週末夜のスーパー。おふたりのイケてる女性。これからしっぽりとホームパーティーかな。ごめんなさい、買い物カゴを覗きましたところ、赤ワイン、ローストビーフ、海老しんじょ。そして、「わー! 素敵なシールのコーナーですよ!」おそらく後輩さんであろう女性の目線の先には、お寿司の30%OFFコーナー。でも、おそらく先輩であろう女性は、ピザのコーナーにいました。お寿司の声、届いていたかな。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

須藤康隆(すどう やすたか)さん 39歳:契約社員 

須藤さん、本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

応募動機がとてもシンプルでした。「モテたいから」と。

はい、ええ、はい。

すいません、「モテたい」というので、もうちょっとブーちゃんなのかなぁ、と勝手に思っていたのですが、とても渋くてステキですね。

いえ、そんなことはありません、そんなことは(笑)。

やっぱりモテたいんですか?

はい(笑)。

今ですか?

そうですね。

須藤さんがおっしゃる理想の〈モテ〉具合を教えてください。

…ジローラモみたいな。

わかりやすいです! 

はい。やっぱり、ちょいワルって憧れます。

須藤さんは、ちょいワルではないと?

はい。ちょいショボです。いや、ただのショボです。

うまいこといいますね! やっぱりジローラモになって、お姉ちゃんをなんとかしたいんですか?

まぁ、上質なお時間が過ごせればと。

ほほう! そのお時間を教えてください!

まぁ、女性と一緒にお酒を楽しむようなことです。最終的にカラダ的なこと云々ではありません。その場の会話を際限なく進められるようになるのが理想です。

どんな会話をする予定ですか?

そこまで考えてはおりません。

はい(笑)。ちなみにこのコーナーに出れば、モテると期待しているのですか?

知名度は増しますよね?

まあ、そうかもしれませんけど、何名か、こちらで恋人募集みたいなことをやったのですが、おそらく成果は出ていないはずです。

そうなんですか。全然なんですね。

はい、全然です。すいません。

そうでしたか、そうでしたか(笑)。

じゃあ、現在付き合ってらっしゃる方は

おりません。ひとりものです。

どんな生活をしてらっしゃるのですか?

お察しの通り、寂しくて、わびしい生活です(笑)。

はい(笑)。お住いはどちらですか?

横浜の南区です。最寄駅は、地下鉄ブルーラインの吉野町になります。

あ、終点は湘南台ですよね。リサコさんが住んでらっしゃるところ。女子大生はいかがですか?

嬉しいです。女性大生にもモテたいですよ、辛く(笑)。

現在は、おひとり暮らしですか?

はい。給料もそんなによくありませんし。はい、わびしいですよ(笑)。

お仕事は、なにをしてらっしゃるんですか?

ケーブルテレビのテクニカルサポートです。

ああ、テレビとかが映らないときとかに、お助けしてくれるヤツですか?

はい。おじいさん、おばあさんから電話がたくさんかかってきます。

帰宅後は何をしてらっしゃるんですか?

ひたすらお酒を飲んでいますね。

ひたすら何を飲んでいるんですか?

ビールです。ずっとビールを飲んでいます。

毎晩、どれくらい飲むんですか?

2リットルくらいです。

2リットル!!!! ちょっと大丈夫ですか! 痛風とかは? リサコさんもやばそうでしたよ!!

今のところは大丈夫です(笑)。

500m x4本ってことですよね? 

はい。

銘柄は?

サントリー金麦です。

じゃあ、冷蔵庫のなかには、金麦がいつも控えているんですか?

いえ、あればあるだけ飲んでしまうので、4本以上はキープしないようにしています。その日のうちに飲む分だけ買って帰ります。

偉いですね! いや、偉くないか。じゃあ、ご自身でおつまみも用意して?

基本的に飲んでいるときは、なにも食べません。お酒があれば大丈夫です。

夕飯は食べないのですか?

うーん、基本的に飲むと眠たくなってしまうので、眠気が出てきたら、サッと食べて寝るようにしています。

なにを食べて寝るんですか?

焼きそばですね。

アハハ!! ペヤングですか? UFOですか?

いえ、フライパン系です。マルちゃんとか。

ああー(笑)。具を教えてくださいますか。

ソーセージですね。

はい(笑)。じゃあ、テレビでも観ながらゴクゴクと?

テレビではないですね。音楽をかけています。

なにをかけながら、金麦を飲んでいるんですか?

ピクシーズです。

アハハ!!!!!!

はい(笑)。最近は『ドリトル』です。アハハ!!!!!!

アハハ!!!!!! 最高ですね! でも、須藤さん、もしかして、ちょっとアルコール依存症入ってます?

うーん、ちょっとあるかもしれませんね(笑)。でも前はもっと酷かったんで。

あらー、その辺も今日は教えてくださいね。

はい(笑)。

須藤さん、ずっと横浜ですか?

いえ、仙台の出身です。大学を卒業してから横浜に来ました。

どんなお子さんだったのでしょう?

キン消し、ビックリマン、ファミコン…でしょうか?

はい(笑)。

あとは、うーん…。小学校の頃ってあんまり覚えていないんですよね。母親がやたら〈ボンバーマン〉がうまかったことは覚えています。

お母さんったら(笑)。ご実家のお仕事は?

喫茶店だったんです。夜はちょっとバーになるような。

ナポリタンとか!!

そうですね(笑)。あとは鴨肉のソテーとか。

おしゃれですね!!

お昼は母親、夜は父親が仕切っていました。

じゃあ、須藤さんもおしゃれソテーを食べて成長したと?

うーん、どうでしたでしょうか。あんまり覚えていないもんですね。すいません。

いつ頃なら覚えています?(笑)

中2くらいでしょうか。

じゃあ、そこからお願いします!

陸上部に入っていたのですが、その頃から音楽を聴くようになりました。

お! ピクシーズ?

いえ、その頃は王道のメタルとかハードロックですね。メタリカとか…

はい!

パンテラとか。

パンテラは王道かなぁ(笑)。

『俗悪』とかがリアルタイムでしたので(笑)。そこからどっぷりと音楽だらけの生活になりました。

ご自身でバンド活動とかもやっていたんですか?

ギターを始めたんですけど、バンドは高校に入ってからですね。

それはやはりパンテラ的な?

いえ、それがまったく違って、ファンク・バンドです。ジェームス・ブラウンとかスライのカバーとか。

んん? なんでそんな流れになったのですか?

子供たちにバンドをやらせていた大人がいたんです。ジャクソン5みたいに親が仕切って。

フムフム。

当時、僕はテレキャスターを持っていたのですが、フェンダーではなくて、セイモア・ダンカン製だったんですね。ファンク親父の息子が高校の同級生だったので、そこで目に止まり、スカウトされたんです。

でもパンテラから、いきなりファンクでしょ? どうでしたか?

はい、大変でした。それまではバリバリのパワーコードで、「俺は弾ける!!」と思っていたんですが、ファンクはまったく弾けなかった。めちゃくちゃ難しかったんです。でもやっているうちに、その難しさが面白くなり、自分の幅もどんどん広がっていったので、そこからはさらに音楽中心の生活になりました。

でもバンドマンだったらモテるでしょ。高校は共学だったんですか?

いえ、工業高校だったので、女の子がまったくいなくて。

あらー、じゃあ、その頃からモテたかったと?

いえ、そんなこともなく(笑)。なんていうんでしょうか、当時はストイックにやっていたはずです。とにかく最初はファンクが苦痛だったんです。パーラメントとかも「わかんねぇー! 面白くねぇー!!」って感じで。でもスパルタでやらされているうちに、どんどんハマっていったんです。ですから一生懸命、音楽のことばかり考えていましたね。

悶々としなかったですか?

そこは適当にエロ本とか見ていましたから大丈夫です(笑)。そんなに性欲が強い方ではありませんでしたし。今でもそうだと思いますよ。

あら! ジローラモを目指しているのに!!

ああ、そうでした(笑)。

次ページはコチラ。