来日してからは、どちらに住んでいたんですか?

吉祥寺です。大学時代の友達が井の頭公園の近くに住んでいたので。

日本の印象はどうでしたか?

すごく魅力的でしたね。最初は1、2年で帰る予定だったんですけど、たくさん友達もできたし、日本語も一生懸命勉強したので、このままいようと思いました。

そして、ご結婚。いつされたんですか?

2年前くらいです。

奥様とは、どこで知り合ったんですか?

大家さんの紹介です。

んん? 

部屋を借りたいと思っていたときに、友達が紹介してくれた大家さんが、奥さんも紹介してくれたんです。

スーパー大家さんですね! サミエルさんのひと目惚れ?

ひと目惚れではありませんでしたが、最初からお互いに好きだったと思います。いっぱい話している内に、絶対、嘘をいわないし、信用できる人だとわかって、もっと好きになりました。

奥様とはすぐにおつきあいするようになったんですか?

そうですね。家を行ったり来たりしているうちに、一緒に住み始めました。

奥様のご家族へのご挨拶はいかがでしたか?

お母さんはすごく怖かった(笑)。というのも、お母さんは大の巨人ファンで、初めて会った日の試合、巨人は負けてしまったんです。それでお母さんはすごく機嫌が悪かった、怖かった(笑)。「誰、この外国人?」って。ビビりましたね(笑)。最初は難しそうなお母さんだと思ったけど、そのあとカラオケにも行って、楽しかったです。お母さんは、とても面白い人。今では仲が良いです。

奥様もサミエルさんのご実家には行かれたんですか?

去年行きました。お母さんも一緒に。ふたりとも初めての海外でした。お母さんは、英語が全然ダメですけど、本当に頑張って覚えようとしてました。発音が違うから、全然通じなかったけど、陽気な人ですから、大丈夫でしたよ。だけど食べ物はダメだった。「これは最悪だよ。こんなにしょっぱいものは食べられないよ」って(笑)。

奥様のご実家はお近くなんですか?

はい。私たちは戸越銀座、お母さんたちは武蔵小山ですから、歩いて15分くらいですね。

そして、たまに居酒屋も手伝って。

はい。

楽しそうな毎日ですね。

はい。いい生活していると思う。やっと幸せもらえた(笑)。安定した幸せですね(笑)。

さて、ミュージシャンとして、目標や夢はありますか?

ひとつだけ答えるのは難しいですね。でもやはり、良い作品をつくりたいというのが1番です。良い作品というのは、ライブのこと。レコーディングした作品もいいけど、やっぱりライブが最高だと考えています。たくさんの人に、つくった楽器の生演奏の良さを伝えたいです。

ちょっと偉そうなこといいますけど、サミエルさんの割り箸ピアノには、楽器の物珍しさとか、新鮮なパフォーマンス以上に、純粋な楽曲の素晴らしさを感じました。曲として、スッと耳に入ってくるような。

ありがとうございます。そうなんです。目立つためにやっているわけじゃなくて、音色が他の楽器と違うものになるから、自分でつくっているんです。

自分の理想の音を求めたら、割り箸ピアノができたってことですか?

はい。ずっとピアノをやっていて、確かにピアノは素晴らしい楽器だけど、もっとギターみたいに細かい動きができて、直接弦に触れて、チョーキングができればいいと思っていました。なので、楽器を自作するのは、どこの国の楽器かわからない、新しい世界観の音楽をつくりたかったからなんです。

なるほどー。それをみなさんに生で観てもらいたい?

はい。

そしてビッグになりたいと?

いえいえ、ビッグになり過ぎたくないし、なれるとも思っていません(笑)。カニエみたいだったら大変だな。

またカニ!

もちろん、たくさんのいいステージに出たいですけど、小さい存在でいたいです。

日本以外での活動は、いかがですか?

考えています。レーベルをやっているドイツ人のエレクトロニカ系ミュージシャンから、リリースのオファーがあったんです。私のLPを出したいって。これから録音するんですけど、それが完成したら、海外でのライブも実現しそうですね。

割り箸ピアノ、飛行機で運べるかしら?

今、使っているのはコンパクトですから、キーボードケースに入りますよ。

メンテナンスも大変そうですが。

はい、色々大変ですよ。もうちょっとちゃんとつくりたい。そのためにも勉強しています。この楽器のもうちょっと小さいバージョンをつくりたいので、チェンバロの工房を訪問しようと計画を立てています。そこは、60歳くらいのおじさんが工房を持っていて、弟子が何人かいて。何百万かするような立派な鍵盤楽器をつくっているんですよ。

へぇー、それは日本にあるんですか?

はい。その工房とは仲良くさせていただいておりますので、色々と教えてもらおうと思っています。

じゃあ、これからも日本を拠点に活動する予定ですか?

はい。子供が生まれたら、ちょっとは考えるかもしれませんが、これからも日本にいると思います。本当に日本の文化が好きなんです。お祭りも、言葉も好き。

はい。

漢字も好き。いつかおじいちゃんになったら書道もやってみたいです。書道面白え(笑)。

面白え、ですか(笑)。

はい、キレイですね。書道アーティストとライブペインティングでコラボとかもいいですね。

膨らみますねぇ!

はい、はい。そして日本の音楽も好き。

誰が好きなんですか?

切腹ピストルズ(笑)。あと美空ひばり。本当に素晴らしい。

屋根から飛んで骨折してた子が、まさか日本でこんなことになるなんてねぇ。

はい。思ってもいませんでした(笑)。本当に色々経験できて良かった。幸せです。

 

※「Who Are You?」では、インタビューを受けて下さる方を募集しています。自薦、他薦、構いません。お名前、ご年齢、性別、お住まい、ご職業、応募の動機を明記の上、こちらまでお問い合わせください。