WAY_Terasawa01EYE

All photos by Susie

近所に体育大学があるので、柔道部の寮とかもあるんです。で、かなり頻繁に柔道さんたちとコンビニで会うのですが、「おまえ何買うの?」「カルボナーラです。先輩は?」「まだ決まんない。決まるまで待ってて」「押忍!」なんてのがありつつ、先輩は立ち読み始めちゃったりします。楽しそー!

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

寺沢良行(てらさわ よしゆき)さん(52):飲食店勤務

まいどー、紫金飯店ですー。

お仕事終わりにわざわざありがとうございます。今回はいつも出前でお世話になっている中華屋さん紫金飯店(シキンハンテン)原宿店の寺沢さんです。いつも遅くに注文しちゃって申し訳ありません。

いえいえ、毎度ありがとうございます。

寺沢さんは、紫金飯店でのお勤めは長いのですか?

長いですよー。かれこれもう20年かな。

わあ、もうこの地域のマスターですね!ご出身はどちらなのですか?

北海道の夕張です。メロンの夕張ですね。

では今52歳でいらっしゃるから、30歳位のときに東京に来られたのですか?

いえ、これがちょっと、まあね、ありまして。札幌学院大学のときに軽音楽部に在籍していまして、そのまま音楽やろうと上京したんですよ。

では音楽をやるために東京に?

はい、そうです。それで2年後にメジャー・デビューしちゃったんですねぇ。

ええ!?ちょっと待ってください!!いきなりそんな展開!もっと詳しくお願いします!

ちょうどバンドブームでしてねぇ。

イカ天とかの頃ですか?

それよりちょっと前です。同期がパーソンズとかザ・プライベーツとか。本当にね、東京がグラングラン揺れていた時代ですよ。熱かったなぁ。ブルーハーツとかね、凄かったですよ。

WAY_Terasawa02

でもそれで上京ってかなり勇気のいることですよね。

まぁ、そうですね。ただ最初私はメンバーではなかったんです。先に先輩のバンドが上京したんですね。そしたら「本気で音楽やりたいのなら、東京出てきた方がいいぞ」と言われまして、私も大学を中退して上京しちゃったんです。

ミュージシャンになろうと思ったきっかけは?

中学のときに吉田拓郎を観に行ったんですよ。そしたらまわりの大人のサラリーマンがみんなスーツをグルグル回しながら「ウォー!」ってねぇ。「これで明日からも頑張れるでやぁ!」って。ああ、こんなにみんなを熱くさせる職業っていいなぁーなんて思ったんですねぇ。それがきっかけかもしれないです。

上京の際、ご両親にはなんて言ったのですか?

いやぁ、もう何も言わずにね。家出する感じで。カッコイイでしょ?ROCKでしょ?

(笑)!

今考えると悪いことしたなぁ、と思いますよ。俺が親だったら殴り倒してますね。

上京して、寺沢さんはどのように音楽活動を始めたのですか?

最初は何もしないで、その先輩のバンドにくっついていたんです。ローディーみたいな感じ?そしたら何が起こるか分かりませんねぇ~、あるライヴの日…ルイードだったんですけど、メンバーが病気で出られなくなったんです。そしたらリーダーが「じゃあテラ、お前何もしなくていいからステージに立ってろ」と。「キーボードを弾くフリしとけ」と言われたんです。それで弾いてるフリしてたら、その日のライヴを事務所のマネージャーが見てまして、そのままプロ契約ですよ。

スゲー!ちなみにバンド名聞いてもいいですか?

はい、エデンといいます。

わわ!知ってますよ!!スゲエ!!

でもね、プロ契約ったって、俺ちゃんと楽器出来なかったんすよ。軽音のときもヴォーカルとかだったから。でも事務所のマネージャーも「いいよ、それはそれでコミだから」って。

あ、寺沢さん、ルックス担当だったんでしょ?分かる分かる!!

ま、そんな感じかな(笑)。でもね、事務所もすごかったんですよ。「りぼん」でしたから。RCサクセションとかシーナ&ザ・ロケットですよ。それでいきなりメジャー・デビューでしたから、ビックリしたよねぇ。それで実家の敷居を跨ぐことが出来ました(笑)。

ご両親はなんておっしゃってましたか?

「どのツラ下げて帰って来たんだ」なんて感じでしたが、やっぱりデビューは喜んでいたみたいですね。

WAY_Terasawa03

デビュー後はいかがでしたか?

やりましたよー、色々と。事務所も俺たちを「Aプッシュ」扱いだったから、イベントにもたくさん出てねぇ。久保田利伸と永井真理子の間に俺ら…みたいな。いやぁ、よく考えるとやっぱスゲエなぁ。楽屋にブルーハーツが挨拶に来るんですもん。俺たちも「お…?おおう…」なんて。田舎もんだったからねぇ。

女の子にはモテモテでした?

ああ、正直モテモテでしたよ。

(笑)。どんくらいのものでしたか?

東京より、なぜか大阪の方がモテモテだったかなぁ。でもね、街中でサインしたのとかって二回くらいしかなかったですよ。オールナイトフジに出た次の日に。

オールナイトフジ!女子大生にまみれたんですね!

でもねぇ、マネージャーは厳しかったですよ。「中途半端なことはするな!」って。「喰うんだったら、格上のアーティストを喰え!」って。そう言えばレコード会社のパーティーがあってね。同テーブルに佐野量子さんがいたんですよ。武豊さんの奥さんですね。可愛くってねぇ。でもマネージャーが「絶対に失礼なことするなよ!欽ちゃんの事務所だから!!」って。

確かに欽ちゃんはマズイですね(笑)。それでやっぱ「俺、スターに一直線!!」なんて思っていましたか?

いやいや、それどころじゃないっすよ。だって俺なんにも楽器出来ないんだから。ホントに、ホント。だから俺の立ち位置は「パーカッション」だったんですね。

ほほう!

だから練習はしてたんですけど、まぁ、バンド内では一応ルックス担当みたいな感じだったんで、そのジレンマっちゅーか、バランスがキツかったですねぇ。レベッカとかうまかったもんなぁ。プロですよ。恥ずかしかったですよ。

それで、エデンはどれくらい続いたのですか?

活動は4、5年。結局アルバムも二枚だけでしたからねぇ。

失礼ですが、売れました?

そうならなかったですねぇ。ライヴもピークで600人くらいの会場…日清パワーステーションとかでしたから。先輩たちもだんだん苦痛になってましたね。楽しくて始めた音楽なのに、もう楽しくなかったから。事務所とかレコード会社からも色々言われるし。北海道の人間だから真面目なんですよ。全部真に受けちゃうから、なんのために音楽やってるのか分からなくなっちゃったんですね。もちろん素晴しい事務所でしたし、レコード会社もよくしてくれましたけど、ちょっとこっちが参ってきちゃったんですよ。それで3枚目のアルバムに取り掛かろうってときに、メンバーが骨折しちゃって、アルバム制作が一旦中止になったんですね。さらに「普通の生活がしたい」って声も出てきてね。それで「もういいかな」って解散したんですよ。

そのとき寺沢さんは何歳だったのですか?

20代後半ですね。

バンド解散後は、どうされたんですか?

バンドのリーダーがね、洋服屋をやろうと。下北沢に店を出して、一緒にやってました。でもその前に楽器が欲しかったのでバイトも始めていたんですね。それが紫金飯店の六本木店だったんです。その後洋服屋も閉めてしまったんで、そっから紫金一本ですよー。