュアルアーティスト、カールステン・ニコライは高さ490メートルのインターナショナル・コマース・センター(ICC)のビル全体を巨大な灯台のように見立てた作品『α(alpha plus)』を発表した。光のインスタレーションを組み込み一定の周波数を同期させ、パルス(※3)を放ちセンター全体を点滅させるという仕組みだ。

15日に行われた初披露で同作品は、1時間弱の間眩しく点滅するきらめきと拍動するサウンドで辺り一面を覆い尽くした。ICCの真向かいに位置する埠頭Pier4で行われた平行光線ショーは、作品をさらに際立てた。幾何学的に水平に点滅を繰り返すスピーカーサイズの巨大な光構造をミニマルテクノのビートとシンクロさせ、ビル全体をいつもと全く異なるアートに仕立て上げたこの作品は、ベルリンを拠点に活動するニコライのBerghain(ベルグハイン)(※4)的な一面をも彷彿とさせる。

プロジェクトのコンセプト

プロジェクトについてニコライは「人間の神経作用を光の点滅で表したもの」だと語っている。光のインパルスが、オーディエンスのムードやクリエイティビティにどう影響を与えるかを探りたいのだとか。科学的には証明されなくとも、そびえ立つICCタワーを絶え間なく上下するまばゆい光は、道行く人々に影響を与えたに違いない。蛍光灯の光をビル中の窓に点してそびえ立つ巨大な建物は束の間、光とそれにシンクロして響く電子音により、まばゆいネオンで包み込まれたアート作品に創り替えられた。

この夜口数の少ないニコライからプロジェクトの詳細を聞くことは出来なかったが、ビジュアル構成を見ればニコライが好むところのランダムで自己組織化されたパターンを基軸にしていることが分かる。

光のインスタレーションを終えたニコライは、香港のアーティスト、ナディム・アバス(Nadim Abbas)によるインスタレーション作品『Apocalypse Postponed』に立ち寄った。貯蔵庫に見立てたインスタレーション内でABSOLUTウォッカを使ったカクテルが飲めるというコンセプトのこのアート・バーで、DJをするためだ。そして、今しがた自らの作品がオーディエンスたちに与えたインスピレーションどおりの、フルスロットルのトランスをかけ続けた。

1 香港の高層ビルを点滅する光の灯台へ転換したカールステン・ニコライのアート

2 香港の高層ビルを点滅する光の灯台へ転換したカールステン・ニコライのアート

3 香港の高層ビルを点滅する光の灯台へ転換したカールステン・ニコライのアート

光のインスタレーションは17日までの3日間行われ、ICCが面する九龍のビクトリア・ハーバーと香港のカルチャーの中心地は、ニコライの作品が放つまばゆい光に照らされ続けた。常に斬新な世界観を見せてくれるニコライの次なるプロジェクトにも、また新たな期待が寄せられる。

ニコライの作品について詳しくは、彼のサイトで見ることができる。

Translated & Edited by Rieko Matsui