電車で真向かいに座っていた20代前半くらいの男の子。なんべんもなんべんも千円札を数えていました。あまりになんべんも数えるので、私も一緒に数えてしまいました。50枚、5万円分。「おい、バイト! 両替に行ってこい!!」って、電車で行ったのかしら。今年もお疲れさまでした。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

手嶋慎(てしま しん)さん 39歳:靴メーカー経営者

今日は、宮本さんの先輩がご登場です。

(カメラマン:宮本さん)いや、先輩ではなくて…

あれ? カメラマンの先輩じゃないんですか?

私はカメラマンではありません(笑)。

宮本さん、誰なんですか?

(カメラマン:宮本さん)えっと、僕はフットサルを週に1回やっているんですけど、そこに来ているかたです。

ああ、フットサルのチームメイトですか?

はい、そうです(笑)。

(カメラマン:宮本さん)ただ、あんまり喋る機会がなくて。先輩といったのは、人生の先輩という意味です。

まぁ、たしかにチームのなかでは、最年長です(笑)。

(カメラマン:宮本さん)手嶋さんのこと、ずっと気になっていたので、どんな方なのか知りたくて、今回推薦しました。

手嶋さんのこと、好きなんですか?

(カメラマン:宮本さん)いや、まぁ…。あまり僕は人に話しかけるタイプじゃないので、ちょっとここでお力を借りようと。ラブコールをしました。

手嶋さん、どうですか? 気持ち悪くありませんか?

いえいえ(笑)。僕もそんなに人と喋らないですし、「アイツ、なんなんだろう?」って目で見られているのはわかっていましたから(笑)。まぁ、今回お話をいただいたので、ありがたく受けさせていただきました。

フットサルチームで、飲んだり、打ち上げとかはしないんですか?

ないですね。身体を動かすのが基本ですから。終わったら、そそくさと帰っています。でも最近になって、ちょっとずつ打ち解けてきたかなぁ。

(カメラマン:宮本さん)そうですね。共通の知り合いがいることも最近知りました。

じゃあ、今日はもっと打ち解けて、手嶋さんと飲みに行けるぐらいにしまよう、宮本さん。

(カメラマン:宮本さん)はい、楽しみです。

早速ですが、手嶋さんのお仕事を教えてください。

はい。靴をつくっています。

宮本さん、知っていましたか?

(カメラマン:宮本さん)それくらいは知っていますよ。

個人でつくってらっしゃるんですか?

はい。ブランドをやっています。

なんてお名前ですか?

〈Makers〉といいます。

(サイトを見ながら)うぉー、めちゃめちゃ高そうな靴ばっかりじゃないですか! 革靴ですか? 

はい、革靴がメインになります。

ご自身でコンコンつくられているのですか? 靴職人?

職人というわけではなくて、自分で企画し、材料を買い付けて、デザインをしてから工場に発注しています。

それをお店に卸しているのですか?

はい。全国で30店舗くらいでしょうか。

どの辺のお店ですか?

都内ならバーニーズ ニューヨークとかですね。

バーニーズ ニューヨーク! 宮本さん、入ったことありますか!?

(カメラマン:宮本さん)ありますよ。

(サイトを見ながら)…え、5万9500円!! この靴は高いほうですか?

いえ、いちばん安いほうになります。

マジですか! じゃあ、いちばん高いのはどれくらいするんですか?

12万とか、13万くらいですね。

なにが違うんですか、私が履いている靴と?

皮が違います。

皮!

はい。いちおう、世界でいちばん高い皮を使っているんです。

なんなんですか、その皮は?

〈ホーウィン〉っていう米国のタンナーなんですけど、

すいません、〈タンナー〉ってなんですか?

皮から革をつくるメーカーです。そこのコードバン…馬のケツですね、その部分を使っています。通常の値段の20倍くらいします。〈皮のダイアモンド〉っていわれているんですよ。

ダイアモンドの靴は、年間で何足くらいつくるんですか?

そのタイプですと、200足くらいですね。

他のタイプも入れると、年間どれくらいですか?

800から1000足くらいになります。

おひとりでやられているんですか?

会社自体は、僕ともうひとり従業員がいます。

宮本さん、知っていましたか?

(カメラマン:宮本さん)従業員の数は知りませんでした。

やっぱり、購入者は大人の男性が多いんですか?

まぁ、でも幅広いですよ。上は60歳くらいの方から、下は20代のお客さんもいらっしゃいます。

でもこれって高級靴ってヤツですよね?

そうですね。

いきなり始めて、売れるものではないですよね?

はい。最初はまったくダメでした。

最初から高級靴というコンセプトでスタートされたんですか?

はい。

材料費の調達とかはどうされたんですか? 貯めていたんですか?

いえ、クソ借金です(笑)。でもいちばん最初にやった展示会で、50足くらい売れたんですよ。ツテもなにもなかったから、結局は友達とか知り合いしか呼べなかったんですけど、みんな買ってくれました。でも結局そこから4〜5年は、バイトしながらの極貧生活でした。

でも今は大成功!

いえいえ(笑)。まだちょっと借金も残っていますし。

Makersを始めたのはいつですか?

2009年からです。31歳のときですね。

靴の前は、なにをされていたんですか?

地元で…愛媛なんですけど、そこの洋服屋で働いていました。

では、進学目的で上京されたわけでないんですね。

はい。上京したのは13年前です。

靴屋になろうと思って、上京されたんですか?

いえいえ、まったく(笑)。地元の服屋も辞めて、なんにもすることがなかったとき、東京にいた同級生が「こっちに来る?」と。そのまま20万くらい握りしめて、その友達のところに転がり込みました。

永ちゃんみたいですね。東京でなにかやりたいことがあったんですか?

いえいえ、これもまったく(笑)。なにも考えていませんでした。とりあえずバイトして、生計を立てて。

まったく靴屋さんに届きませんね。どうしてこうなっちゃったんですか? 宮本さん、気になりますよね?

(カメラマン:宮本さん)気になります。

コールセンターでバイトをしていたんですが、そのなかで偉くなっちゃいまして。

ああ、わかります! 私もコールセンターでバイトした経験あるんですが、同じ時期に入ったクセに、いきなり責任者ポストになる同期のバイトいますよね! 手嶋さん、それですか?

はい、それです(笑)。で、気付いたら月50万くらい稼いでいて。

すごい!!

それで自分の部屋も借りて、お金を貯めつつ、バイトをやっていたんですけど、そのコールセンターに、洋服好きの子がいたんですね。僕も好きでしたから、一緒に店でもやるかと。

おおー、近づいてきましたね。

それで高円寺に店を出したんです。友達は服をつくって、僕は古着を買い付けたりしていました。そうこうしているうちに、靴も置きたいって話になったんですけど、僕自身が売りたいと考える靴がなかったんです。

買い付けでは、手に入らなかったと?

それもありますし、僕は根本的に古靴がダメでして。人が履いた靴は履きたくなかった。

アハハ! 本当に根本的ですね!

それで店の権利は相方に譲って、僕は靴の勉強をしようと決めたんです。

おー、繋がった!! どこで靴の勉強をされたんですか? 

バンタンに入りました。27歳のときですね。

27歳の同級生、いました?

いません、みんな年下です。先生が同い年でしたね。

ええ(笑)。

その先生が、靴のデザイナーさんだったんですけど、色々アドバイスをいただきまして。「靴をやるなら浅草でやれ」とか。

ああ、うちの子供のランドセルも台東区で買いました。

はい、皮はやはり東のほうが多いですね。それでバンタン卒業後に、その先生の紹介で、浅草にある靴の企画屋さんで2年間勉強したんです。パターンを引いたり、型を取ったり。

修行みたいな感じですか?

そうですね。で、もろもろ覚えて、自分でつくって、先ほどの展示会に至ります。

ほうー! 人生30前からでもまったく遅くないと! 勇気をもらいましたね!

(カメラマン:宮本さん)ですね。

勢いだけです(笑)。