大好きなサイゼリヤにて。女子大生かな。3人組が夏休み旅行の予定を立てていました。テーブルの上には、ワインと真イカとアンチョビのピザと若鶏のグリルと〈伊豆白浜〉のパンフレット。ああ、今年の夏はフィーバーですね。でも3人組って不利らしいですよ。

日々の生活の中で、私たちはたくさんの人たちとすれ違います。でもそんなすれ違った人たちの人生や生活を知る術なんて到底ありません。でも私も、あなたも、すれ違った人たちも、毎日を毎日過ごしています。これまでの毎日、そしてこれからの毎日。なにがあったのかな。なにが起るのかな。なにをしようとしているのかな。…気になりません?そんなすれ違った人たちにお話を聞いて参ります。

浦豊(うら ゆたか)さん 35歳:ニットコンサルタント会社経営 

浦さんは、社長さんなんですね! 本日はよろしくお願い致します!

よろしくお願いします。社長とはいっても、奥さんが経理担当のようなこじんまりした会社です(笑)。

〈株式会社:糸〉って、素敵なお名前ですね。

糸は束ねると太くなりますし、人と人を繋げるという意味も込めてつけました。

お上手!

それにうちはニットを扱っている会社なので、〈アパレル=繊維〉という意味合いもあります。最初は、商号登録が無理だと思っていましたが、意外にあっさり取れました(笑)。〈株式会社:いとう〉だったらダメでしたけど(笑)。

会社を立ち上げてどれくらいですか?

4年目になります。

それにしても〈ニット〉ってお洒落な言葉ですよね。私は恥ずかしくて〈セーター〉っていっちゃいます。〈パンツ〉と〈ズボン〉、〈アウター〉と〈ジャンパー〉、〈パスタ〉と〈スパゲッティ〉みたいな。

うちがやっているのもセーターですよ(笑)。

具体的に、どんなお仕事をされているんですか?

肩書きは〈ニットコンサルタント〉といいまして、ニットでセーターをつくるための、仕様書や設計図をつくっています。アパレルさんやデザイナーさんが、「こういう服を、このくらいの値段で売りたい」と、イメージを持って来られ、綿の糸を使うのか、ウールの糸を使うのかなど、シーズンにあわせつつ、値段にハマるデザインをうちが提案しています。

浦さんがデザインもされるんですか?

ある程度の雛形は、デザイナーさんが考えて、うちはそのアイデアにプラスアルファの提案をしています。糸商で糸をつくることもできるので、オリジナルの糸を使って製品をつくったりもしますね。

糸商っていうのは、糸屋さんのことですか?

はい。うちはハイセンヰ(株)と提携していまして、「こういう糸を探してください」とお願いし、そこから弊社の協力ニッターさん…ニット生産工場のことなんですけど、そこに生産依頼し、納品までをやっています。アパレルのOEMのような感じですね。

OEMってなんですか? オエム? ワンオートリックスなんちゃらネヴァー?

〈Original Equipment Manufacturer〉といいまして、他の会社のブランドを製造することです。でも、ただのOEMだと面白くないので、うちは様々な提案をしているんです。

だからコンサルタントさんなのですね。昔からセーター…いえ、ニットがお好きだったんですか?

好きではなかったです(笑)。最初はデザイナーになりたくて、文化服装学院のファッション工科基礎科に入ったんですけど、1年目でデザインセンスがないと気がつきました(笑)。その後、ニットデザイン科の就職率が1番高かったので移ったんです。

正直申しまして、ニットについて考えたことはほとんどありません。現在のニット事情について教えてください。

そうですね。うちで扱っているニットは、ほぼ国内生産なんですけど、国内で販売されているニット生産率って、今は1%を切っているんですよ。

少ない! じゃあ0.何%とかなんですか?

はい。国内で売られているニットの、ほとんどが海外でつくられています。国内の生産率を上げたいという気持もあり、うちは国内生産をメインにやっています。

それは、人件費とか経費が高くなっているからなのですか?

そうですね。人件費は、どんどん高くなっています。ですから、ユニクロとかだと、ニットは5〜6千円で売っているんですけど、うちで扱っているのは、だいたい2〜3万円とかしますね。

やっぱり、ユニクロのニットとは暖かさが違うのですか?

暖かいというより、物が良いんです。

物が良いというのは、穴が空きにくいとか?

ニットなので、どうしても穴は空いてしまうんですよ(笑)。物が良いというのは、ニットの目や並び、縫製方法がキレイということです。もちろん、中国製なども良くなってはいますが、やっぱりメイドインジャパンを欲しがるかたは多いですよね。

では、日本のニット工場も少なくなっていると?

はい、少なくなっています。ただ僕は文化を卒業して、島精機製作所という、ニットの編み機をつくっている会社で働いていたので、国内の工場を知ることができました。そこでお付き合いしていた工場やお客さんがいらっしゃったから独立できたんです。

正直申しまして、私はニットを着ることがあまりありません。室内はエアコンもありますし、外でもトレーナーとジャンパーで充分暖かいので。

そうなんです。困っちゃいます(笑)。

実際、日本のニット市場はどんな感じなのでしょうか?

めっちゃ衰退しています。ニットってアウターにはなりませんし、購入の順番アウターの後になります。「ついでにニットも買っておこうかな?」くらいの位置なので、衣類のなかでは売れないほうですね。

そんな状況でも、ニットでご商売をしようと決心されたのはなぜですか?

島精機で働きだしてから、ニットが好きになったんですね。アウターが薄くても大丈夫で、暖かく、しっかりしたニットをつくり、アウターとセットで提案すれば売れると考えて始めたんです。

ちなみに、糸さんがつくる〈暖かく、しっかりしたニット〉って、どういうものなのですか?

そうですね。一昨年なのですが、1kgで2万3千円くらいするカシミヤの糸でニットをつくりました。カシミヤを二重に編んだものでして、値段は9万円くらいのものです。

おおー!! …でも、売れるんですか?

はい。Ron Hermanに卸したり、BIOTOPに別注をかけてもらったりしてトータルで100着超えました。まぁ、でもそれはデザイナーさんの力なので、僕はお手伝いをしている感覚ですよ。

各ブランドも、毎年新作のニットを出しているんですか?

はい、出しています。ただ、国内の大手工場は、ロットが300枚~500枚くらいなんです。サイズとカラーで3〜4種類、合わせての300枚なんですけど、それすら売り切るのって結構大変なんです。それくらい厳しい市場なんですよ。

そうなんですね。ちなみに糸さんの最低ロットはどれくらいなんですか?

50枚とかの少ロットから受け付けていますが、その代わり、どうしても割高にはなってしまいます。ですから、「値段は高いですけど、クオリティーも高いものを出しますよ」というスタンスでやっています。

あと、〈アパレル総合デザイン〉という業務もされているようですが、これはどんなお仕事ですか?

〈送り柄〉といいまして、柄が繋がっている服のプリントをつくったりもしています。他にも「この糸を編んだらどうなるのか?」というご質問に対し、実際に糸をスキャナーで入力して、編んだイメージをバーチャルで出したりもしています。実際に高価な糸を買って編むとコストがかかりますが、うちでは事前に確認していただけるようにしているんです。アパレルに関してのなんでも屋です(笑)。

すごい! ニット界もVRなんですね!

島精機が、そういうデザインシステムも販売していたので覚えたんです。これでもっと仕事が増えればいいんですけどね(笑)。

浦さん、ご出身はどちらですか?

横須賀の走水というところです。観音崎の近くですね。

現在35歳。ということは、あまりよろしくない時代の横須賀ですか?

はい、その通りです(笑)。「どぶ板通りには行くな」といわれていた時代ですね。6個上の兄がいるんですけど、その時代のほうがよろしくないですね(笑)。

齋藤さんも横須賀のかたでしたが、中学生が普通にタバコを吸っていたとおっしゃっていました。

僕も兄から教わっていました(笑)。

あらまー。じゃあ、浦さんもヤンチャだったんですか?

いえ、そんなこともなく普通でした(笑)。小学時代は、日曜日の朝に習字を習わされていたんですけど、ちょうど、その時間に『キン肉マン』をやっていたんですね。どうしても観たかったので、友達の家で観せてもらって、「習字に行ってきたよ」というような、ずるい子供です。しようもない感じの(笑)。

中学時代はどうでしたか? 浦さんの学校も荒れていましたか?

うちはそこまで荒れていなかったのですが、周りの中学は結構ひどかったですね。2階の窓から机が落ちてきたり。

怖っ!

あとは、アフロの先輩がいたり(笑)。

え? アフロ!!!!!

ええ。その人は小学生のときからアフロでしたね(笑)。

天パじゃないんですか?

いえ、違いました。気合のアフロです(笑)。

浦さんはなにをしていたんですか? 部活とかは?

入らずに、友達とたむろしたり、プラプラしていましたね。

お! どぶ板プラプラデビューですか?

いえいえ、まだ中学生なので、そんなにどぶ板には立ち入れませんでした。プラプラしていたのは、横須賀中央あたりですね。当時のどぶ板通りには、外国人がめちゃくちゃいましたし、事件も多発していたんです。女性のひとり歩きは危ないっていわれていましたからね。最近はSPも多くなったんですけど。

え? どぶ板通りにはSPがいるんですか?

今はめっちゃいますよ。昔は、問題が起きてからやっと来るような感じだったんですけどね。横須賀駅の近くに、ヴェルニー公園っていう公園があるんですけど、前はそこが藪で、女性が襲われる事件なんかがたくさんありました。でも今は、本当にキレイになりましたね。

プラプラしていたから時間もたっぷりあるし、それに浦さん、シュッとしているじゃないですか。やっぱモテたんじゃないですか?

いえ、中1のときは、小太りでした(笑)。それがコンプレックスだったので、中2から走って痩せる努力をしました。そこからは、まぁモテるようになったかな(笑)。

お! これは相当のモテモテ野郎とみました。どれくらいモテたんですか?

同級生からはそんなにモテなかったんですけど、なぜか年下と年上にモテましたね。

モテモテ中学生野郎は、どこでデートしていたんですか?  

海(笑)。

泳ぐんですか?

泳ぐ海も、釣りの海も(笑)。あとは公園を散歩したり(笑)。

エッチなことをしちゃったりは?

しちゃったりもしましたけど(笑)。

横須賀のモテモテ中学生野郎は、どこでエッチをするんですか?

家です(笑)。

中学生での初体験は早いほうですか? 横須賀だったらそうでもないのかな。

横須賀は関係ないと思います(笑)。人によるんじゃないですか。

プラプラして、海に行って、女の子と遊んで。めちゃくちゃ楽しそうな中学時代ですね。

そうですね(笑)。あと、小6のときにスケボーを兄に教えてもらったんです。その後、平成町というところにスケートパークもできたので、ずっとスケボーをやっていましたね。

プラプラして、海に行って、スケボーして、女の子と遊んで。めちゃくちゃ楽しそうな中学時代ですけど、お勉強は?

まったくできませんでした。大嫌いでしたし(笑)。

でも高校受験はやってきますよね? どうしたんですか?

横須賀の私立に入りました。オール2くらいはあったので。

オール2じゃ、〈あった〉とはいわないと思いますが(笑)。

自分のなかではあるほうだったんですよ(笑)。オール2あれば、推薦がもらえて、面接だけで入れる高校に入学しました。

どんな高校生活を過ごしていましたか?

やっぱりスケボーをやっていたんですが、その仲間の先輩に教えてもらってヒップホップを始めたんです。高2から高3までやっていました。

おお! MCということですか?

はい、MCです。どぶ板とか六本木のイベントに呼ばれたりもしていました(笑)。

あんなに怖がっていたのに、どぶ板の顔になっちゃったと!

いえ、そんなことはありませんが(笑)、結構本格的にやっていましたね。

どんなリリックを書いていたんですか?

一緒にやっていたヤツが、少年工科学校っていう自衛隊の幹部候補生を育てる高校の生徒だったんです。そこで今の自分たちの立場と、陸上自衛隊用語を踏まえながら、アンチなものを歌ったりしてました(笑)。

カッケー!! 横須賀クルーって感じですね!

今考えると恥ずかしくてしようがありません(笑)。

その後も、ラップは続けたんですか?

いえ、高校だけでやめました。ちょうど、卒業後の進路を考えている時期に、あるプロダクションの人に「お前ら、ラップで食っていくつもりはないか?」って、声をかけられたんです。

おお!!

でも「ラップでは食っていけないよな…」って(笑)。

大人ですねぇ〜。

自信もなかったんです。即興で韻を踏んだりもできないので、無理だろうって。それに給料も高卒初任給くらいの金額を提示されまして。

かなり現実的な数字ですね。

更に曲作りのノルマもあって、出来高制だったんです。中途半端なのも嫌だったので、高校卒業前にラップ自体をやめました。Wu-Tang ClanみたいなB系の服も、そこでサヨナラです(笑)。

そして文化に入学されたんですか?

いえ、そこではまだ。ラップの延長というわけでもないんですけど、音楽は好きだったので、西葛西にある東京スクールオブミュージックという専門学校に入ったんです。

ああ、そうだったんですね。どんな勉強をされていたんですか?

レコーディングエンジニアです。ただ、そこに入ってから楽譜が読めないことに気付きまして(笑)。

レコーディングエンジニアさんに、楽譜が必要なんですか?

そうなんですよ。それで2年目はイベンター科に移りました。その頃、横須賀の先輩がイベンターの会社をやっていまして、そこでインターンをすると、学校も出席扱いになったんですね。ですから、そのままそこで働くようになったんです。ただ、その会社が本当に忙しくて、時間も長くて。まぁ、今でいうブラックですね(笑)。風呂に入るために家に帰るくらいで、それ以外はずっと仕事なんです。場所も、どぶ板にあったので、毎日のようにスタッフと外国人が揉めたりして。

今日のお話だけで、どぶ板通りのイメージが完全につきました。

もう嫌だなぁ、と思っていたんです。給料もお小遣いレベルでしたし。

高卒初任給以下?

いや、もうホント数万円の下の下の下くらいで(笑)。

ラップしとけばよかった!

いや、そんなことはないんですけど(笑)、1年くらいズルズル働いて辞めました。そのあとは、兄の繋がりからプレス屋で働いたり。

うーん、ニットどころか、ファッションの気配がまったくしませんね。

ええ、まだなんです(笑)。海外にも行きたかったので、働いて貯めた金でニュージーランドへ遊学したり。りんご摘みのバイトをしながら、グルッと1周しました。でも人とあんまり接しなかったので、英語も喋れないままでしたし、飽きちゃって1年もいませんでしたね(笑)。ただ、帰国してから、やっとファッションのつながりが出てきたんです。

お、遂に!! お願いします!!

イベント会社で働いていたとき、独学でIllustratorを勉強していたんです。そしたら、それまで知り合いだったアーティストからTシャツをつくってほしいと頼まれたんですね。

へぇー、いきなりですか!

はい。データをつくって、ANVILのTシャツに刷って。そうこうしているうちに、本格的に服のデザインをやりたくなったので、寿司屋でバイトしたり、グッドウィルで派遣の仕事をしたり、お金を貯めて、文化に入りました。

やっぱ人生って転がりますね! それが、おいくつのときですか?

21歳です。

文化って新宿ですよね? 横須賀から通っていたんですか?

はい。2時間かけて。

プラプラしたり、海に行ったり、女の子と遊んだりは? 

まぁ、つきあった子はいましたけど、この時期はちゃんと勉強をしていました。これまで全部中途半端でしたし、親にも迷惑をかけていたので、文化では皆勤賞を狙うくらいの気持ちで通っていました。多分、3年間で1日しか休んでないですよ。

エライ! 私なんか、今もガンガン休んじゃいますよー。

ですから、文化での成績は良かったですね。それで島精機製作所に入社できたんじゃないか? と(笑)

次ページはコチラ。