日本語字幕のオン/オフは[字幕]アイコンから 

 

RANDOM ACCESS MEMORIES VOL. 4、ゲストは皆様お待ちかねのPHARRELL WILLIAMS。ポップ・ミュージックを知悉し、肝胆相照らす仲の両者。その馴れ初め、両者が共有する音楽観、作品に対する想いを、嬉々として語るファレルの姿、ファンのみならず必見。ジョークは滑ることもあれど、間違いない音楽センスに裏打ちされた彼の発言には要注目。もう少し話を聞きたい、と思ってしまう、程良い長さの第四回。お楽しみ下さい。

前回のテキストにご立腹の方もいらしたでしょうが、今回のPharrell Williamsをご覧になれば、ご立腹されたことを恥じていただけるでしょう。

 

DAFT PUNK: RANDOM ACCESS MEMORIES VOL. 1 – GIORGIO MORODER
DAFT PUNK: RANDOM ACCESS MEMORIES VOL. 2 – TODD EDWARDS
DAFT PUNK: RANDOM ACCESS MEMORIES VOL. 3 – NILE RODGERS