飲み会前、コンビニでヘパリーゼを買おうと手にしたら、「あっ…」って感じで、同じように買おうとしていた20代後半くらいのお兄ちゃんと手が触れ合いました。「…すいません」なんて会釈されて、好青年だなぁと思っていたら、今度は店頭でヘパをグイ飲む彼の姿。「…どうも」なんて、またまた会釈。お互い飲み過ぎには注意しましょう。『おっさんずラブ』最終回でしたね。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

緒方大輝(おがた だいき)さん 26歳:無職  

緒方さん、ステキな髪型ですね!

ありがとうございます。今日のために切って参りました。

イケメンですね!

いえ、いえ。ありがとうございます。

そして、お話し方も柔らかい。ソフト。

ありがとうございます(笑)。

現在、お仕事をしていないのですか? 

はい。働いておりません。無職です。それもありまして、職探し及びスポンサーになってくれるような人の目に留まれば、と思い応募した次第です。

ふーむ。スポンサーですか。無職になって、どれくらい経つのですか?

2ヶ月半くらいです。

ご実家暮らしですか?

いえ、違います。

じゃあ、生活費とかは、どうされているんですか?

えーと、働いていたときの貯金を切り崩したり、最近は女の人の家にいたり…

オオー!!

いえ、その、本当は墨田区のシェアハウスに住んでいるのですが、あまり良い感じの空間ではないので、今は仲良くしていただいているお姉さんのところにおります。南阿佐ヶ谷です。

では、無職になったタイミングで、南阿佐ヶ谷の素敵なお姉さまが現れたと?

いえ、その、お姉さんと知り合ったのは1ヶ月前くらいで、その前は…

ん? その前??

その前は、お医者さんのお姉さんのところにいました。

オオー!! オオー!! もしかして『きみはペット』系ですか?

いえ、そんなことはないんですけど(笑)、それ以前は、普通に女子大生とおつきあいして…いえ、3人同時進行でおつきあいさせていただいておりました。もちろん全員に公認です。

公認って(笑)。とんでもないモテ太郎じゃないですか。

いえ、そんなことありません。僕からいくほうが多いです。

では、南阿佐ヶ谷のお姉さまに至る経緯を教えてください。

まず、2、3年前にtwitterで知り合った女性がいるんです。その方は既婚者なので、ゴハンに行ったり、お茶をするような関係なのですが、僕が無職になったとき、twitter上で〈無職の若い男の子がいます。暇な人、ごはんでも食べさせてあげて〉みたいなツイートをしてくれたんです。

〈飼い主さん募集中!〉じゃないですか。

そこから4、5人くらいのかたとやりとりが始まりました。

4、5人!!

Amazonの欲しいものリストを載せてもらったら、ギフト券やビールとか、フルーツグラノーラなどを送っていただきました。

すげえ、フルグラまで(笑)!! ちなみに、そのとき、緒方さんのお顔は出していたんですか?

いえ、まったく出していません。

むー、そんな話あるんですねぇ。で、どうなりました? 

1番最初に紹介してもらったのは、静岡在住のOLさんだったんです。バリキャリで、年収2000万円くらいあるというかたで。

来たー(笑)。

これはもう完全に飼ってくれるな、と思いました。

〈飼う〉って、いっちゃってますよ。

それで静岡を訪れて、デートもしたんですが、性格があまり合わなかったんです。

フムフム。

ただそのときに、マッチングアプリでたまたまマッチした人がいまして…。

色々やっていますね(笑)。

その方が、さっきいった女医のお姉さんでして、やり取りをするうちに仲良くなりました。

静岡が無駄にならなくてよかったですね(笑)。でも女医さんともお別れしたんですよね?

はい。 鎌倉デートをする予定で、前日は大船のホテルを取ってくれていたんです。そこでお寿司を食べて、お酒も飲んですごく楽しく過ごしたのですが…僕、ちょっと、酒癖が悪いようでして。

あらー。どんな風になるのですか?

僕自身は、記憶とんだりでわからないんですけど、気が大きくなったり、言葉遣いとかが〈粗暴〉になるようです。ただ、殴ったりは絶対にないです。

ソフトからバイオレンスに?

そうかもしれません。それで、飲み食いしたあたりから、記憶が無いのですが、朝起きたら、僕ひとりでした。お姉さんはいなくなっていて、置手紙がありました。「大輝くんのことを嫌いになったわけではないけれど、お酒を飲んでから少し嫌な気持ちになることが多く、明日は楽しめないと思うので一緒に鎌倉には行けません」との趣旨が書かれておりました。大変凹みました。絶望の果てです。

絶望の果てかー。そして南阿佐ヶ谷のお姉さまですか? 

はい。その件のあと、すぐに南阿佐ヶ谷のお姉さんを紹介していただきました。

準備がすごい!! 先回りの天才!!

そこから遊ぶようになりまして、現在は、南阿佐ヶ谷でお世話になっています。

お小遣いとか貰っているんですか?

いえ、それはありません(笑)。ただ、僕がご飯をつくって、帰りを待ってるスタイルなので、材料費はいただいています。

可愛いなぁ(笑)。それにしても、ここまでが最近2、3ヶ月の話ですもんね。これはたくさんありますね。今日は楽しみですね。

すいません、今、ここまで話して、本当に自分はダメ男なんだと認識しました。

そんなことないですよ。いや、そんなことあるか(笑)。

はい(笑)。

大輝くん、ご出身はどちらですか?

佐賀県の佐賀市です。

あら、九州。宮本さんもね。

(カメラマン:宮本さん)僕は熊本ですよ。

そうなんですね、僕も熊本の黒髪に住んでいた時期があります。熊本大学の看護科の子の家に3ヶ月ほど。

はい(笑)。あとでじっくり教えてください。ちっちゃい頃からモテモテだったんですか?

いえ、本当にまったくモテませんでした。普通の子供です。

真面目な子だったんですか?

そうですね。中学までは勉強もできました。あとはバスケットボールをやったり、ポケモンをやったり、本当に普通の小学生でした。

女子系はまったくだったんですか?

はい。皆無でした。

じゃあ、中学生になってからモテモテですか?

いいえ、それもないです。そのままです。

なにをやっていたんですか?

バスケも続けていたのですが、塾に入ったら、勉強が楽しくなったんです。それで勉強ばかりしていたら、普通の公立中学なんですけど、学年で1番になったりもしました。

すげえじゃないですか! でもモテモテじゃなくても、好きな子とかはいたでしょ?

いいえ、いませんでした。本当に女子関係はなにもありませんでした。

それが女医コースを目指す子になるんですから不思議ですねぇ。

ああ、そうですね(笑)。

じゃあ、高校はいいところに入ったんですか?

はい。佐賀県では1番上の高校です。でも、そこからちょっとダメになってきました。

あ、始まったのですか?

女の子関係ではないんですけど(笑)、入学してすぐに、上位500人の名前が発表される県下一斉テストがあったんです。それで僕は、501番とかだったんです。

いや、それでもすごいじゃないですか。佐賀県内で501番でしょ?

でも、それがすごく悔しかったんです。これまで中学ではトップを取っていたのに、500番にも入れなかったので。それで、「このままではまずい」と思い、高校入学前の春休みから練習に参加していたバスケ部への入部も辞めて、ひたすら勉強しようと決意したんですよね。

エライじゃないですか。

…ただ、そこから勉強しなかったんです。全くしなくなって、怠惰に怠惰を重ねた生活を送るようになりました。(笑)

なにをしていたんですか?

友達と週3くらいでカラオケばかりです。

なにを歌っていたんですか?

ELLEGARDEN、アジカン、Acid Black Cherry、マキシマム ザ ホルモンとかです。

楽しそうなカラオケですね!

楽しかったです(笑)。あとは友達のバンドにくっついていたり、マンガを読んでたりです。

それが高1くらい?

いえ、高校3年間ずっとです。本当にそれだけです。

あらー。じゃあ女の子も?

おつきあいとかは、1回もありませんでした。ただ、小学校のときの同級生が、同じ高校に入学したんですけど、その子がとても可愛くなっていたんですね。その子を3年間ずっと追いかけていました。5〜6回は告白したんですけど、まったく相手にされず、フラれ続けました。最後のほうは、笑いながら「ムリムリムリムリ!」っていわれていました(笑)。

イケメンなのにねぇ(笑)。

その頃、僕パンパンだったんです。80キロ近くありました。実家が飲食店だったのですが、毎日のおやつが、おにぎりとからあげだったんです。

アハハハ!!

小学生の頃から高3までそれを毎日食べていたら、さすがにパンパンになりますよね。(笑)。

確実になりますね。じゃあ、カラオケ、マンガ、おにぎり、からあげ、そして「ムリムリムリムリ!」…だけの3年間だったと?

はい。全然楽しくなかったです。暇な時間が多過ぎました。

だったら、勉強すればよかったのに(笑)。進路はどうしようと考えていたのですか?

志ばかり高くて。高1の頃、『ドラゴン桜』をやっていたんですよ。

アハハハ!!

はい(笑)。あのドラマにハマりまして、これは「東大だな」って思っていました。勉強はしていないのに、進路希望には、いつも〈東京大学〉って書いていました。

 「アイツらよりは出来る!」って(笑)?

はい。作中では偏差値3のヤンキーとギャルが1年間で東大を目指すんです。でも僕は、中3まではちゃんとしていたし、英語はボチボチできていたので、“半年もあれば余裕っしょ” と思っていて…

ステキだなぁ(笑)。

もちろん無理でした。途中でわかりました(笑)。

はい、それで?

東大は諦め、両親は佐賀大を薦めていたのですが、僕は東京に行きたかったので、慶応と早稲田を受けました。ですけど、もちろん落ち、佐賀大もダメで、福岡の専門学校に行くことになったんです。

へぇー。どんな専門学校ですか?

大学に編入できる専門学校です。

予備校とは違うんですか?

違うんです。編入できた場合、ストレートに大学3年生になれるんです。そこで慶応、早稲田を目指せばいいんだ、と思っていました。しかし、2年間まったく勉強しませんでした。

アハハハ!! もう、どうしちゃったんでしょうね(笑)。なにをしていたんですか?

先ほど申しました熊本大学の女の子とつきあい始めました。

お! 遂にスタートですね!! 楽しみー!

その子は高校の先輩で、佐賀の看護学校に通っていたんです。mixiで繋がって、つきあうようになりました。看護学校卒業後に、僕と同じ専門学校にも通って、彼女は熊本大学に編入したんです。

大輝くんは?

もちろん、どこにも受かりませんでした(笑)。

はい(笑)。どうしたんですか?

専門学校も卒業したので、友達の紹介で、佐賀にある高級クラブでボーイのバイトをしていました。

おおー、なんとなくニオイが近づいてきましたね! 大学はあきらめたんですか?

いえ、「もう1年頑張る」と親にはいっていました。でもやはり勉強はしませんでした。

はい。もう慣れてきました(笑)。

それで最後の大学受験も終わりまして。で、もちろん失敗しまして、そのあとは熊本の彼女のところにいたんですが、あまりにも僕が働かない、そして浮気をする…

おっ! 始まっていたんですね! なにかきっかけがあったんですか? それまで「ムリムリムリムリ!」だったでしょ? 痩せてきたとか?

そうですね、高校卒業後くらいから、走るのが好きになり、筋トレとかもやるようになったので、かなり痩せました。あとは勉強をしていなかったので、mixiとかモバゲーとかtwitterとかで知り合った女の子とやりとりを始めていたんです。そこで仲良くなった女の子と会うようになりました。

で、自分がこんなにモテるということに気づいたと?

いえ、最初は本当に会うまでが大変でした。失敗、失敗の繰り返しです。

はい(笑)。

これまでは女の子と話すのも苦手で、恋愛の経験もほとんどないですし、どうしたらいいのかわかりませんでした。でも時間をかけてやっているうちに、だんだんと女の子と会えるようになってきたんです。

そりゃあ、勉強する時間もありませんよね(笑)。で、そんな大輝くんに熊本の彼女もブチ切れたんですか?

はい。「もう無理です」と、三行半を突きつけられまして、僕は実家に戻りました。

お父さん、お母さんの反応はどうだったんですか? もう、おにぎりもからあげもつくってくれなかった?

はい。ご飯も出なくなりました(笑)。

次ページはコチラ。